登録ユーザー数30万超を誇るフォーム作成ツール「フォームメーラー」が2018年1月に10年ぶりに大幅リニューアルをしました。リニューアルしたフォームメーラーにはランディングページを誰でも簡単に、そして爆速で作成することができる機能が搭載されました。

今回は、改めてランディングページの重要性を考えるとともに、フォームメーラーのリニューアルの概要と実際のランディングページの作り方についてフォームメーラー運営会社へ伺いました。

ランディングページ(LP)の重要性

Webマーケティングにおいてランディングページ(以下、LP)はとても重要な要素の1つです。

リスティング広告SEO、SNSなどの集客施策に多くのお金や労力を投下したとしても、ユーザーがコンバージョン(CV)してくれなければ意味がありません(もちろん、CVの定義にもよります)。

例えば、同じ100,000円をかけて100人のユーザーを集客した場合。

コンバージョン率が1%のLPと、2%のLPがあった場合、後者は前者に比べてCV数が2倍、1コンバージョンあたりの広告費(CPA)が半分となります。

CV数が増えれば増えるほどその差は開き、ビジネスの利益率や売上に大きな影響を与えることになります。

何らかの目的を持って自社のホームページに来訪してくれたユーザーに対して、「どんなLPを提示するのか」「どんな価値を訴求するのか」を考えることは、コンバージョン率を高めることにつながります。また、それはユーザーからみた自社の印象にも影響を与えます。
  

LPはWeb上の営業マン

LPは "ユーザーと自社が接する場所" です。商品やサービス、情報を求めるユーザーが来訪するLPは、そのページ自体が「営業マン」のようにユーザーと接することができているかが重要となります。

特に、競合や代替品の多い業界の商材を取り扱っている場合は、LPの内容が単なる商品紹介に留まっているとユーザーに対して、「何が魅力なのか」を訴求することが難しくなります。

単なる商品の押し売りではなく、ユーザーに対して「課題想起」を適切に行い、「課題の解決方法」を提示する「課題解決型」のLPを設計する必要があります。

しかし、営業マンは30分から1時間程度の商談を行うのに対して、LPの場合は短いと数十秒、長くても5分程度で離脱してしまいます。
  

LP制作の3大ポイント

つまり、LPには "営業マンのセールストークの要素を盛り込む" 必要があります。

ここでは、LPを制作する時の3つのポイントをまとめます。
  

ストーリー設計

LPにはストーリーが必要です。営業マンのセールストークにも「課題想起」「課題解決方法の提示」「自社商品の紹介」「事例の紹介」「よくある質問への回答」などの順序があります。

これらのストーリーをあらかじめ設計した上でLPを制作するようにしましょう。また、Web担当者が営業マンの商談に同行して、生のセールストークを聞きながら文字に書き起こし、ストーリーを定期的に見直すこともオススメです。
  

効果測定を軸とした正しいLP改善

LPは、"1度作ったら終わり" ではありません。商品情報や新着情報を更新することはもちろん、CVRを定期的に測定しつつ、日々改善するようにしましょう。

ここで重要なことは「正しい改善」を行うことです。

LPなどのWeb制作を行う時に「見た目」や「感覚」で改善を行うことがまれに見受けられますが、Web上でのユーザーの動きはデータで確認ができます。

有償のツールを使わずとも、Googleアナリティクスでも最低限のデータは取得出来ます。LP上でのユーザーの行動をデータで測定し、CVRを上げるために必要な改善を行う必要があります。
  

制作リソースの確保

LP制作を行う際、リソースをどう確保するかが問題になることがあります。

社内にデザイナーやエンジニアがいれば問題ありませんが、外部の制作会社に制作を発注している場合は都度見積もりが必要になり、金銭的なコストが発生します。

また、社内のデザイナーを用いる場合もLPの制作業務がほかの業務と比べて優先順位が比較的低くなってしまう場合があり、LPの改善作業が思うように進まないことも考えられます。

