IT業界に精通した方でなくても、世間一般的に誰もが1度は耳にしたことがある、Apple創業者のスティーブ・ジョブズ氏やFacebook創業者のマーク・ザッカーバーグ氏、Amazon創業者のジェフ・ベゾス氏……などといった著名人。こうした方々がゲストとして招待され、大学の卒業式でスピーチした内容が話題となり、「SNSなどで目にしたことがある」という方も少なくないはずです。

そこで今回は、先に挙げた3名のほか、Apple CEOのティム・クック氏や堀江貴文氏なども含め、総勢11名のIT業界の著名人が登壇した大学の卒業式スピーチをまとめてご紹介します。

スピーチでは、それぞれWebや社会そのものへの見方、ビジネスへの考え方について語っています。ぜひ日々の業務や働き方のヒントにしてみてはいかがでしょうか。
  

1. スティーブ・ジョブズ氏

https://www.ted.com/talks/steve_jobs_how_to_live_before_you_die

Apple創業者スティーブ・ジョブズ氏は、アメリカスタンフォード大学卒業式にて、自らの生い立ちと挫折、そして膵臓ガンだと診断されてからの日々についてスピーチしています。

中でも、30歳の時に社外から招いたジョン・スカリー社長によってAppleから事実上追放されるエピソードでは、"将来への確証はなくなったけれど、会社を発展させるという重圧が、もう一度挑戦者になる身軽さに変わった"と当時を振り返っています。

そして、そのような挫折を経験しながらもまた立ち上がろうと考えたのは、自分が打ち込んできたことが大好きだったからと述べ、偉大なことをやり抜くただ1つの道は、仕事を愛することだとしています。

参考(日本語訳):
「ハングリーであれ。愚か者であれ」ジョブズ氏スピーチ全訳|日本経済新聞
  

2. ティム・クック氏

Apple CEOのティム・クック氏がマサチューセッツ工科大学(MIT)の卒業式にて行ったスピーチです。

ユーモアのある冗談も加えながら、自分自身が探し続けた人生の目的について語っています。中でもApple創業者のスティーブ・ジョブズ氏との出会いがきっかけで、人生の目的とは「人のために尽くす」ことであると納得し、テクノロジーが世界の難題を解決する手段の1つになると述べています。

また、ネットは良識の基本的なルールが一時停止する場でもあると指摘し、MITの学生に向けて、正しい理念を持つ勇気について説きました。

参考(日本語訳):
ティム・クック、ジョブズと出会って見つけた「人生の目的」を回顧 15年の模索の末にたどり着いた自らの使命|ログミー