企業がセミナーやイベントでカタログ、パンフレットを配布する際、資料を紙に印刷して配布したり、設置場所を用意して参加者に取ってもらうこともあるでしょう。

また、ホームページで配布する場合は、PDFにしてダウンロードできるようにしている企業が多いのではないでしょうか。

しかし、紙の場合は、印刷や搬入、配布の手間がかかります。PDFの場合、ダウンロードが必要なこともあり、ユーザーの閲覧環境にも左右されやすいというデメリットもあります。

このような、資料配布のコスト、企業やユーザーの手間を解決する手段としてオススメしたいのが、カタログやパンフレットのデジタルブック化することです。

デジタルブックは、紙のように印刷コストや運搬の手間がかかりません。加えて、PDFよりも表示速度が早く、ユーザーはカタログや資料を快適に閲覧できるようになります。

今回は、PDFをデジタル化できるサービス「ebook5」を提供している株式会社ルーラー監修のもと、紙やPDFをデジタルブック化するメリットを紹介します。

デジタルブックとは

rura-shin_-_1.jpg
引用
HTML5のデジタルブックebook5(イーブック・ファイブ)

デジタルブックとは、企業が配布するサービス資料や製品カタログ、ホワイトペーパーなどに活用できる電子フォーマットの1つです。

企業がセミナーで資料を配布するときに、あらかじめ紙に印刷したカタログを持っていくことが多いでしょう。また、ホームページでカタログを提供している場合は、PDFにしてダウンロードできるようにしているのではないでしょうか。

これらの資料をデジタルブック化すると、コスト、編集のしやすさ、ユーザーの分析、UXの向上など様々な面でメリットがあります。

まずは、PDFとデジタルブックの違いから確認しましょう。

デジタルブックとPDFの違いは?

紙の資料とデジタルブックは、印刷して配布するのか、オンラインで配布・閲覧するか、というわかりやすい違いがあります。しかし、PDFとデジタルブックは、オンラインで配布・閲覧できる点では同様です。それでは、この2つの違いはどこにあるのでしょうか。

1つは、ユーザーに必要な環境の違いが挙げられます。パソコンでPDFを閲覧するには「Adobe Reader」が必要です。ユーザーはあらかじめプラグインをインストールしなければ、PDFの閲覧ができません。また、スマートフォンで閲覧するときも、機種によってPDF閲覧アプリのダウンロードが必要となります。

一方、デジタルブックはユーザーの環境に左右されずに閲覧可能です。パソコンやスマートフォンなどのデバイスがあれば、特別な準備を必要とせずにデジタルブックの閲覧ができます。ユーザーにとって、PDFよりもデジタルブックの方が手間なく資料の閲覧ができるでしょう。

もう1つ、企業が資料内容を更新したい場合にも違いがあります。PDFは配布している資料の内容を変更する場合、一部だけ内容を更新することができません。つまり、内容更新のたびに新しいバージョンを作成し、アップロードが必要となります。

デジタルブックは、更新内容をそのまま反映できます。一部内容を更新するたびに、新しいバージョンを作成する手間はありません。

上記以外にも、企業がデジタルブックを導入することで得られるメリットがあります。

デジタルブックのメリットをより詳しくみていきましょう。

企業がデジタルブックを導入する7つのメリット

1.制作から公開までオンライン上で完結できる

セミナー資料やカタログを作成するときは、パソコンを使用する企業が多いでしょう。

資料が紙の場合は制作したデータを必要部数印刷し、配布する作業が必要となります。また、作成した資料を配布する前に印刷し仕上がりを確認したり、関係者へは事前に資料を郵送したりします。

デジタルブックならば、制作から公開までの一連の流れがすべてオンライン上で完結できます。試し刷りも入りませんし、資料の共有もメールやチャットでURLを共有するだけです。

配布時もユーザー側にダウンロードしてもらうだけなので、配布の手間がかかりません。デジタルブックの導入によって業務時間の短縮に繋がります。

2.コスト削減になる

紙の資料は印刷する際にコピー機、インク代、紙代などの費用が必要です。特に、インク代や紙代は印刷するたびに必要ですので、増刷するたびにコストがかかります。運搬や配布にも人件費が必要です。

デジタルブックであれば、制作後に印刷や配布の費用はいりません。デザインや印刷を外部企業に委託している企業など、デジタルブックを導入することによって外注費を含めれば大幅なコスト削減に繋がるでしょう。

3.最新情報への更新が簡単にできる

会社の実績やサービスの変更に合わせて、カタログやパンフレットの内容を更新することもあるでしょう。

小さな変更であっても、紙の場合は新しいものを作成し、再度印刷する必要が出てきます。また、PDFの場合も、内容を変更した場合は都度エクスポートが必要となるため、新しいバージョンを毎回配布しなければなりません。