毎月一定量の広告費を投下してLPに集客し、本格的にCVを増やしていきたいのであれば、制作のリソースを確保するためにデザイナーやエンジニアの工数をあらかじめ設定して、人件費もコストとして計算しておきましょう。
  

爆速でLPを作成できるフォームメーラー新機能

フォームメーラーホームページ

30万以上のユーザーが利用するフォーム作成サービス「フォームメーラー」が、Webマーケティングにおいて重要な立ち位置を持つLPを「爆速」で、かつ「簡単」に作成できる新機能を搭載してリニューアルされました。

リニューアルしたフォームメーラーでは、LPのストーリー設計と各種画像素材を用意しておけば数時間でLPを作成することができます。作成にはプログラミングもデザイン知識も不要で、ドラッグ&ドロップとテキスト入力が中心です。そのため、パワーポイントでスライドを作成するような感覚でLPを作成、改善まで行うことが可能です。
  

導入ユーザー数30万超!フォームメーラーとは

フォームメーラーはWebブラウザ上で簡単にお問い合わせや申し込みなどのエントリーフォームが作成できるサービスで、1996年のリリースから30万超のユーザーが利用してきました。

2008年にフルリニューアルを行い、それ以降、解析機能やエントリーフォーム最適化(EFO)機能などの新機能も随時搭載されてきました。

そして、2018年には2度目の大規模リニューアルが行われ、フォーム作成だけではなく、誰でも簡単に、素早くLPを作成できる機能が搭載されたのです。
  

フォームメーラーを使って爆速でLPを制作する方法

それでは、実際にフォームメーラーでLPを作成する方法をご紹介します。例として、セミナー申し込み用のLPを作るイメージを用いました。

FM1.png
まずはフォームメーラーのサイトからユーザー登録をします。

FM2.png

ユーザー登録をした後のホーム画面で、右上の「一般フォームを作成」を選択します。

FM3.png

フォームの概要を決定すると、ホーム画面にフォームデータが追加されます。LPを作成するには「ランディングページ作成」をクリックします。

FM4.png

LP作成にはあらかじめ登録されているテンプレートを使うことができます。テンプレートには「セミナー」や「物品購入」など9テーマがあり、テンプレートは今後拡充される予定です。

FM5.png

テンプレートを選択するとLPの編集画面になります。編集画面ではテンプレートをパワーポイントのように編集することで好みのデザイン、テキストを変更することができます。

FM6.png

背景画像の差し替えも簡単。あらかじめ登録されている素材画像から背景を変更することも可能です。

FM7.png

テキストの編集はテンプレートの上から変更するだけ。フォントや文字サイズも適宜変更できます。

FM8.png

また上記のようなフレーム(セクション)はブロック数などを変更も可能。

FM9.png

フレームの追加はフレームとフレームの間の「+」のアイコンをクリックして、一覧から選択することができます。さらに編集した都度自動で変更が保存されるのが特徴です。

実際に作成したLPは以下のような形になります。
ferretセミナーサンプルLP.png
(上記のLPはサンプルのため、実際のセミナー開催はございません。)

テストページを作成するのにかかった時間はおよそ3分程度。画像の素材やテキスト素材を準備していたことが前提ですが、実務的にはLPをつくる案件が発生したら、思いつきで「とりあえず作ってみる」感覚で実際のLPを完成させることができます。

「集客はしたいけどLPの制作にはお金がかかる」「デザイナーに作業を発注しなければならない」などといった懸念を取り除いて、Web担当者が自らの手でLPを爆速で制作できるでしょう。

フォームメーラー新機能開発背景

ferretでは10年ぶりに大幅リニューアルを行ったフォームメーラーの運営会社、株式会社フューチャースピリッツの大久保 暁生 氏にインタビューを行いました。
okubo02.jpg
株式会社フューチャースピリッツ マーケティングソリューション事業本部 企画部 次長 / プランナー 大久保 暁生 氏

ferret編集部:
フォームメーラーを大幅にリニューアルした背景を教えてください。

大久保氏:
前回のフルリニューアルが2008年で、それから10年の間でGoogleフォームなどのフォーム作成サービスが台頭してきました。今回のリニューアルは「フォームメーラーの立ち位置はなんだろう」と改めて考え直したことがきっかけでした。

