近年、従業員の働きやすさや働きがいを重視する企業が増えています。
人材不足の中で優秀な人材を確保するため、魅力のひとつとして労働環境の良さをアピールする企業が増えたこと、外国人やシニア層の活用により多様な働き方が生まれてきたことなどが要因として挙げられます。

従業員の業務内容や職場環境などに対する満足度のことを「ES」といいます。ESは、顧客満足度(CS)と並んで、定量的に数値化して評価できるようになっています。

今回は、ESの調査やコンサルティングを提供している企業を20社ご紹介します。

ESとは

ESとは、「employee satisfaction」の略で、従業員満足度のことです。顧客満足度を表す「CS(Customer Satisfaction)」と対になる言葉です。

ESは、企業内で働く従業員の業務内容や職場環境、人間関係などに対する満足度を表します。

ESを調査する際は、仕事内容や人事評価などの「業務内容」、就労条件や福利厚生などの「職場環境」、上司や部下などの「人間関係」といった項目ごとに満足度を評価します。

参考:
ESとCSの違い|ferret[フェレット]

調査方法はアンケートや電話などがありますが、より客観的で定量的な調査を行うのであれば、ES調査サービスを提供している事業者に依頼するのがオススメです。

ESサービス20選

【1】株式会社アズウェルビー

employee_satisfaction_-_1.jpg
株式会社アズウェルビー

10万人以上の利用実績を誇るサービスです。ESに関して世界的に認められた質問項目や論文を日本の社会環境に適応させて作成しているため、客観的かつ信憑性の高いデータを収集できます。

【2】インターワイヤード株式会社

employee_satisfaction_-_2.jpg
インターワイヤード株式会社

ES-DIMSというサービスを提供しています。ワークライフバランスやメンタルヘルスについての質問項目が多く、従業員の心の健康状態を調査できます。1年後・5年後の自分についても触れるため、現状とのギャップもつかみやすくなっています。

【3】株式会社クロス・マーケティング

employee_satisfaction_-_3.jpg
株式会社クロス・マーケティング

全国の正社員約8万人の意識調査のデータを蓄積しており、自社の社員の意識水準との違いを相対的に分析できます。また自社の課題に応じて質問をカスタマイズできるため、様々な視点からの分析も可能です。

【4】株式会社シーベース

employee_satisfaction_-_4.jpg
株式会社シーベース

年間利用者70万人以上、顧客満足度91%以上を誇るサービスです。1社につき1名専任担当者がつき、システムの設定や運用に関してサポートしてくれます。各社の人事制度に合わせた質問の設計も可能です。

【5】株式会社日本総合研究所

employee_satisfaction_-_5.jpg
株式会社日本総合研究所

組織や従業員の意識調査に関して、企業の課題に応じて様々なサービスを提供しています。また調査結果の分析だけでなく、組織・人事施策の提案から、施策実施後の効果検証まで行います。

【6】株式会社日本能率協会総合研究所

employee_satisfaction_-_7.jpg
株式会社日本能率協会総合研究所

ES調査における1000問以上の質問項目や、他社の調査結果のデータベースを蓄積しています。自社の課題や組織の現状に合わせて適切な調査・分析方法を提案してくれます。重要なテーマについての標準質問も用意しているため、初めてでも的確な調査が可能です。

【7】東京メンタルヘルス株式会社

employee_satisfaction_-_8.jpg
東京メンタルヘルス株式会社

従業員の声を20項目以上の設問から聞き出し、組織を5段階で評価します。アンケートだけでなく、カウンセラーによるヒアリングもできるため、きめ細やかに調査したいときにオススメです。

【8】株式会社ネオマーケティング

employee_satisfaction_-_9.jpg
株式会社ネオマーケティング

アンケートでES調査を行います。調査結果のデータ入力や集計まで専門スタッフが対応してくれるため、業務コストを削減できます。アンケート画面のデザインを企業のイメージに合わせてカスタマイズできることも特徴です。

【9】株式会社バルク

employee_satisfaction_-_10.jpg
株式会社バルク

ES調査における「事前の仮説立て」と「改善策の提示とフォロー」まで一貫して対応してくれるため、一般的な調査サービスより深く、コンサルティングサービスより低コストな調査を行うことができます。

