チラシや名刺の印刷を印刷会社に依頼しようとしたら、PSDかAiファイルで送信するように指定されて困ってしまったことはありませんか?

かといってPSDやAiファイルの作成のためだけでに、PhotoshopやIllustratorを購入するのは抵抗感を覚える方も多いかもしれません。
そんな方は、PSDファイルの編集・保存ができる無料のペイントツール「FireAlpaca」を利用してみてはいかがでしょうか。

今回は、無料のペイントツール「FireAlpaca」の使い方を解説します。
「FireAlpaca」はシンプルな操作画面が特徴で日本語にも対応しているため、ペイントツールに不慣れな方でも使いやすいツールです。イラストや漫画作成に特化した機能もあるので、興味がある方は参考にしてみてください。

※本文中の説明では、Mac版を利用しています。Windows版とは一部操作が異なる可能性がありますのでご了承ください。

目次

  1. Fire Alpacaとは
  2. 1.インストール
  3. 2.ファイルを開く/新規作成
  4. 3.レイヤーごとに編集する
  5. キャンバスサイズの変形
  6. ペンツールを利用する
  7. ファイルの保存

FireAlpacaとは

フリー_ペイントツール(Mac_Windows_両対応)FireAlpaca[ファイア_アルパカ].png
http://firealpaca.com/ja/

「FireAlpaca」は漫画やイラストの作成が行える無料のペイントツールです。
Mac及びWindowsに対応しており、JPEGやPNG、PSD形式のファイルに対応しています。

また、自分でオリジナルのブラシを作成する機能や集中線を描けるスナップ機能など、漫画やイラストに適した機能が搭載されています。

【主な機能】
 ・ペンタブレット対応:筆圧機能に対応
 ・レイヤー対応:複数のレイヤーを重ねてイラスト作成が可能
  ・選択範囲の変形・自由変形:特定の範囲のみ縮小・拡大が可能
 ・ブラシ機能 :ペン、エアブラシ、消しゴム、水彩などのブラシを利用可能
 ・フィルタ機能 :ぼかしやモザイクなどのフィルタを利用可能
  ・スナップ機能 :並行、十字、消失点、集中線などの線を描ける

日本人の開発者が開発したこともあり、メニューの全てが日本語で表示されています。全ての機能が無料で利用できるので、これからペイントツールを使ってみたいという方にとっても手に取りやすいでしょう。

参考:
[高性能 無料ペイントツール FireAlpaca (Mac/Win両対応) |mdiapp開発報告所] (http://d.hatena.ne.jp/MDIAPP/20111121/1321866533)

1.インストール

1-1.公式サイトへアクセス

FireAlpaca公式サイトへアクセスします。

1-2.利用したいOSに合わせてダウンロード

インストール.png
http://firealpaca.com/ja/

利用したいパソコンのOSに合わせて、Mac版またはWindows版のダウンロードボタンをクリックします。自動でダウンロードがはじまるので全てのダウンロードが終了するまで待ちましょう。

1-3.ダウンロードしたファイルをクリックして開く

insuto-l2.png

ダウンロードしたファイルをクリックすると上記のようにアプリケーション名が表示されます。こちらをクリックして、FireAlpacaを立ち上げてください。

以下のように、操作画面が表示されたら完了です。
インストール3.png

2.ファイルを開く/新規作成

2-A.ファイルを開く

既存のファイルを編集する場合、画面上部のタブ「ファイル」を選択し、「開く 」をクリックします。

フォルダ開く.png

ここでは事前に以下のページからダウンロードしておいた、PSDファイルを選択して開いてみます。

参考記事:
[デザインの参考にもできる無料のPSDファイル80選|ferret [フェレット]] (https://ferret-plus.com/1242)

フォルダ開く2.png

上記のように画像が開けました。

2-B.新規作成

新しいファイルを作成する場合、画面上部の「ファイル」から「新規作成」を選択します。

新規作成1.png

以下のように、作成する画像の設定画面が立ち上がります。

新規作成2.png

サイズや解像度を選択して、「OK」をクリックすると、設定した内容に合わせた画面が表示されます。

3.レイヤーごとに編集する

PSD形式ファイルでは、複数の画像(レイヤー)を1つのファイルにして保存できます。
レイヤーごとに編集ができるので文字や背景など特定の要素だけを変更したい時に役立ちます。

