※本記事は、2018年7月2日に公開された記事の再編集を行っております。

ホームページやメディアの運営をする際、「SEO対策をして検索上位を目指していこう」と考えているWeb担当者は多いでしょう。とはいえ、メディア運営を始めたばかりの頃は、「SEO対策をするためにどのようなツールを使って自社ホームページを分析すればよいのかわからない」という担当者もいるのではないでしょうか。

Chromeには、SEO対策を手助けしてくれる拡張機能が多数あります。

今回は、ホームページやメディア運営を任された初心者の方におすすめの、SEO対策に使えるChrome拡張機能8選を紹介します。

SEO対策におすすめのChrome拡張機能8選

1.SEO META in 1 CLICK

SEO_META_in_1_CLICK.png
Chromeウェブストア

SEO META in 1 CLICK」は、現在表示しているページで設定されているメタ情報を確認できるChrome拡張機能です。
拡張機能をインストールした後にアドレスバー横に表示されるアイコンをクリックするだけで、ページの構成情報をすぐに確認できます。

さらにページパフォーマンスや使用している画像のalt属性抜けの確認も可能です。
FacebookやTwitterなどのSNSへ配信する際に、必要な設定が確実にできているかの確認もできます。

2.Extract People also search phrases in Google

Extract_People_also_search_phrases_in_Google.png
Chromeウェブストア

「Extract People also search phrases in Google」は、サジェストの取得が可能なChrome拡張機能です。
キーワードを検索すると、画面右側にサジェストの一覧が表示されます。
なおここで表示されるサジェストは、キーワード検索を行った際に画面下に表示される「他の人はこちらも検索」がソースとなっています。

SEO対策やリスティング広告キーワード探しをする際、手動でキーワードの掛け合わせを探すと時間も手間もかかります。Extract People also search phrases in Googleを利用すると、キーワード探しの時間を短縮できるでしょう。

3.ツイートカウンター for Twitter

ツイートカウンター_for_Twitter.png
Chromeウェブストア

「ツイートカウンター for Twitter」は、TwitterやFacebookなどでどれくらい記事がシェアされているかを確認できるChrome拡張機能です。
メインタブではTwitterで該当URLがツイートされている件数・その投稿が表示されます。
タブを切り替えると、Facebookやはてなブログなどで該当URLが何件シェアされているか確認できます。

エゴサーチでも自社メディアのシェア数を確認できますが、1つひとつURLで検索するのは手間がかかる作業です。ツイートカウンター for Twitterをインストールしておけば、アイコンをクリックするだけで確認ができます。「タイトルを変更した結果どのくらい記事のシェア数が伸びているか」などを手軽にチェックできるようになります。

4.Lighthouse

Lighthouse.png
Chromeウェブストア

「Lighthouse」は、Googleが提供している、ページのパフォーマンス測定が可能なChrome拡張機能です。モバイルフレンドリーになっているか、タイトルやディスクリプションの確認、クローラーのチェックなどができ、ページに対して点数(100点満点)が付けられます。

これらのチェック項目は、どれもSEO対策のために重要なものです。メディア運用を始めたばかりでSEO対策は何をやってよいのかわからない場合は、Lighthouseで100点を目指してメディアの改善をしてみるとよいでしょう。

5.SEOTagViewer

SEOTagViewer.png
Chromeウェブストア

SEOTagViewer」もLighthouseと同じように、ホームページSEOに関する確認作業ができるChrome拡張機能です。

拡張機能をインストールし、チェックしたいページを開いた状態で表示されるアイコンをクリックすると、AMPやnoindexなど9項目の確認ができます。

6.Nofollow

Nofollow.png
Chromeウェブストア

「Nofollow」は、現在表示しているページの「nofollow」「noindex」を確認できるChrome拡張機能です。
拡張機能をインストールして表示されるアイコンをクリックすると、ページ上の一部が赤枠で囲われます。
この赤枠部分が、nofollwのリンクです。

一度拡張機能を有効にすると、すべてのページで赤枠表示されるようになります。非表示にする際は拡張機能のアイコンをクリックし「Temporary Disable」にチェックを入れてください。
すると、アイコンをクリックしたときのみ拡張機能を有効化できます。

7.Alt & Meta viewer

Alt___Meta_viewer.png
Chromeウェブストア

「Alt & Meta viewer」は、ページ内に使用されている画像のalt属性とメタ情報を確認することができるChrome拡張機能です。
拡張機能をインストールした後にアドレスバー横に表示されるアイコンをクリックすると「画像のAlt表示」「Title Meta表示」という2つのメニューが表示されますので、確認したい項目をクリックします。

alt属性の確認をすると、ページ上に使用している画像の上部にaltやtitle属性、画像サイズが表示されます。
Title Meta表示をクリックすると、オーバーレイでメタ情報の確認ができます。
管理しているページを手軽に確認したい際に非常に便利です。

8.META SEO Inspector

META_SEO_Inspector.png
Chromeウェブストア

「META SEO Inspector」は、基本的なSEO対策の確認に便利なChrome拡張機能です。
ディスクリプションやOGPなどの確認が手軽にできるため、編集画面を見て設定されているか確認する手間が省けます。

ディスクリプションを設定したあとにその内容を確認するためには、基本的には編集画面を開く必要があります。しかし、META SEO Inspectorの拡張機能を使用すれば、ディスクリプションの内容をすぐに確認できます。

チェック項目に対して注意箇所がある場合は、拡張機能をインストールした後に表示されるアイコンの上にバッジ表示されます。問題がない場合は「OK」が表示されます。各チェック項目に漏れがないか、アイコンを見るだけで簡単に確認できるのが便利です。

まとめ:Chrome拡張機能を活用してSEOに取り組もう

Chrome拡張機能を活用すれば、SEOに詳しくない場合でも必要な対策が取れているのか簡単にチェックできます。

チェックした際に注意項目としてアラートされた箇所から順に手直ししていけば、初心者の方でもSEOに取り組みやすいのではないでしょうか。
SEO対策は何から手をつけてよいのかわからない」というWeb担当者の方は、Chrome拡張機能を活用してみましょう。