複数のメールアドレスを使いわけることが当たり前となった現在、メールが届く度に各受信トレイを確認するのは手間がかかり、メールの確認漏れも発生しやすくなります。

Thunderbirdを使えば、1つのメールアカウントで全てのメールアドレスを送受信でき、自分が使いやすいように機能を追加できるので、快適なメール管理をサポートしてくれます。

そこで今回は、カスタマイズが可能な万能メールツールThunderbirdの登録方法と使い方についてご紹介します。
  

目次

  1. Thunderbirdとは
    1. Thunderbirdの利用準備
  2. Thunderbirdの使い方
    1. 画面構成
    2. メール送信と受信
    3. Thunderbirdの機能
    4. カスタマイズ
    5. 便利なアドオン
  3. まとめ

  

Thunderbirdとは

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_001a.jpg
https://www.mozilla.org/ja/thunderbird/

複数メールアドレスを1つのツールで管理でき、画面表示も読みやすく、複数の受信メールを一画面で確認できる等、Thunderbirdはメール管理ソフトとしてとても優れた機能を備えています。

● Thunderbirdの特徴

・メールのタブ表示
・削除の危険性を避けるアーカイブ機能
・背景変更や機能追加等のカスタマイズ
・全メールの高速検索

  

Thunderbirdの利用準備

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_002a.jpg
TOPページの「無料ダウンロード」をクリックするとインストーラがダウンロードされるので、実行します。

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_003a.jpg
インストールが終了したら、「今すぐMozilla Thunderbirdを起動」にチェックを入れ、「完了」をクリックします。

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_004a.jpg
Thunderbirdのメール管理画面が起動しました。
  

Thunderbirdの使い方

画面構成

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_005a.jpg
Thunderbirdにメールアドレスを登録すると、左サイドバーに登録済みメールアドレスとフォルダが表示され(①)、選択中の受信トレイの中身を確認できます(②)。各メールをクリックすると画面下部にメール文が表示されます(③)。
  

メール送信と受信

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_006a.jpg
メールを作成する場合は、Thunderbird画面左上の「作成」をクリックします(①)。メール作成医画面が表示されるので(②)、宛先と本文を記入し送信すれば完了です。

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_007a.jpg
メールの受信状況を確認する時は、画面左上の「受信」をクリックします。最新メールがある場合は受信トレイに未読メールが追加されます。
  

Thunderbirdの機能

メールアカウント設定

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_008a.jpg
初めてThunderbirdをインストールし、メールアカウントを設定する時は、「新しいアカウントを作成する」の「メール」をクリックします。

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_009a.jpg
または画面左上の「ファイル」(①)から「新規作成」(②)をクリックし、「新しいメールアカウントを取得」(③)を選択して進めます。

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_010a.jpg
「メールアカウントを設定する」をクリックします。

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_011a.jpg
追加したいメールアドレスとパスワード、表示名を入力したら、「続ける」をクリックします。

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_012a.jpg
Thunderbirdが自動的にメールクライアント情報を取得したら、「完了」をクリックします。

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_013a.jpg
追加したメールアドレスとフォルダは左サイドバー(①)に表示され、受信メール一覧(②)は中央に表示されます。
  

アドレス帳登録

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_014a.jpg
アドレス帳に連絡先を追加したい時は、Thunderbird画面上部の「アドレス帳」(①)をクリックし、表示された別窓の左上にある「新しい連絡先」(②)をクリック、さらに表示された別窓(③)に登録したい連絡先情報を入力して「OK」をクリックします(④)。
  

タブ形式メール確認

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_015a.jpg
メールをタブ形式で開きたい時は、「ツール」から「オプション」を選択し(①)、オプション設定窓の「表示」から「詳細」タブをクリックして(②)、「メッセージを次の場所に開く」で「新しいタブ」にチェック(③)を入れます。最後に「OK」をクリック(④)すれば設定完了です。

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_016a.jpg
メールがタブ形式で開くようになりました。
  

アーカイブ

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_017a.jpg
後で必要になりそうな大事なメールは、個別に保存できます。
メールを開き「アーカイブ」をクリックします。

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_018a.jpg
メールは受信トレイから消えますが、代わりにアーカイブフォルダに保存されました。
  

イベントログ

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_019a.jpg
メールの送受信履歴やアカウント操作履歴は、イベントログ機能で確認できます。
Thunderbird画面上部の「ツール」(①)から「イベントログの管理」を選択し、表示された別窓(②)で送受信履歴等を確認します。
  

カスタマイズ

デザイン

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_020a.jpg
Thunderbirdの外観を変えるには、「ツール」(①)から「アドオン」を選択し、「アドオン入手」(②)をクリックして、「すべての完全テーマを見る」(③)をクリックします。

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_021a.jpg
様々なテーマが表示されるので、気に入ったものをクリックしてThunderbirdの外観を変更します。
  

スマートフォルダー

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_022a.jpg
複数のメールアドレス宛てに届いたメールを一つの受信トレイで確認するには、スマートフォルダモードを使用します。

Thunderbird上部の「表示」(①)から「フォルダ」「統合フォルダ」へと進むと、複数のメールアドレスがまとまった統合受信トレイが生成されます(②)。統合受信トレイでは、複数アドレス宛ての受信メールを一括して確認できます(③)。
  

アドオンマネージャー

Thunderbirdに追加できる機能のことをアドオンと呼びます。Thunderbirdをより便利に使うための追加機能が豊富に揃っており、追加するにはアドオンマネージャーを使います。

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_023a.jpg
Thunderbird上部の「ツール」(①)から「アドオン」を選択し、「アドオン入手」(②)をクリックすると、様々なアドオンが紹介されています。「すべてのアドオンを見る」(④)をクリックすると、アドオン一覧ページに移動できます。

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_024a.jpg
追加したいアドオンが見つかったら、緑色の「+Thunderbirdへ追加」ボタンをクリックすれば、追加が完了します。
  

便利なアドオン

Quicktext

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_025a.jpg
Quicktextは、「お世話になります」や「ありがとうございます」等、定型文を登録して入力を効率化するためのアドオンです。毎回同じ文字を打つことなく、ボタン一つで必要な定型文を本文に挿入できるようになります。
  

Check and Send

万能メールツールThunderbirdの登録と使い方_026a.jpg
メール送信前に、添付ファイル漏れや宛先アドレスの間違い等、内容確認を促すためのアドオンです。不備のある状態で送信されることを防ぎます。
  

まとめ

無料のWebメールから通信会社が提供するメールまで、1人で複数のメールアドレスを使い分けることは、手間がかかり整理が困難になりがちです。

しかし、目的別にメールアドレスを使い分けながら一元管理することで、情報整理に対するストレスも減り効率的なメール利用が可能になります。

カスタマイズ性の高いThunderbirdを活用して、膨大なメール連絡と情報量を整理しコントロールしていきましょう。