ネットショップの事業者の中には、新たな販路としてフリマアプリの活用を考えている方もいるでしょう。

2017年4月に経済産業省が発表した「平成28年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」によると、2016年のフリマアプリの市場規模は3,052億円にのぼりCtoCオークション市場に追いつく規模になりつつあります。

今回は、フリマアプリを利用するメリット・デメリットを解説します。
個人でも気軽に新中古品を販売できるフリマアプリユーザー間のトラブルが発生するリスクを抱えているのも事実です。

この機会に、メリットとでデメリットをおさえて、効率的な運営ができるようにしましょう。

参考:
[電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC市場が15兆円を突破。中国向け越境EC市場も1兆円を突破~(METI/経済産業省)] (http://www.meti.go.jp/press/2017/04/20170424001/20170424001.html)

フリマアプリとは

フリマアプリとは、フリーマーケットのように中古品を個人のユーザーが他のユーザーに対して販売できるサービスを指します。

価格の競りが発生するネットオークションに比べて、自分のつけた価格で購入してくれるユーザーが見つかった時点で取引が成立するのが特徴です。
スマートフォン向けのアプリのため、商品の写真はカメラ機能で撮影し、そのまま出品できます。

こういった手軽さにより利用ユーザーが増え、2016年にはフリマアプリの市場規模は3,052億円にまで拡大しました。
これは、CtoCオークション3,458億円の市場規模に追いつく勢いを持っており、新しいビジネスチャンスとして注目されています。

フリマアプリの基本的な仕組み

では、フリマアプリとはどのような仕組みなのでしょうか。
日本最大級のフリマアプリ「メルカリ(mercari)」の例を見てみましょう。

150320shiryo3.pdf.png
引用:[フリマアプリ「メルカリ」〜カスタマーサポートの取り組みを中心に〜|消費者庁]
(http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf/150320shiryo3.pdf)

上記は、「メルカリ」での取引フローを図式化したものです。
出品者はメルカリに出品を行い、それに対して他のユーザーが商品を購入します。
メルカリ側は支払いを確認した上で、その旨を出品者に通知し、出品者はそこで初めて発送手続きに入る仕組みとなっています。

特にトラブルが発生しがちな支払いの部分に関して、フリマアプリの運営側を経由することで「商品を発送したのに支払いがされていない」といったトラブルを防ぐようにしています。
その分、出品者は運営側に対してシステム利用料や決済手数料といった代金を支払わなくてはなりません。

オフラインのフリーマーケットでも参加費が必要になるように、フリマアプリでも基本的に費用が発生する点は把握しておきましょう。

主要フリマアプリ

では、実際にフリマアプリにはどういったものがあるのでしょうか。
代表的な3つのサービスを紹介します。

参考:
[楽天も参入!今注目の女性向けフリマアプリ9選|ferret [フェレット]] (https://ferret-plus.com/448)

1.メルカリ(mercari)

メルカリ_スマホでかんたん_フリマアプリ.png
http://mercari.jp/

「メルカリ」は株式会社メルカリが運営しているフリマアプリです。
アプリのダウンロード数は2016年12月末時点で6,000万件にのぼり、国内最大級のユーザー数を抱えるフリマアプリです。

コスメやファッションなどの若い女性をターゲットとした出品が多いのが特徴で、アメリカやイギリスなどの海外にも展開しています。

参考:
メルカリがイギリスでサービス開始、アプリダウンロード数は6000万件を突破 | TechCrunch Japan

2.フリル (FRIL)

フリル___楽天のフリマアプリ___中古_未使用品が販売手数料0円でお得!.png
http://fril.jp/

「フリル」は株式会社Fablicが運営しているフリマアプリです。
CAHNEL(シャネル)やGucci(グッチ)などハイブランドの商品や、アーティストの作品など価値の高い商品も出品されています。

3.ラクマ

ラクマ___オークションよりも簡単!楽天の無料フリマアプリ.png
http://rakuma.rakuten.co.jp/

「ラクマ」は楽天市場で知られる楽天が運営しているフリマアプリです。
楽天グループのため、楽天スーパーポイントを支払いに利用できるのが特徴です。

フリマアプリを利用するメリット・デメリット

フリマアプリは支払いを運営側が仲介することで、個人でも気軽にネットで商品を販売できるのが特徴です。
ですが、自分で行うべき手続きやリスクがないわけではありません。

出品する前に、メリットとデメリットをおさえておくようにしましょう。

フリマアプリを利用するメリット

1.少ないリスクと手間で気軽に出品できる

フリマアプリは、スマートフォンですべての取引を完了することが可能です。
出品の際に必要な写真をスマートフォンで撮影し、そのまま登録が行えるので、少ない手間で出品が行えるのがメリットでしょう。

また、支払いにはサービス運営側が仲介することが多いため「商品を郵送したのに代金が支払われていない」といったトラブルのリスクを軽減できます。

同様に個人がネット上で商品を販売できるサービスとしてネットオークションが挙げられますが、ネットオークションでは基本的に決まった期間で何度も入札が行われます。
その点、フリマアプリは売り手と買い手の価格交渉が完了した時点ですぐに取引が成立するので、取引期間の終了を待つ必要がありません。

参考:*
フリマvsオークション ネット売買の両雄比較|日本経済新聞

2.取り扱える品目が多い

フリマアプリでは新品だけでなく、ユーザーが利用した中古品を販売することが可能です。
食品やコンサートチケットなど幅広い品目を販売できるのが特徴でしょう。

過去には現金やチャージ済みの交通ICカードも出品できましたが、現在は禁止されているので注意してください。

参考:
禁止されている出品物 |メルカリ
現金のフリマ出品に禁止 メルカリ、見つけ次第削除|日本経済新聞

フリマアプリを利用するデメリット・注意点

1.配送の手間がかかる

出品する商品が自分の手元にあるため、取引が成立されたら速やかに配送を行わなくてはいけません。その際にかかる配送料や梱包材の費用は自分で用意する必要があるので注意しましょう。

2.値下げ交渉が発生する場合がある

フリマアプリによっては、値下げ交渉を可能にしている場合があります。

出品者自身が自発的に値下げを表記できるメリットがある一方で、ユーザーから無理な値下げ交渉を持ちかけられるリスクがあることを把握しておきましょう。

参考:
メルカリ利用規約|メルカリ
フリルのルール |FRIL

3.ユーザートラブルが発生する可能性がある

ネットショップやネットオークション同様、フリマアプリでも他のユーザーとトラブルが発生するリスクがあります。

 【トラブルの例】
 ・新品だと表記していたのに明らかに中古品だった
・配送が遅い、届かない
・梱包の状態が悪い
 ・返品したいのに返品ができない

上記のようなトラブルを起こさないために、アプリ運営側の利用規約やガイドラインを守るだけでなく、商品の紹介ページに詳細な取引条件や商品の状態を正しく記載するようにしましょう。

参考:
[フリマアプリで新品として中古品を売ることに対して詐欺罪は成立するか |弁護士ドットコム] (https://www.bengo4.com/c_8/c_1844/c_1192/b_364503/)
[オンラインでの個人間取引に関する相談の傾向|消費者庁]
(http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf/150320shiryo1.pdf)

まとめ

フリマアプリは取り扱える商品の幅も広いので手軽に出品が行えるのがメリットです。一方で、配送は自分で行わなくてはいけない点や消費者間のトラブルが発生する点は認識しておくべきでしょう。

また、フリマアプリによっては値下げ交渉が発生する場合もあります。値下げ交渉は商品の価値を踏まえながら無理のない範囲で行うようにしましょう。