日常的にプレゼンをする機会が少ない方の中には、人前で「自分の考え」を伝えることに対して抵抗感を感じる方も少なくないでしょう。とはいえ、業務を行う上で会議などプレゼンを行う機会は避けられないのも事実です。

プレゼンの達人として知られるマイクロソフトの澤円氏の考え方を知れば、プレゼン上達のヒントを得られるかもしれません。

澤氏は、技術職であるエンジニアから出発し、どのようにして人々を魅了するプレゼン力を身に着けたのでしょうか。

今回は、澤氏にプレゼンに対する自らの体験と、「伝える」ことに対する考え方を伺いました。

澤円氏が登壇したイベント記事も公開中
「プレゼンで“つまらないと思われたらどうしよう”と思うのは、自分本位な思考」マイクロソフト澤円氏が語るプレゼンの極意|ferret

澤円(さわ まどか)氏プロフィール

booklab-event-sawa_-_2.jpg

澤 円(さわ・まどか)

日本マイクロソフト株式会社 マイクロソフトテクノロジーセンター センター長。立教大学経済学部卒。生命保険のIT子会社勤務を経て、1997年、マイクロソフト(現日本マイクロソフト)に転職。情報共有系コンサルタントを経てプリセールスSEへ。競合対策専門営業チームマネージャ、ポータル&コラボレーショングループマネージャ、クラウドプラットフォーム営業本部本部長などを歴任。2011年7月、マイクロソフトテクノロジーセンター センター長に就任。著書に「外資系エリートのシンプルな伝え方」がある。プレゼンを年100回以上こなし、ビル・ゲイツが卓越した社員のみに授与する「Chairman's Award」を日本人エンジニアとしてはじめて受賞した経歴を持つ。

【AUTHOR’S TALK #00】マイクロソフト伝説マネジャーの 世界NO.1プレゼン術より抜粋

プレゼンの達人、澤円氏にとって「プレゼン」とは

microsoft-presentation-sawa_-_2.jpg

ferret:
澤さんといえば「プレゼン」というイメージが強いですが、澤さん自身にとっての「プレゼン」とは?

澤氏:
そうですね…。味気ない言い方をすれば「プレゼンとは“仕事”」になるのですが、それは1つの仕事の中にプレゼンがあるからそう言っているだけであって、あくまで手段だと思っています。

とはいえ、プレゼンというのは、ほとんどが準備の時間を占めているので「良いプレゼンができる」ということは「良い生き方」をしているということです。良いプレゼンをするためには、常に良い生き方をしていかないとなと考えています。そして、僕自身、生き様を見直すキッカケになる。

誰かに対して何かを伝えるということは「責任」を伴います。その責任を果たすためには、プレゼン中だけ取り繕えばいいわけではなく、その前の全ての生き様そのものに強い責任を持たなければならないんです。それを強固なものにするために、プレゼンというのは非常に大事な位置づけになっています。人に対して何らかの形で発表するとか伝えるという機会、「プレゼン」を意識すると常に緊張感を持って生きられるので、ある意味「正しく生きるための1つの方法」です。

ferret:
澤さんが登壇されたイベントでもおっしゃっていた「コーヒーショップでの1つ1つのやりとりもプレゼンだ」というのも、そういった意識に関わってきているんですか?

澤氏:
そうですね。「人生の時間」というのは決まっているので、その中で何十年か経って「ああすればよかった」と後悔するのはもったいないと思っています。毎日のその瞬間というのは、きちんと自分の中で目的意識を持って行動してなにかを発想してっていうのを繰り返していったら、何十年か経って「やりきったな」と感じると思うんです。それを日々意識しています。

明日死んでしまうかもしれないと思ったら、適当なことはできないです。これが最後の1日になるかもしれないと思いながら過ごしたり、言葉を発することはすごく大事なことなのではないかなと思います。