デジタル空間への没入感を楽しめるVRを一度経験したいと思ったことはありませんか?
ですが、VR体験施設は混んでいて足が遠のいてしまう方もいるかもしれません。
そんな方はスマートフォンとゴーグルがあれば自宅でも楽しめるVRアプリを検討してみるのもいいでしょう。

今回は無料のVRアプリを9つ紹介します。
スマートフォンのアプリで楽しむVRはゴーグルセットも比較的安価であり、個人でも利用しやすいのがメリットです。ぜひこの機会に今後注目される技術の1つであるVRを体験してみるのはいかがでしょうか。

VRを体験するために必要となるもの

「VR(Virtual Reality)」はユーザーの視点や動きに反応した映像を投影することで、まるでデジタル空間の映像に入り込んだように体験できる技術です。

VRでは、ユーザーの視界を映像で埋めるだけでなく、視線や体の動きのトラッキングが必要となります。
そのため、大型の体験施設では密閉された部屋を用意したり、独自のセンサーを用いています。その状態を手軽に作り出すのがゴーグルであり、GoogleやMicrosoftをはじめ多くの企業がオリジナルのゴーグルを開発しています。

ゴーグルには単体でVRを体験できるものから、スマートフォンをゴーグル内に入れることで体験できるものまで、種類によって性能や仕様が異なります。
なかでも、「ハコスコ」や「Google Cardboard」といったスマートフォンを利用するタイプのゴーグルは1,000円弱で購入することができるので、比較的手軽にVRを体験できるでしょう。

参考:
[アツい視線が注がれるVRの世界!2017年上半期注目のVR製品13選|ferret [フェレット]] (https://ferret-plus.com/8128)
3分で分かるVRの構造 | 株式会社キャパ

無料で体験できるVRアプリ9選

「ハコスコ」や「Google Cardboard」のようなスマートフォンアプリを用いてVRを体験するものでは、公式でアプリを配信しています。どのようなゴーグルでも対応できるアプリが多く、無料で体験できるので価格を抑えつつ多くのVRを楽しめるでしょう。

参考:
[Google Cardboard 向けアプリGoogle VR] (https://vr.google.com/intl/ja_jp/cardboard/apps/)

1.Within

Within_–_VR__Virtual_Reality____Google_Play_の_Android_アプリ.png
[Within – VR (Virtual Reality) | Google Play の Android アプリ] (https://play.google.com/store/apps/details?id=com.shakingearthdigital.vrsecardboard&hl=ja)

VR映像の制作スタジオ「Within」のスタッフが作成したVR映像の作品集です。
ニューヨークの街並みや海中などの映像作品が収録されており、自分の好みに合わせてダウンロードして利用できます。

参考:
『Within - VR』でプロ集団の作ったVR映像を体験せよ!! | VRbeat

2.Jaunt VR

Jaunt_VR___Virtual_Reality___Android_Apps_on_Google_Play.png
Jaunt VR | Android Apps on Google Play

「Jaunt VR 」はVRコンテンツ制作企業の「Jaunt」が提供しているアプリであり、150以上のVR映像が楽しめます。
ポール・マッカートニーのライブ映像や、ABCニュースと共同で作成した映像などオリジナルのコンテンツも提供されています。

参考:
[ディズニーらが120億円を出資するVR企業、Jaunt社の野望 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)] (https://forbesjapan.com/articles/detail/8786)

3.Google Spotlight Stories

Google_Spotlight_Stories___Google_Play_の_Android_アプリ.png
[Google Spotlight Stories |Google Play の Android アプリ] (https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.spotlightstories&hl=ja)

Googleが公開しているVR映像のクリップ集です。映画クリエイターとエンジニアが組んで作成しており、2Dと3Dそれぞれのアニメーションなどの動画作品が楽しめます。
視界が360度なので、普段はフレームの外に外れてしまうようなキャラクターでも、その姿を追って見ることが可能です。

4.Expeditions

Google_Expeditions.png
Expeditions|Google Expeditions

「Expeditions」はGoogleが開発した教育向けのVRアプリです。
ペルーに所在するマチュピチュ遺跡や国際宇宙ステーションなど、様々な場所をVRで体験できます。教師役の1人がガイドとなって、映像内で特に注目して欲しい部分を指し示しながら解説を行えるのが特徴です。

5.NYT VR

NYT_VR_–_Virtual_Reality___Google_Play_の_Android_アプリ.png
[NYT VR | Virtual Reality - Google Play の Android アプリ] (https://play.google.com/store/apps/details?id=com.im360nytvr&hl=ja)

アメリカの新聞社ニューヨークタイムズが提供している無料のVRアプリです。
Googleの販売しているVRゴーグル「Cardboard 」での使用を想定してますが、ほかのアプリでも楽しめます。

360以上もの動画が提供されており、世界貿易センターの頂上やイラク軍による戦闘の現場などをVRとして体験できます。

6.Cardboard 公式アプリ

Cardboard___Google_Play_の_Android_アプリ.png
[Cardboard |Google Play の Android アプリ] (https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.samples.apps.cardboarddemo&hl=ja)

Googleが販売しているVRゴーグル「Cardboard」では、VR映像やゲームを楽しめる公式アプリを配信しています。
Cardboard 以外のゴーグルでも利用することは可能ですが、アプリ側での調整が必要となる場合もあるので注意してください。

また、Cardboardは、ダンボールを利用して自分で作成することもできます。
公式ホームページ上で作成キットが公開されているので参考にしてみてください。

参考:
メーカー|Cardboard
Google Cardboard

7.Cardboard カメラ

Cardboard_カメラ___Google_Play_の_Android_アプリ.png
[Cardboard カメラ|Google Play の Android アプリ] (https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.vr.cyclops&hl=ja)

「Cardboard カメラ」は自分のスマートフォンでVR映像が撮影できるアプリです。
360度の写真を撮影し、撮影された風景の遠近感を再現したVRとして楽しめます。

8.アンドロイド夢

アンドロイド夢__cardboard_VR____Google_Play_の_Android_アプリ.png
[アンドロイド夢 (cardboard VR) |Google Play の Android アプリ] (https://play.google.com/store/apps/details?id=com.donytamazone.androidsdream.cardboard&hl=ja)

「アンドロイド夢 」は空を飛ぶ車の運転手となって操作できるVRアプリです。
架空の街の上空をコックピット内から見下ろすことができ、バーチャルな世界を楽しめます。

9.アビスリウム

アビスリウム___タップで育つ水族館___Google_Play_の_Android_アプリ.png
[アビスリウム |Google Play の Android アプリ] (https://play.google.com/store/apps/details?id=com.idleif.abyssrium&hl=ja)

「アビスリウム」はサンゴを育てて、魚を集めていくアプリゲームです。
VRゴーグルにも対応しており、まるで海中にいるかのような感覚を楽しめます。

まとめ

今回紹介したアプリは基本料金無料でVRを体験できます。特別な施設を訪れなくてもVR動画が再生できるスマートフォンとゴーグルがあれば、気軽にVRを楽しめるのがメリットでしょう。

産業分野でもVRは注目されており、中でも国内の医療分野では2021年には約153億円もの市場規模となると予測されています。今後ビジネスの世界にも影響をもたらすであろうVR技術をいち早く体験してみるのもいいでしょう。

参考:
シード・プランニング、医療分野のVR・AR・MRの市場展望調査結果を発表|日本経済新聞