データ分析を行う際、羅列されている数字データをグラフや図に整えるとより把握がしやすくなります。

どのようなグラフを作図するのかは用途やデータ量などによっても変わりますが、視認性の高さや1つのグラフにより多くの情報を掲載できるなどの点から、バブルチャートを利用してみるのがおすすめです。

作図が難しそうなバブルチャートですが、Excelを使用すれば誰でも簡単に作図できます。

今回は、Excelでバブルチャートを作る方法を紹介します。まずは簡単なサンプルデータを使用して作図してみてはいかがでしょうか。

バブルチャートとは

バブルチャートとは、散布図の一種でデータ間の相関を調べる際に利用するチャートです。

通常の散布図では、縦軸と横軸の2種類のデータが表示されますが、バブルチャートでは縦軸・横軸に加え、点の大きさで3つ目のデータを表示できます。

バブルチャートを利用するメリットは

  • ひとつのグラフで多くの情報量を表示できること
  • 直感的にデータの内容を把握することができること

の2つです。

「比較したい指標が3つある」「同じチャートで比較したい」「同時に比較するデータ数が少ない」という場合、バブフチャートの利用が有効でしょう。

バブルチャートと相性のよい「PPM分析」

PPM分析とは、市場成長率と市場におけるシェアを元に自社のビジネスがどのような立場にいるかを分析するフレームワークです。

PPM分析では、縦軸の成長率、横軸の市場シェアを元に4つの象限に区切り、それぞれを「花形」「金のなる木」「問題児」「負け犬」と名付け、各象限に合わせた対策を取ります。

参考:
自社の事業の成長を把握できている?今後の方針を事業別に判断するためのPPM分析とは|ferret [フェレット]

ここにバブルチャートを重ねると「事業規模」のような3次元を表現できるようになるため、視覚的にどこに問題があるのか把握しやすくなります。

Excelでバブルチャートを作る方法

Excelには、バブルチャート作成機能が搭載されています。

バブルチャートを初めて作図する方でも、データを入力して以下の手順に沿って操作すれば簡単に作成可能です。

以下の手順を参考に、Excelでバブルチャートの作図をしてみましょう。

1.jpg

Excelでグラフを作成する際は、元となるデータが必要です。まずは簡単に、バブルチャートに必要なデータをExcelに入力してください。

ポイントは、必要なデータを3列で揃えて入力することです。データの枠線などは設定しなくても構いません。

2.jpg

データの入力が完了したら、バブルチャート上に表示したい部分を範囲選択します。

選択したら、選択範囲の右下に表示される、クイック分析のアイコンをクリックします。

3.jpg

図の種類を選択します。

バブルチャートを選ぶ場合は「グラフ」から「その他」を選択してください。

4.jpg

「おすすめグラフ」の中に表示されている「バブル」を選択します。

5.JPG

自動でグラフが作成されます。上画像のグラフでは、横軸がPV数、縦軸が平均滞在時間、バブルの大きさがCVRを表しています。

グラフの作成はこれで完了ですが、軸の名称や色などを編集すると、より視認性の高いグラフに仕上がります。

作ったグラフを編集する

6.jpg

まずはグラフのタイトルを編集しましょう。

タイトルは、グラフのタイトル部分をクリックすると編集が可能です。

7.jpg

グラフの右に表示される「グラフ要素」のアイコンをクリックすると、グラフ内の細かい設定が可能です。

この中でも、特に知っておくと便利な項目は以下の通り。

・軸
縦軸と横軸のメモリを表示するかどうかを選択することができます。こちらは常時オンにしておきましょう。

・軸ラベル
縦軸と横軸に名前をつけるかどうかを選択できます。

どの数字がどの項目を表しているか把握しにくい、というときに表示すると便利です。

・グラフタイトル
グラフのタイトルを表示するかどうかを選択できます。

ほかのシートや資料などでグラフのタイトルを説明している場合は、オフにしても構いません。

・データラベル
バブルの大きさで表す3つ目の指標を、数字で表すかどうか選択できます。

グラフをシンプルに表示したい場合はオフ、数値の比較を厳密に行いたい場合はオンと使い分けましょう。

・近似曲線
縦軸と横軸に絞った傾向を直線で表示します。

グラフを直感的に理解したい場合は、オンにしましょう。

8.jpg

「グラフ要素」の下にある「グラフスタイル」をクリックすると、グラフのデザインを変更できます。

9.jpg

「色」の項目を選択すると、カラーパレットが表示されて配色を変えられます。

10.jpg

バブルをひとつ選択し「グラフツール」から「書式」タブに表示されている「図形の塗りつぶし」を選択すると、各バブルの色を変更できます。

バブルチャートの保存

Excelで作ったバブルチャートは、画像として保存できます。

保存する際は、スクリーンショット撮影をするか、Windowsパソコンを使用している場合は標準搭載されているソフト「ペイント」を使用してください。

ここではペイントを使った方法について解説します。

11.jpg

保存したいグラフを右クリックし、コピーします。

12.jpg

ペイントを開き、画面左上の「貼り付け」をクリックしてください。

13.JPG

グラフが貼り付けられます。その後、「ファイル」から「名前をつけて保存」に進み、任意の形式を指定して保存して完了です。

バブルチャートの読み取り方

14.JPG

今回のサンプルデータを例に、バブルチャートを読み取ってみましょう。

上画像のバブルチャートでは、縦軸が平均滞在時間、横軸がPV数、バブルの大きさがCVRを表しています。

まず、最も多くのPV数を獲得しているデータは2番、平均滞在時間を獲得しているデータは4番、CVRを獲得しているデータは5番です。

全体的な傾向として、わずかですがPV数を獲得しているデータほど平均滞在時間が長い傾向が見られます。

また、平均滞在時間とCVRには強い関連が見られ、PV数とCVRにはあまり関連が見られないこともわかります。

バブルチャートでデータを見やすく整えよう

バブルを立体的にしたりバブルごとに色を変えたりなど、少しデザインにこだわってユニークなグラフにすることもおすすめです。
例えば、クライアントや上司などへ企画の提案をするためにデータを可視化して提示したい際、ユニークなバブルチャートで示すことで印象に残りやすくなるでしょう。

バブルチャートは、簡単に作図できて視認性が高いグラフのため、データを整理する際におすすめのグラフのひとつです。

どのグラフを採用するか迷った際、選択肢のひとつとして利用してみてはいかがでしょうか。