【10】株式会社ホスピタリティ&グローイング・ジャパン

employee_satisfaction_-_11.jpg
株式会社ホスピタリティ&グローイング・ジャパン

サービス業に特化したES調査サービスです。サービス業1,700社、250,000人以上の実績をもとに課題抽出を行います。2回分の調査がセットであるため、1回目からの改善策の効果検証まで支援してくれます。

【11】株式会社マインドシェア

employee_satisfaction_-_12.jpg
株式会社マインドシェア

ES調査の目的を明確にした上で、調査後の対応策実行までサポートしています。調査設計だけでなく、調査結果も課題に応じて分析しアウトプットするため、自社独自の課題と改善策を考案できます。

【12】株式会社マネジメントベース

employee_satisfaction_-_13.jpg
株式会社マネジメントベース

ES調査の結果を「組織」「個人」「上司」に分けて分析します。従業員個人の視点だけでなく、経営者視点からの分析も可能です。また、経営コンサルタントが自社に合わせて手作りの診断レポートを作成する点も大きな特徴です。

【13】みずほ情報総研株式会社

employee_satisfaction_-_14.jpg
みずほ情報総研株式会社

みずほ情報総研と、経営戦略・組織人事コンサルティングのノウハウをもつ日本経営システムが共同開発したツールを用いて調査を行います。従業員の活力を左右する要因である活力要素の改善に焦点を当て、課題と改善策を明確にすることができます。

【14】みらいコンサルティング株式会社

employee_satisfaction_-_15.jpg
みらいコンサルティング株式会社

約70項目の独自に作成した調査項目でアンケートを行います。全社別・部門別・階層別に結果を分類することで、自社の課題を明確にすることができます。課題解決に向けても、人事制度の整備から研修の実施などについても提案してくれます。

【15】リアルワン株式会社

employee_satisfaction_-_16.jpg
リアルワン株式会社

大規模組織は部署ごとに集計、本部と工場で調査項目を変えるなど、企業に応じて柔軟な切り口で調査設計を行います。全国規模の独自調査をもとに基準データも更新しているため、常に最新のデータと比較した自社の分析ができます。

【16】株式会社リクルートマネジメントソリューションズ

employee_satisfaction_-_6.jpg
株式会社リクルートマネジメントソリューションズ

ES調査の事前の現状把握から対応策の実施までを一貫してサポートしてくれます。調査結果のガイダンスの実施、その後の具体的な施策を検討するワークショップの運営まで支援してくれるため、調査結果を実際の改善に繋げることができます。

【17】HappyOrNot

employee_satisfaction_-_17.jpg
HappyOrNot

「スマイリーターミナル」というツールを使ってサービスを提供しています。「スマイリー」というアイコンで満足度を調査するため、対象者も視覚的に分かりやすく、気軽に回答することができます。

【18】株式会社JTBコミュニケーションデザイン

employee_satisfaction_-_18.jpg
株式会社JTBコミュニケーションデザイン

「ビジョン・理念」「マネジメント」「モチベーション」など様々な切り口から調査を行います。コンサルタントによる調査結果の分析、今後の施策の提案まで一貫して支援を受けることができます。

【19】株式会社MOTMOTドットコム

employee_satisfaction_-_19.jpg
株式会社MOTMOTドットコム

独自の質問項目と350問以上の例文集を利用できるサービスです。調査結果についてのフィードバックミーティングも実施されるため、分析結果を明確に理解することができます。継続利用しやすい低コストな料金設計です。

【20】株式会社MS&Consulting

employee_satisfaction_-_20.jpg
株式会社MS&Consulting
サービス業に特化し、その中でも他業種36万人の調査実績をもつサービスです。産業技術総合研究所との共同研究で抽出した要素によって、組織やチームの状態を把握することができます。

まとめ

ES(従業員満足)なくしてCS(顧客満足)なし」という言葉があります。従来はサービスに対する顧客の満足度が重視されていましたが、今では同様に、働く従業員の満足度にも焦点が当てられるようになりました。

従業員が業務内容や職場環境に満足して仕事に励むことで、顧客へのサービスの質も上がり、結果的に企業の利益が向上します。

顧客へのより良いサービス提供のために、まずは自社の現状を振り返ってみてはいかがでしょうか。