先ほど開いたファイルでは、以下のようにボタンごとにレイヤーが分かれています。

レイヤー操作2.png

例えば「画像の背景はそのままで、文字の部分だけ変えたい」となった時でも、テキストを含んだレイヤーのみ変更すればいいので手間が省けます。

3-1.レイヤーを削除・追加する

画面右下に表示されるアイコンをクリックしてレイヤーの追加・削除が行えます。

レイヤー操作3.png

レイヤーの追加:新しいレイヤーを追加します。
レイヤーフォルダの追加:レイヤーをひとまとめにするフォルダを作成します。
レイヤーの削除:選択したレイヤー(青く表示されている部分)を削除します。

以下のように要素ごとにレイヤーを作成し、ひとまとめにして管理したい場合はフォルダとしてまとめましょう。

レイヤー操作2.png

3-2.レイヤーの変形(縮小・拡大)

特定のレイヤーだけを小さくしたり大きくしたりしたい場合は、レイヤーを選択した状態で上部タブの「選択範囲」から「変形」を選びます。

変形1.png

以下の画像のように、選択しているレイヤーの周りに白い四角が表示されます。
四角をドラックして、自由に形を変えましょう。

変形2.png

変形したい形が決まったら、画面下に表示されている「OK」をクリックします。

4.キャンバスサイズの変形

編集している途中で画像のサイズを変更したい場合は「編集」から「キャンバスサイズ」をクリックします。

キャンバスサイズ.png

以下のように画像のサイズ設定画面が表示されます。
幅と高さを設定したら「OK」をクリックしましょう。

_kyannbasusaize_2.png

5.ペンツールを利用する

ペンツールを使えば、自分の描きたい線の太さやサイズを変更できます。
画面左のメニューにあるペンの形をしたアイコンをクリックすると、以下のようにペンツールが立ち上がります。

ペン先の変更.png

カラー:ブラシ(ペン先)の色が変更できます。
ブラシプレビュー:現在選択している設定で線を描いた際のプレビュー画面が確認できます。
ブラシコントロール:ブラシの詳しい設定が可能です。
ブラシ:ブラシの種類を選択できます。

FireAlpacaでは、鉛筆風の線やエアブラシで吹きかけたような線が描けるブラシのほかにも星型や葉っぱ型のイラストを散らせるブラシも用意されています。

例えば、星型のブラシの場合、以下のように画像に星が散っているような表現が可能です。

ペンン先の変更2.png

6.ファイルの保存

6-1.「名前をつけて保存」を選択

作成した画像を保存する際は、「ファイル」から「名前をつけて保存」を選択します。

_hozon1.png

6-2.保存する形式を選択して保存する

保存する形式は、以下のように5つから選択できます。自分の保存したい形式を選択して「保存」をクリックしましょう。

hozonn2.png

まとめ

FireAlpacaはレイヤー管理やブラシの操作、ペンタブレットの筆圧設定への対応など高機能なツールです。また、レイヤーを残した状態で保存できるPSD形式にも対応しているのもポイントでしょう。

MacとWindowsの両方のOSに対応しており、ダウンロードは無料なので、もし興味がある方は利用してみてはいかがでしょうか。

画像加工についてさらにチェック

無料版なのに高機能!「もう手放せない」画像加工・編集できるフリーソフト40選

無料版なのに高機能!「もう手放せない」画像加工・編集できるフリーソフト40選

今回は、最新の画像加工フリーソフトをご紹介します。 無料でも高機能なソフトがたくさんありますので、プロ向けソフトの購入が難しい方、手軽に使えるソフトを探している方はぜひチェックしてみてください。

ユーザーの「信頼感」を高めて効果アップ!クリックしたくなるクリエイティブの作り方とは?

ユーザーの「信頼感」を高めて効果アップ!クリックしたくなるクリエイティブの作り方とは?

広告クリエイティブに関わる方は、日々クリエイティブの改善に励んでいることかと思います。 今回はWebクリエイティブプロダクションである株式会社インフォデックスが、バナーのデザインやコピーについて意識調査を実施した結果を元に、クリックしたくなるクリエイティブを作成するコツを紹介します。