"VR元年"と言われた2016年。VRの急速な普及に伴い、VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)も続々と登場し話題となり、最近では様々なところで当然の如く「VR(バーチャルリアリティ)」という言葉を耳にします。

そこで今回は、2017年上半期の振り返りとして、注目のVR製品をまとめてご紹介します。販売済みの中でも特に人気の製品、今後発売予定の気になる製品をピックアップしましたので、VR製品に関心があるという方は、ぜひ目をとおしてみてください。

※価格などの情報は、2017年8月19日確認時点のものです。今後変更となる可能性がございますのでご了承ください
  

VRとは

VRとはVirtual Reality(バーチャルリアリティ:仮想現実)の略語です。コンピューター、電子技術を用いてCGや3Dの人工的な世界を創り出し、まるでそこに本当にいるかのような体験ができる技術のことをいいます。

参考:
今だからこそ知っておきたい!VR・AR・MRの違いは?|ferret

通常の写真の場合、目の前に平面に表示されるため、当然角度を変えても表示している部分しか見ることができません。これに対しVRは、360度全方位に写真や画像を表示しますので、角度を変えてもその部分に写真や映像を見ることが可能です。

特にゲーム、映画との相性が良いため、VR関連の様々なコンテンツが登場しています。ほかにも、バーチャルライブ、建築、医療……とたくさんの分野での活用に期待が集まっています。

VRコンテンツを体験するためには、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)が欠かせません。ヘッドマウントディスプレイとは、頭部に装着するデバイスのことです。一般的には、スマートフォンを利用するものと、PCなどに接続して利用するものがあります。
  

VRの今の風潮について

数年前からVRコンテンツが楽しめるVRヘッドマウントディスプレイが本格的に登場し、2016年は「VR元年」と呼ばれました。その中でも代表的な製品といえば、Sonyの「PlayStation VR」です。従来のVRヘッドマウントディスプレイはなかなか手が届かない高額製品でしたが、最近では購入しやすい低価格の製品も続々登場しています。

現状、VRを応用している分野はゲーム業界が主流ですが、VR体験ができるエンターテイメント施設なども次々に登場しています。
  
●ドスパラVRパラダイス
ドスパラ.png
http://www.dospara.co.jp/express/vr/248281

店舗にてVR体験コーナーを用意しています。
  
●SKY CIRCUS
SKY_CIRCUS.png
http://www.sunshinecity.co.jp/campaign/cp/vr/?_ga=2.14379573.388394741.1503121270-1461839334.1503121270

VRデバイスを活用した体感型コンテンツをしています。
  

また、エンターテイメント業界以外の分野でも、不動産業界、自動車業界など様々な業界がVR技術をサービスに応用しようと試みています。今後もVRの成長、普及はまだまだ続くことが考えられます。