おすすめジャーナルアプリ5選

1. Day One

dayone.png
Day One

ジャーナルアプリの先駆とも言える最も有名なアプリDay Oneです。iPhone・iPad・Apple Watch・Macと、さまざまなApple製品のデバイスで使用することができます。また、日記用・読書用・メモなど、さまざまな内容を目的別に保存することが可能です。Markdownにも対応しています。

写真の一覧から振り返ったり、カレンダーから書いたことを振り返ったり、書いたジャーナルをPDFに変換したり、SNSに共有することなどができます。シンプルでミニマルなインターフェイスも人気です。

  

しかし、Day Oneはさまざまなデバイスを同期する際には、月額3.99ドルの「プレミアム」に加入する必要があります。アプリ自体が有料だった時期を経て、2020年9月現在はiOSアプリもmacOSアプリも無料でダウンロードすることができますが、App内課金として「プレミアム」が用意されています。プレミアムユーザーになれば、デバイスの同期の他に、写真やジャーナルのストレージが無制限になったり、IFTTTとの統合、優先的なカスタマーサポートを受けられるようになります。7日間の無料体験が可能なので、実際に使ってみて、自分に必要であるかどうかを判断することをおすすめします。

2. Journey

journey.png
Journey

Journeyは、iOSやmacOSのほか、WindowsやAndroid、Chromeのアドオンとしても利用できる、Day Oneに似たジャーナルアプリです。

基本的にはDay Oneと同じような高性能なジャーナリング機能を利用可能ですが、特筆すべきはジャーナルの保存場所としてGoogle Driveが使われる点です。全てのジャーナルデータは、特別なフォーマットではなくMarkdownで保存されます。

  
こちらのアプリでも、Markdownサポートや複数の写真・動画の添付などは「メンバーシップ」を購入する必要があります。メンバーシップを得ると、PDF変換するときにPDFのウォーターマークが消えたり、ナイトモードを使用することができたりします。

3. Penzu

c.png
Penzu

Penzuは、なんと2008年にWebサービスとして始まった、歴史あるジャーナリングサービスです。もともとはブラウザ上で気軽にジャーナルを書くことができるサービスとして出発しましたが、あっという間にその利用者は100万人を突破してしまいました

Penzuの嬉しいところは、無制限のジャーナル作成、他のプラットフォームのジャーナルとの同期が無料で行えるところです。ジャーナルの表紙にあたる「カバー写真」を変えたり、パスワードロックを書けたりすることもできます。また、同期されたジャーナルは暗号化されているので、セキュリティ上も安心です。

Penzuにも「プロ」「プロ+」の2プランが上位プランとして提供されていて、加入することでさらなる機能を利用することができます。軍事レベルの暗号化、ゴミ箱の復元、リマインダーなどが含まれています。さらに、30日間は無条件の返金保証も付いています。

4. Momento

d.png
Momento

Momentoは、様々なデータを1箇所で保管することができるライフログのようなジャーナルアプリです。一口にジャーナル機能といっても、「Notes」「Photos」「Videos」「Places」「Peple」「Events」とさまざまな種類のメタデータを埋め込むことができます。特に「People」や「Event」は他のアプリにない機能で、「Aさんに最後に会ったのは●日前のあの場所」「ここでは●年前にこんな出来事があった」などと、さまざまな角度から日々を振り返ることができます。

さらにMomentoでは、SNSと同期しておくことで、SNS上のつぶやきや投稿も横断して検索することができる「Explore」機能もあります。FacebookやInstagram、Twitterはもちろん、SpotifyやMediumなども連携対象になっています。iMessageやメールさえも含めることができるので、日々の振り返りはMomentに集約されると言っても過言ではないでしょう。

5. Diaro

e.png
Diaro

Diaroは、さまざまなバックアップ先を選べる高機能なジャーナルアプリです。iPhone・Androidの両方で利用可能で、Google Driveの他にも、DropboxやEvernoteなどの保存場所を選べます。またKindle Fire用アプリもリリースされています。

  

タイムライン形式の表示やカレンダービュー、タグ付けや一機能の保存など、ジャーナルアプリに備わっている基本機能はDiaroでもしっかり揃っています。ただし、Diaroでもクラウドでの動機を利用するにはアップグレードが必要です。