ネットショップの事業者の中には、新たな販路としてフリマアプリの活用を考えている方もいるでしょう。

2017年4月に経済産業省が発表した「平成28年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」によると、2016年のフリマアプリの市場規模は3,052億円にのぼりCtoCオークション市場に追いつく規模になりつつあります。

今回は、フリマアプリを利用するメリット・デメリットを解説します。
個人でも気軽に新中古品を販売できるフリマアプリユーザー間のトラブルが発生するリスクを抱えているのも事実です。

この機会に、メリットとでデメリットをおさえて、効率的な運営ができるようにしましょう。

参考:
[電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC市場が15兆円を突破。中国向け越境EC市場も1兆円を突破~(METI/経済産業省)] (http://www.meti.go.jp/press/2017/04/20170424001/20170424001.html)

フリマアプリとは

フリマアプリとは、フリーマーケットのように中古品を個人のユーザーが他のユーザーに対して販売できるサービスを指します。

価格の競りが発生するネットオークションに比べて、自分のつけた価格で購入してくれるユーザーが見つかった時点で取引が成立するのが特徴です。
スマートフォン向けのアプリのため、商品の写真はカメラ機能で撮影し、そのまま出品できます。

こういった手軽さにより利用ユーザーが増え、2016年にはフリマアプリの市場規模は3,052億円にまで拡大しました。
これは、CtoCオークション3,458億円の市場規模に追いつく勢いを持っており、新しいビジネスチャンスとして注目されています。

フリマアプリの基本的な仕組み

では、フリマアプリとはどのような仕組みなのでしょうか。
日本最大級のフリマアプリ「メルカリ(mercari)」の例を見てみましょう。

150320shiryo3.pdf.png
引用:[フリマアプリ「メルカリ」〜カスタマーサポートの取り組みを中心に〜|消費者庁]
(http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf/150320shiryo3.pdf)

上記は、「メルカリ」での取引フローを図式化したものです。
出品者はメルカリに出品を行い、それに対して他のユーザーが商品を購入します。
メルカリ側は支払いを確認した上で、その旨を出品者に通知し、出品者はそこで初めて発送手続きに入る仕組みとなっています。

特にトラブルが発生しがちな支払いの部分に関して、フリマアプリの運営側を経由することで「商品を発送したのに支払いがされていない」といったトラブルを防ぐようにしています。
その分、出品者は運営側に対してシステム利用料や決済手数料といった代金を支払わなくてはなりません。

オフラインのフリーマーケットでも参加費が必要になるように、フリマアプリでも基本的に費用が発生する点は把握しておきましょう。

主要フリマアプリ

では、実際にフリマアプリにはどういったものがあるのでしょうか。
代表的な3つのサービスを紹介します。

参考:
[楽天も参入!今注目の女性向けフリマアプリ9選|ferret [フェレット]] (https://ferret-plus.com/448)

1.メルカリ(mercari)

メルカリ_スマホでかんたん_フリマアプリ.png
http://mercari.jp/

「メルカリ」は株式会社メルカリが運営しているフリマアプリです。
アプリのダウンロード数は2016年12月末時点で6,000万件にのぼり、国内最大級のユーザー数を抱えるフリマアプリです。

コスメやファッションなどの若い女性をターゲットとした出品が多いのが特徴で、アメリカやイギリスなどの海外にも展開しています。

参考:
メルカリがイギリスでサービス開始、アプリダウンロード数は6000万件を突破 | TechCrunch Japan

2.フリル (FRIL)

フリル___楽天のフリマアプリ___中古_未使用品が販売手数料0円でお得!.png
http://fril.jp/

「フリル」は株式会社Fablicが運営しているフリマアプリです。
CAHNEL(シャネル)やGucci(グッチ)などハイブランドの商品や、アーティストの作品など価値の高い商品も出品されています。

3.ラクマ

ラクマ___オークションよりも簡単!楽天の無料フリマアプリ.png
http://rakuma.rakuten.co.jp/

「ラクマ」は楽天市場で知られる楽天が運営しているフリマアプリです。
楽天グループのため、楽天スーパーポイントを支払いに利用できるのが特徴です。