Macでのスクリーン動画を録画する簡単な手順

Macには標準ソフトとしてQuick Timeが同梱されています。このソフトを使うことで、音声を録音しながらパソコン画面を録画することができます。

mac1.png
手順は簡単です。QuickTime Playerを起動し、メニューから「ファイル>新規画面収録」をクリックします。すると画面収録用のウィンドウが登場するので、下三角印を押して、マイクを選択します。

赤い収録ボタンを押すと、画面全体に「クリックするとフルスクリーンで収録されます。画面の一部を収録する場合はドラッグしてください。」というメッセージが表示されます。

そのままクリックすると画面全体の録画が開始されます。画面の一部だけを録画したい場合には、撮影領域を指定します。

なお、パソコンから出力される音も取り込みたい場合は、Soundflowerのような、サウンドカードを通して他のオーディオアプリケーションにアクセスできるソフトを利用すると便利です。自分の声も同時に取り込みたい場合は、LadioCastを使うといいでしょう。

参考:
サウンドミキサーアプリ「LadioCast」+仮想サウンドデバイスを実現する「Soundflower」の使い方 | MacWin Ver.1.0

iOSでのスクリーン動画を録画する簡単な手順

iOS 11から、コントロールセンターで直接録画機能を扱えるウィジェットが登場しました。下からのスワイプ(iPhone Xは右肩からのスワイプ)で簡単に録画ボタンを押すことができるので便利です。

rec2.png

コントロールセンターに録画ボタンを追加するには、「設定>コントロールセンター>コントロールをカスタマイズ」の順にたどり、「含める」の欄に「画面収録」を追加します。

rec.png

これで、コントロールセンターに録画機能を追加できました。アイコンをタップすると録画が始まりますが、長押しをすると「マイクオーディオ」のオン・オフを切り替えられるので、オンにしておけば実況中継動画の撮影も行えます。

Androidでのスクリーン動画を録画する簡単な手順

az.png

AndroidではXperiaなど一部以外は標準で動画を撮影をする機能がないので、アプリを使って録画します。Androidの場合は、AZ スクリーン レコーダーと呼ばれるアプリがオススメです。

さまざまな動画撮影アプリがあるなかで、AZ スクリーン レコーダーは、以下のような優れた点があります。

・ルートへのアクセス不要
・撮影の時間制限がない
・ウォーターマークや広告がない
・一時停止できる
・スローモーションやタイムラプスなども利用できる

さらに、有料版を購入することで、GIF画像の変換コンバータやフロントカメラのオーバーレイ機能、ビデオトリマーなどの優れた機能も利用できるようになります。しかし、無料版でもたくさんのことができるので、入れておいて損はないでしょう。

https://ferret.akamaized.net/images/5a8fca3afafbd856a6000016/original.png?1519372855

操作は簡単です。AZ スクリーン レコーダーを起動すると、コントローラーが表示されます。赤色のビデオカメラアイコンをタップすると「AZ スクリーン レコーダーで、画面に表示されているコンテンツキャプチャを開始します」という確認用のモーダルウィンドウが表示されるので、「今すぐ開始」をタップすると録画がスタートします。

非常に高機能で、設定できる項目も多く、画質も綺麗なので、ハイクオリティなコンテンツを作りたい人はこのアプリをインストールしておきましょう。