1. OneNote(ワンノート)でファイルを共有する

OneNoteでは、相手にメールを送信してサインインしてもらい、ファイルの閲覧はもちろん編集権限を与えることなども可能です。しかし、メールアドレスを知らない場合やチームメンバー全員に共有したい場合、メールアドレスを使用した共有が難しい場合もあります。そこで共有リンクを作成することで、簡単にファイルを共有することができるようになります。 

16.png
共有したいファイルを開いた状態で、画面上部のメニューから「ファイル」をクリックします。 

17.png
すると画面左側にメニューが表示されますので「共有」をクリックしてください。

18.png
共有メニューが表示されますので「共有リンクの設定」をクリックします。さらに表示されるメニューで権限の設定も可能ですので、閲覧のみの場合は「表示リンクの作成」を、編集権限を付与する場合は「編集リンクの作成」をクリックしてください。

19.png
リンクが作成されますので、コピー&ペーストしてチャットツールなどを使用して共有してください。

2. PDFファイルでエクスポートする

Windowsユーザーが作成したOneNoteファイルをMacユーザーに送信する場合、文字化け防止などの観点からファイルを変換する、PDFファイルでエクスポートするなどの配慮が必要となります。特にPDFファイルでエクスポートしておけば基本的にはデバイスを問わずに書類を確認することができるため、ビジネスマンであればエクスポート方法を覚えておくことをオススメします。

4.png
PDFファイルでエクスポートしたいファイルを開き、画面上部のメニューから「ファイル」を選択します。 

5.png
画面左側にメニューが表示されますので「エクスポート」をクリックしてください。

6.png
さらにメニューが表示されますので、エクスポートしたい範囲を「ページ」「セクション」「ノートブック」のいずれかより選択します。「ページ」は開いているページ1枚を、「セクション」は指定したセクション全てを、「ノートブック」は指定したノートブックすべてをエクスポートします。範囲を選択したら形式を「PDF」に設定し「エクスポート」をクリックして完了です。