日本では、mixiやGREEなどの国産SNS時代に始まり、今ではTwitterやFacebook、Instagram、LINEなどで近況報告やメッセージ交換を行なっている人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、現在でも電子メールは主要なコミュニケーションツールとして利用されており、メールアドレスを持っていないビジネスパーソンはいない、というほどにビジネスでは重要な役割を担っています。

最近では「働き方改革」によって外出先でもメールをチェックすることも多くなったのではないでしょうか。

そこで今回は、生産性の向上に貢献する、iOSで使えるメールクライアントを5つご紹介します。

iOSやmacOSで使える!使いやすさ重視のメールクライアント

1. Boxy 2

1.png
スクリーンショット:2017年9月

Boxy 2は、macOSで使える「Inbox by Gmail」用のメールクライアントです。

Inboxと言えば、今はもう見なくなってしまったGmail用のアプリケーション「Mailbox」のように、受信トレイをスワイプでゼロにしていく方式のアプリケーションです。
また、旅行関係や財務関係、ソーシャルメディア関係など、メールを自動で仕分けしてくれるので、Gmailを使っているのであればぜひ使っておきたいメールサービスです。

Inbox by GmailにはiOSアプリAndroidアプリはありましたが、 デスクトップ用にはアプリケーションは提供されておらず、ブラウザ経由でInboxにアクセスする必要がありました。
Boxy 2では、macOS上でネイティブアプリとしてInboxを操作することができ、UIも洗練されているので非常に使いやすいでしょう。

2. Airmail 3

2.png
スクリーンショット:2017年9月

AirmailmacOSやiOSで動く高速のメールクライアントです。
WWDC17のAppleデザインアワードの受賞アプリでもあるので、非常に洗練されており使いやすいとすぐに感じるはずです。

3Dタッチにも対応しているので、ホーム画面上からすぐに「メール作成」や「検索」など行いたい動作までショートカットで移動することができます。
また、PDFを作成したり、他のさまざまなアプリケーションとシームレスに連携をとることもできます。

ワークフローカスタマイゼーションと呼ばれる便利な機能もあります。
この機能は、スヌーズやプッシュ通知、受信トレイ同期などを、さまざまな好みで設定することができる機能です。

iCloudとの連携機能もあるので、iPhoneとiPad、MacBookなどとさまざまに同期を行うこともできます。

3. Spark

3.png
スクリーンショット:2017年9月

SparkWWDC16のAppleデザインアワードで受賞したメールクライアントです。

macOSやiOSのほか、watchOSにも対応しているので、Apple Watchでも新着メールを確認することができます。
また、TouchBar対応のMacBook Proでは、TouchBar上でさまざまなショートカットアクションを利用することも可能です。

Sparkには、Smart Inboxと呼ばれる機能が付属しています。
この機能をオンにすると、「Inbox by Gmail」のようにさまざまなジャンルのメールをグループ分けしてくれます。
スワイプでメールをアーカイブすることもできるので、受信トレイをゼロにすることも簡単です。

Smart Notificationsを使えば、重要な通知だけをプッシュ通知で知らせてくれます。
スワイプで複数ある署名を切り替えたり、返信の引用部分が美しく表示されたりと、UXにかなりこだわっている印象です。

4. Morning Mail

4.png
スクリーンショット:2017年9月

Morning MailはiPhone向けのちょっと変り種のメールクライアントで、「Tinder for Email」というキャッチコピーがついています。

そのコピーの通り、毎朝届いたメールがカードのように表示され、スワイプでアーカイブするか削除するか、後ほど知らせるかをチェックしていく形になるので、自動的にインボックスを空にすることができます。

忙しくて全てのメールをチェックするのが億劫な人には、最適なパートナーとなりそうです。

5. Canary Mail

5.png
スクリーンショット:2017年9月

Canary Mailセキュリティ面を非常に強化したメールクライアントです。

PGP暗号化という処理を使って、メールをエンドツーエンドでデコードすることにより、第三者がメール送信の途中でメールを読んでしまうことを防ぎます。

美しい黒ガラスのようなUIを採用しうている点でも、白いトーンのメールクライアントとは一線を画しています。
白いテーマも用意されており、設定画面で変更することができます。

便利なのは、相手がメールを開いたのかどうかをチェックマークで確認することもできる点です。
もちろん複数人数に送れば、開いたひとにチェックマークが表示されるようになっています。

まとめ

メールクライアントであればどれも同じ ── そんな常識を覆すようなシンプルなのに高機能なメールクライアントをご紹介させていただきました。

これらのメールクライアントはそれぞれにユニークな特徴がありますが、いずれも共通していることは、この高度情報化社会の中で、いかに大量のメールを処理できるか、という問題を解決する機能を備えていることです。

早速こうしたメールクライアントをインストールして、自分に使いやすそうなものを使い比べてみてはいかがでしょうか。