ビジュアルを重視するポートフォリオサイトやブランドサイトの場合、多くの写真を魅力的に見せたいところでしょう。
1枚だけの画像を掲載するよりも、複数の画像を自動で切り替えるスライドショーを利用してみるのもいいかもしれません。

今回は、WordPressにスライドショーを追加できるプラグインをご紹介します。
プラグインを利用すれば、気軽にスライドショーを追加できるようになります。
自動再生や動画の挿入といった機能も充実しているので、活用してみてはいかがでしょうか。

WordPressにスライドショーを追加できるプラグイン8選

スライドショーは、ホームページファーストビューや記事の紹介などに利用できます。

ITツール・Webマーケティングツール・サービスの専門メディア___Marketer_s_STORE_マケスト_.png
https://marketers-store.com

例えば、上記のホームページではファーストビューにサイトを紹介する画像や特集しているページを掲載しています。
スライドショーを使えば複数の画像や文章を見せることができるので、限られたホームページ内のスペースを有効活用できるでしょう。

1.Meta Slider

スクリーンショット_2017-09-29_12.47.32.png
https://ja.wordpress.org/plugins/ml-slider/

「Meta Slider」は画像ファイルをドロップするだけでスライドショーが作成できるプラグインです。管理画面もドラック&ドロップで操作できるので、編集に不慣れな方でも操作しやすいでしょう。

また、キャプションやリンクタイトルテキストといったmetaタグを設定することも可能なので、SEOにも優れているのが特徴です。
翻訳プラグインにも対応しており、日本語へ変換できるので、英語が苦手な方は利用してみましょう。

参考:
metaタグの使い方とその効果|ferret [フェレット]

2.Slideshow

スクリーンショット_2017-09-29_12.53.57.png
https://ja.wordpress.org/plugins/slideshow-jquery-image-gallery/

「Slideshow」は同じページ内に複数のスライドショーを設置できるプラグインです。
ホームページ内の好きな位置に、複数のスライドショーを設置することができるので、ポートフォリオサイトにも利用しやすいでしょう。

また、YouTubeに公開されている動画を挿入し、スライド内で再生することもできます。PowerPointのようにアニメーションを追加することも可能なので、より動きのあるスライドを作成したい方は重宝するでしょう。

3.Smart Slider 3

スクリーンショット_2017-09-29_13.00.11.png
https://ja.wordpress.org/plugins/smart-slider-3/

「Smart Slider 3」はスライドの作成から公開作業までを行えるプラグインです。

編集画面上で、テキストや画像、YouTube動画などを挿入したスライドを作成することができ、アニメーションも追加できます。
また、レスポンシブ対応しており、パソコンやスマートフォン、タブレットなどそれぞれの端末に最適化された画面サイズで表示されるのもメリットです。

有料のプロ版も公開されており、無料版よりも多い54のアニメーションを利用できます。

4.Responsive Slider

スクリーンショット_2017-09-29_13.13.11.png
https://ja.wordpress.org/plugins/slider-image/

「Responsive Slider 」は1つのスライドに挿入できる画像数に制限がないのが特徴のプラグインです。
タイトルと説明文はHTMLに対応しており、自由に編集できます。自動再生はもちろん、再生時間やスライドの一時停止にも対応しています。

また、有料版も提供されており、有料版ではYouTubeに公開されている動画の挿入が可能になります。

5.Slider by Soliloquy

スクリーンショット_2017-09-29_13.24.42.png
https://ja.wordpress.org/plugins/soliloquy-lite/

「Slider by Soliloquy 」はデータの読み込み速度の速さが強みのプラグインです。
レスポンシブ対応やHTMLへの対応など、Googleのガイドラインに合わせた仕様となっています。

JPEGのような画像ファイルだけでなく、PDFファイルにも対応しており、PDFファイルをアップロードするだけでスライドショーを作成できます。

6.Smooth Slider

スクリーンショット_2017-09-29_13.33.43.png
https://ja.wordpress.org/plugins/smooth-slider/

「Smooth Slider 」は画像とてテキストで構成されたスライドショーを作成できるプラグインです。
スライドをランダムに再生したり、一部のスライドの公開日を限定したりといったスライドの編集機能が充実しています。

7.Slider by WD

スクリーンショット_2017-09-29_13.38.02.png
https://ja.wordpress.org/plugins/slider-wd/

「Slider by WD」は音楽再生機能を持ったスライドショーを作成できるプラグインです。
スライド1つにつき1トラックの音楽を再生することができます。

文字、画像、ソーシャルボタンをスライド内に含めることができ、アニメーションにも対応しています。レスポンシブ対応なので、パソコンやスマートフォンなど端末に合わせた画面サイズで表示されます。

8.Slideshow Gallery

スクリーンショット_2017-09-29_13.46.53.png
https://ja.wordpress.org/plugins/slideshow-gallery/

「Slideshow Gallery」はコンテンツを埋め込んだスライドショーを作成できるプラグインです。スライドショーに表示したいWebページにショートコードを挿入するだけで、スライドショーにWebページサムネイル画像やURLを表示できます。

特定のページをギャラリーのように並べられるので、例えばニュースメディアなら人気の記事をピックアップして表示するといった活用ができるでしょう。

参考:
[WordPressでスライドショーを表示できるプラグイン5選 | TechAcademyマガジン] (https://techacademy.jp/magazine/6731)
[WordPressのいろいろなスライドショープラグイン | VINTAGE Blog] (http://www.vintage.ne.jp/blog/2014/07/320)

まとめ

WordPressでは、プラグインを使うことでスライドショーの設置機能を追加できます。
ファイルをアップロードするだけでスライドショー形式になるプラグインもあるので、初心者の方でも気軽に利用できるでしょう。

今回紹介したものはすべて基本無料でインストールできます。
自分のホームページの雰囲気や目的にあったプラグインを選んで、魅力的なビジュアルに仕上げましょう。