フォームメーラーを使っているユーザーの利用用途を見ていると "フォームをビジネス用途"、つまりコンバージョンを目的としたフォームを作成している人が多いことがわかりました。その時に改めて認識させられたのは、ユーザーにとってはフォームを作ることが目的ではなく、その先にあるコンバージョン、売上や見込み客の獲得が目的になっているということです。

実際に、フォームメーラーを利用してコンバージョン目的で作成したフォームを見てみると、フォームの説明文部分で商品紹介をしているケースがありました。しかも長文テキストで......。

それであればフォームメーラーでLP作成できる機能を実装し、ユーザーにコンバージョンをもたらす「マーケティングができる環境」を提供することで、さらなる利便性の向上が図れるのではと思い、今回の大幅なリニューアルとなりました。

また、ユーザーには個人事業主の方も多いのですが、LPなどの制作に対して「自分ではできないんじゃないか」という感覚を持つ方が多いのではないかと思っています。デザインやプログラミングの知識がなくとも、誰でも簡単にLPを制作できるような形にしようと考えました。

ferret:
ホームページ作成サービスとして、他社サービスとの違いはなんでしょうか。

大久保氏:
まずフォーム作成サービスがベースとなっているため、多種多様なフォームを作成・管理できることが挙げられます。

アンケートや投票機能、キャンペーン時に使える受付定員や期間、受付番号を設定できる機能などが使えるので、幅広い用途でフォームを作成いただけます。また、フォームに投稿されたデータはフォームメーラーの管理画面上から確認でき、アンケート内容は自動でグラフ表示されるので、リアルタイムで投稿データの分析が可能です。

次に価格です。リニューアルしたフォームメーラーは月額1,250円(税別)でフォーム付のLPを10ページまで公開していただけます。つまり、1ページ・1フォームあたり、月額125円(税別)となります。

国内のサービスではページ数単位でいえば最安値に近い価格ではないでしょうか。また、同じ価格でpaypalの決済機能も使っていただけるので、簡易なネットショップとしての活用をはじめ、有料商材の販売や有料セミナーの申し込みにもご利用いただけます。

そして、最後に「誰でも簡単にLPを作れる」ことです。あらかじめ利用用途に応じたデザインテンプレートを用意しているので、デザイン知識がなくとも、LPのストーリー設計と各種画像素材を用意しておけば数時間でLPを作ることができます。操作性も「直感的」に使ってもらえるようなユーザーインターフェースです。

ferret:
リニューアルされたフォームメーラーをユーザーにどのように使って欲しいとお考えでしょうか。

大久保氏:
マーケティングテクノロジーの進化に伴い、リードの獲得や育成などに取り組む企業は増えつつあります。

しかし、企業規模が小さい会社や個人事業主の方などの場合はマーケティングに対して専門部署もなく、またマーケティングツールなどを導入する時には年間で数十万円以上の金銭コストが発生し、大きな負担になるのではないかと思っています。

また、フォームメーラーを活用してくれているユーザーの多くは、Webやマーケティングに対してハードルの高さを感じている方が多いだろうと思っています。

そんなユーザーにリニューアルしたフォームメーラーを使っていただいて、とにかく費用は安く、でも少しは戦略的なマーケティングができるという環境を提供していければと考えています。
  

まとめ

WebマーケティングにおいてLPはとても重要な要素の1つです。これまでLPを作ったことがない方やチャレンジしてみたい方は、リニューアルされたフォームメーラーを試してみてはいかがでしょうか。

フォームメーラーは月額1,250円(税別)から利用でき、公開できるページは10ページとなります。この価格は、現状の国内のLP作成ツールの中では最安値に近い価格です。また14日間の無料トライアルもあります。気になる方は、以下のボタンからフォームメーラーのホームページを確認してみてください。

また、事業者には30日間の無料トライアルを提供しています。以下のリンクから確認してみましょう。