マーケターのための使えるITソリューション見本市「マケスト」。
今回その中からご紹介するのは、ダイレクトなページ遷移でユーザーの知りたい情報をスムーズに提供するインタラクティブ動画技術「TIG(ティグ)」です。

【ここがポイント】
ポイント1:確かな技術に基づく直観的でシンプルなUI(UX)を実現
ポイント2:様々なカテゴリ別接触数をベースとした高度な行動データ分析
ポイント3:独自の配信プラットフォーム環境をアプリ/ブラウザで提供

TIG(ティグ)とは?

「インタラクティブ(Interactive)」という言葉は、「双方向的」という意味です。通常の動画コンテンツユーザーが“受け身の視聴”だけであるのに対し、「インタラクティブ動画」はユーザー側からもアクションを起こせる動画を指します。

一般的には映像内に表示されるバナーやアイコンなどをクリックやタップを行うことで、動画内で何らかのレスポンス(反応)が起こる動画コンテンツが主流です。特に「TIG(ティグ)」では、動画内の気になるオブジェクトにタッチすることで、簡単に目的の情報ページへと誘導することが可能となりました。

TIG(ティグ)の特徴

インタラクティブ動画技術「TIG」は、動画内の気になったオブジェクトをタッチするだけで、知りたい情報に辿り着くことができるソリューションです。

・自社プロモーション施策として動画コンテンツを取り入れたい
・自社制作した動画を有効活用したい
・新しい動画マーケティング手法を模索したい

動画マーケティング市場の成長に伴い、企業の動画コンテンツ活用の重要性が高まりつつあります。自社のプロモーション施策の一環としても動画活用を検討している企業も多いはずです。しかし、通常の動画コンテンツは検索ストレスという大きなハードルによって、情報の訴求力は高くとも購買に結びつけにくいという課題があります。また、Youtubeなどに差し込む動画広告からのトランザクション率の多くが1%を下回ることも、動画広告の課題と言えるでしょう。

インタラクティブ動画「TIG」を活用することで、動画からダイレクトに情報ページへと誘導できるため、既存の動画コンテンツが抱える課題が解消できるのが大きなポイントです。
また、自社で内製した動画コンテンツをどのように活用したらよいのかわからない。あるいは動画コンテンツの情報発信力を高め、さらなる効果を求めて新しい施策を行いたいという方にも適したソリューションと言えます。

TIG(ティグ)の強み

動画コンテンツの課題を解決する「TIG」の強みは、大きく3つ。

▼確かな技術に基づく直観的でシンプルなUI(UX)
TIGは独自の三次元メタデータ管理(特許)によって、気になる動画内オブジェクトをタッチ(&スワイプ)するだけで情報ページをストックすることができます。ストックしたページは、視聴後に一覧表示で確認することが可能です。またタッチできる領域(TIG領域)も完全に非表示化することもできるため、通常の動画視聴体験と全く変わらないオーガニックな視聴環境も実現できます。

▼接触数をベースとした高度な行動データ分析が可能
一般的な動画コンテンツでは、視聴回数や視聴完了率を分析することしかできませんでした。TIGでは、動画視聴時にユーザーがタッチした全ての履歴を収集することができるので、タッチした回数のみならず、タッチした場所、遷移したページ、再生時間等を分析でき、ヒートマップで表示させることも可能です。動画コンテンツ内でのユーザーアクションを可視化させることで、動画の効果測定から次のアクション策定などPDCAサイクルに有効に活用することができます。

▼独自の配信プラットフォームアプリ&ブラウザ)及びソリューションを提供
TIGは独自の配信プラットフォームが用意されています。TIGオリジナルアプリでの再生は勿論、WEBブラウザでの再生も実現できますので、自社のホームページやSNSでの動画拡散時にもご活用頂けます。またアプリのSDKも用意されており、TIG技術を自社アプリに導入したい企業や自社サービスに導入したい企業へも対応できるソリューションを提供してくれます。

TIG(ティグ)担当者からのメッセージ

パロニム株式会社 代表取締役CEO 小林 道生氏

パロニム株式会社 代表取締役CEO 小林 道生氏

映像を見ていて、「これ、何だっけ?」「これ、誰だっけ?」「ここ、行きたい!」と思ったことが誰もがあると思うんですよね。そんなときに検索することなく動画を触れるだけで、ちゃんとした情報ページに誘導してくれれば便利だなぁ!思ったのがこのサービスを開発するきっかけでした。今から8年程前の話です。

その頃は技術的にも不可能だったこともあるのですが、当たり前にありそうでなかったんですよね。それから時間がたって、技術が進化し、時代も追いついて、この度ようやく試行錯誤の末にTIGをサービスインすることができました。

「演者が着ている洋服が気になる」
「あの女優さんの名前はなんだっけ」
「BGMで流れている音楽を知りたい」

大切なのは技術ではなく、映像コンテンツをドライブさせる事!

当然のお話ですが、ユーザーは技術ありきで動画を見る訳ではなく、どこまで行っても大切なのはコンテンツです。創り手側さんの世界観やストーリー性を邪魔せず、それでいてユーザーの「知りたい」という欲求にホスピタリティ溢れる技術を“そっと”添える。動画から得た様々な一瞬の感情(マイクロモーメント)がそのままアクションにつながることで視聴者のライフスタイルを少しアクティブで、少し華やかなものにシフトさせられることが「TIG」の可能性だと思っています。

まずは、日本でインタラクティブ動画技術「TIG(ティグ)」の普及を目指し、吉本興業様と資本業務提携を結ばさせていただきました。吉本興業様の持つ映像コンテンツのTIG化をはじめ、今後様々な共同企画を進めさせていただきます。また、大手配信プラットフォームへの技術提供も計画しています。日本でのサービスインに先立ち、上海の放送事業社と連携し、中国本土での展開もいち早くスタートさせました。今後は、日本と中国を中心にこの技術とサービスを錬磨し、TIGが世界各国で活用いただけるようグローバルな事業展開を進めていきたいと考えています。

マケスト編集部より一言コメント

動画広告は、ユーザーにとって本当に良い価値提供がなされているでしょうか?

動画広告はテレビCMで用いられることが一般的でしたが、スマートフォンの台頭と通信環境の発達により、誰もがいつでも動画を閲覧できるようになりました。そのためソーシャルメディアはもちろん、多くのWebページ上で動画広告に触れるようになりました。しかし、動画広告の多くはユーザーのWeb上の体験を妨げるものが多い印象があります。

インタラクティブ動画は、動画広告に新しい体験を生み出してくれるコンテンツです。さらに、今回ご紹介した「TIG」はインタラクティブ動画の中でも、「動画がユーザーに与える体験を最大化」してくれるサービスと言えます。

今後インタラクティブ動画が発達しても、動画のクリエイティブに「押し売り感」が出すぎていると、インタラクティブ動画になってもユーザーに与える体験は現状の動画広告と変わりません。

動画広告を用いてユーザーに対して「ブランド訴求」「態度変容」「行動変容」を訴求するのであれば、動画の役目は良質な体験を提供することではないでしょうか。TIGは良質な体験をユーザーに与えたい、そんな企業におすすめのサービスです。

続きは、