チャットボットは、ユーザーとより密なコミュニケーションをとる手法のひとつとして最近注目を集めています。
チャットボットシステムを構築するためのシステムも多々提供されているため、構築してみようと試みている方も多いのではないでしょうか。
一度構築すればユーザーとパーソナルなコミュニケーションをとることができるため非常に便利ですが、実際に構築を始めてみると操作が難しかったりシナリオを検討するのに時間と手間がかかってしまったり、システムの利用に必要な予算を割けなかったりなどの問題が発生することも多々あります。

今回は、チャットボットシステムの利用を検討しているものの高いハードルを感じている方にオススメのサービス「Botletter」をご紹介します。
このツールは、Facebookページよりメッセンジャーを利用してニュース等を送信し、効果測定を行うことが可能です。
チャットボットシステム導入前のテストとしてもオススメですので、SNS運用を行っている方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

Botletterとは

1.png
https://www.botletter.com/

Botletterとは、Facebookメッセンジャーを使用して記事やニュースなどの配信、効果測定を行うことができるツールです。
1ヶ月につき1,000通までは無料で使用することができます。

Facebookページよりこのツールを利用して記事やニュースを送信することで、メールを利用したメールマガジンとして送信するよりも届きやすくなる、登録者はメッセージに対して返信をすることができる、効果測定を簡単に行うことができるなどのメリットがあります。

記事冒頭で例としてご紹介したチャットボットシステムのように自動運用することはできませんが、シナリオ作成に困っている、システムの操作方法が難しいなど、チャットボットシステムの導入にハードルを感じている方には非常にオススメです。

利用料金

・1ヶ月につき1,000通まで:無料
・1ヶ月につき5,000通まで:$18.90/月
・1ヶ月につき20,000通まで:$42.90/月
・1ヶ月につき50,000通まで:$68.45/月
・無制限:要問合せ

Botletterの使用方法

1.登録ボタン・登録メッセージを生成する

step1.

2.png
ユーザーがメッセージを受信するための登録ボタンを生成する方法です。
まず「Botletter」にアクセスして「Get Started Free」をクリックします。

step2.

3.png
Facebookが表示されますので、ログインしてください。ここではまず個人のアカウント名でのログインとなります。

step3.

4.png
続いて「Enter your email address」にメールアドレスを入力して「Save Your informations」をクリックしてください。

step4.

5.png
「Choose a Facebook page to host your botletter」画面が表示されますので、サービスを使用したいFacebookページをクリックして指定して「Set up Botletter」をクリックします。

step5.

6.png
そのまま登録字のメッセージを作成することができます。
5項目を設定することができます。上から順に以下の内容のメッセージをボックス内に入力してください。

 ・登録前に最初にユーザーに送信するメッセージ
 ・登録する場合の承認ボタン
 ・登録しない場合の拒否ボタン
 ・承認された場合のお礼メッセージ
 ・拒否された場合のメッセージ

メッセージの入力が終了したら、画面下部の「Save Greeting Messages」をクリックしてください。

step6.

7.png
ダッシュボード画面が表示され「Subscribe to your botletter」にURLが表示されています。
このURLをクリックするとメッセージを登録するための画面が表示される仕組みになっていますので、コピー&ペーストして誘導を行ってください。

step7.

8.png
またはダッシュボード画面を下にスクロールすると、ボタンをセットすることができるタグが表示されています。
ホームページなどにタグを挿入して、登録ボタンを表示させることも可能です。

step8.

9.png
こちらは実際にサービスを使用してメッセージの受信登録を行った際に表示されるメッセージです。

2.Facebookページからメッセージを送信する

step1.

10.png
配信するメッセージを送信する際は「Send a New Botletter」でメッセージを作成します。
この画面では、画面上の項目からメッセージのタイトル・配信日時・メッセージ本文・添付ファイルの設定が可能です。

ただし、配信日時に関しては海外サービスのため東京のタイムゾーンが適用されない場合があり、いますぐ送信する「Now」をクリックしても2時間後に送信される場合があります。
あらかじめテストをして、メッセージを送信したい日時に送信できるのかを確認することをオススメします。

設定したら「Nest Step」をクリックしてください。

step2.

11.png
次画面でカードを設定することができます。
このカードを設定することで、記事のサムネイルを表示することができるので、メッセージだけ送信するよりもより視認性があがります。
FacebookページでOGPつきで記事をシェアする際と同等の表示ですが、ユーザーに個別で記事やニュースを送信することができますので、より高いエンゲージメントが期待できます。

作成後は「Send botletter to 1 subscriber」ボタンをクリックして送信するか「Save Draft」で下書き保存をしてください。
「Send botletter to 1 subscriber」ボタンで表示されている数字は、登録者数を示すため可動します。

3.効果測定を行う

12.png
記事やニュースなどを配信した後は、効果測定を行います。
「Analytics」をクリックすると、指定した期間(1週間/1ヶ月/1年)の開封率やクリック数、クリック率、登録者の男女比などを調べることが可能です。

まとめ

「Botletter」は、誰でも簡単にユーザーとより親密度の高いコミュニケーションを取ることができるツールです。
海外サービスのため使用のハードルが高いように感じてしまいがちですが、本記事を参考に試しにメッセージを作成してみると意外に数分でシステムを構築できることがわかります。
もちろんチャットボットシステムには及ばない部分も多々ありますが、ホームページの最新情報をより手軽にチェックしてもらい、これまで以上に企業とユーザーとの距離を縮めるツールとして活用してみてはいかがでしょうか。