グロースハックとは、ユーザーから得た製品やサービスについてのデータを分析し、改善してマーケティングの課題を解決していく手法です。近年表出してきた概念で、インターネットサービスの分野では、グロースハックを専門に行う「グロースハッカー」の存在が重要だとされています。

インターネットサービス急成長の要因

グロースハック
TwitterやFacebook、Dropboxなど、ここ数年間で急成長を遂げたインターネットサービスが多く存在します。その急成長を支えた一つの要因が「グロースハック」だといわれています。

グロースハックは、複数の施策を連続的かつ継続的に行っていくものですが、今までのマーケティングと違うのは成長する仕組みをプロダクトに施策として組み込んでいく点が挙げられます。

グロースハックとして行われていること

インターネットサービスの分野で存在が重要視されはじめた「グロースハッカー」は、グロースハックを専門に行い、サービスの成長を促す人(あるいはチーム)のことです。

具体的には、以下のような施策を行っています。

  1. 市場の需要に合致したサービス作り
  2. 口コミによる情報伝播
  3. データ分析からの仮説、検証、改善の高速回転
  4. 広告収入に依存しない運営設計
  5. サービス内にPV向上などができる仕組みを埋め込む

このほかにも、デザインやコンテンツの見直しなど、インターネットサービスの基本的な部分までグロースハッカーの施策に含まれています。

既存のインターネットマーケティングとの違い

これまでも、インターネットマーケティングではA/Bテストユーザーテストなどが行われてきました。しかし、これらにはサービス完成後のPRやマーケティングという意味合いが強くありました。

一方、グロースハックは常にホームページについて分析し、仮説と検証、改善を繰り返し、サービスの向上や進化を図ります。これが従来のインターネットマーケティングと大きく異なる点です。

実際にこれを行うためには、インターネットマーケティングのノウハウ持っているだけでなく、デザイナーやライター、プロデューサー、エンジニアといった複数の要素を兼ね備えている人(あるいはチーム)が必要となります。Facebookは、グロースハックを専門に行う「グロースチーム」を発足させたことで、世界で12億人を超えるユーザーを獲得するまでに至りました。

今後、インターネットサービスの立ち上げや既存サービスの改善を行う際は、グロースハックという視点が重要になると考えられます。

会話例

「このホームページの問題を解決できるグロースハックのアイデアを出してほしい。」
「うちの会社にも、グロースハックができる人材が必要だね」