しかし、デジタルブックは更新内容が同一のURLにそのまま反映されます。1度配布した資料の内容を更新して、最新情報の掲載が簡単にできます。

4.アクセス解析ができる

ホームページでPDFの資料を配布している場合、ダウンロード数など簡単な数値は把握できますが、ページごとの閲覧数や離脱率は計測できません。

デジタルブックであれば、ページごとの閲覧数や離脱率ユーザーが使用しているデバイスなどを解析できます。デジタルブックを閲覧したユーザーを分析し、お問い合わせ等コンバージョンの改善点を見出せます。

5.営業・採用・社内報で活用できる

デジタルブックは、営業担当の販促資料、人事の採用情報資料、社内報など様々な分野で活用できます。パソコンやスマートフォンを使って共有も簡単です。

クライアントへ営業資料を配布したり、遠方にある支店に社内報を送ったりしたいとき、デジタルブックであれば一瞬で届けられます。

6.表示スピードが高速化する

資料のページ数が同じであれば、PDFよりもデジタルブックの方が表示スピードが高速化されます。

ebook5_-_2.jpg
引用
HTML5のデジタルブックebook5(イーブック・ファイブ)

上記は、PDFとデジタルブックの表示スピードの比較結果です。左のデジタルブック表示にかかった時間は3.16秒、右のPDF表示にかかった時間は10.46秒と表示時間に大きく差があります。

クリックしてから資料が表示されるまでの時間が早ければ早いほど、ユーザーはストレスなく資料の閲覧ができます。

7.場所を問わずユーザーが利用できる

デジタルブックは、パソコンやタブレット、スマートフォンなどのデバイスがあれば、どこでも配布、閲覧ができます。

ユーザーは職場、外出先、自宅など閲覧する場所を問わず、好きな時に好きな場所で資料の確認ができます。かさばる紙の資料を持ち歩く必要はありません。

ebook5とは

ebook5_-_3.jpg
HTML5のデジタルブックebook5(イーブック・ファイブ)

ebook5は、誰でも簡単HTML5形式のデジタルブックが作成できるサービスです。PDFをアップロードするだけで、わずか3分ほどでデジタルブックが完成します。

ebook5で作成できるデジタルブックはパソコン、タブレット、スマートフォン全てに対応しています。それぞれのデバイス用デジタルブックを個別に作成する必要はなく、1度ですべてのデバイスに対応したデジタルブックが作成できます。

ebook5で作成できるデジタルブックの表示速度は、PDFの約3倍。高速表示でストレスのない閲覧が可能です。

また、デジタルブック内のテキスト情報検索ができる「テキスト全文検索機能」を備え、テキストのコピー&ペーストにも対応しています。

ヒートマップ解析機能でより詳しい分析を

ebook5_-_4.jpg
引用
HTML5のデジタルブックebook5(イーブック・ファイブ)

ebook5は、アクセス解析に加えてヒートマップ解析機能も備えています。

ヒートマップ解析を利用すれば、ページ内のどの部分の閲覧時間が長いか、どの部分がクリックやタッチされているか、など一般的なアクセス解析よりもビジュアル的に把握ができます。ユーザーがどの部分を興味深く閲覧しているかを分析することで、よりお問い合わせ等のコンバージョンに繋がる改善点が見つかるでしょう。

Flash式のデジタルブックは閲覧できなくなる可能性も

デジタルブックには、HTML5形式とFlash形式の2種類があり、現在はどちらの形式も利用されています。

しかし、Flash形式の閲覧に必要な「Flash Player」を提供しているAdobeは、2020年末でFlashのサポートを終了すると発表しています。現在Flashを利用しているコンテンツに関して、新しいフォーマットに移行するよう推奨しています。

AppleのiOSデバイスでは既にFlashを利用したコンテンツを利用できず、そのほかのOSデバイスでも閲覧できなくなる可能性が高く、2020年末以降Flash形式のデジタルブック利用を続けるメリットは殆ど無いと言っても過言ではありません。

参考
Adobe Flash とインタラクティブコンテンツの未来

ebook5で作成できるデジタルブックはHTML5式です。Flash形式のデジタルブックを利用している場合は、この機会にHTML5式へ移行を検討してみましょう。

まとめ:PDFや紙をデジタルブック化して業務効率化を

紙の資料をデジタルブックにすると、印刷・運搬のコストや設置場所の問題が解決できます。

PDFのデジタルブックにすると、アクセス解析を用いてコンテンツの改善点を発見しやすくなります。また、表示時間が高速化され、ユーザーが資料を閲覧しやすくもなります。企業にとってデジタルブックの導入は、コスト、業務時間の効率化に繋がります。

ebook5は、無料トライアルもできますので、気になった方はぜひ利用してみてください。