Webメディア「70seeds」を運営している株式会社am. 代表取締役 岡山史興氏に訊く「読者に伝わるメディアの作り方」。

前編では「伝わるメディアの作り方」をテーマとして、メディアの編集方針やテレビを意識した記事の書き方についてお伺いしました。

後編では、離脱率が低いという17秒の動画コンテンツ「70seeds」やサイトリニューアルで新たに加わった機能などについて語っていただきます。

ユーザーに伝える手段のひとつである動画制作についてや、読者に「もっと読みたい」と思ってもらえるようなメディアづくりについて詳しく聞いていきましょう。

▼前編はこちら▼
「記事の見せ方はテレビを意識」70seeds 岡山氏が語る「伝わるメディア」の作り方

岡山 史興氏プロフィール

okayama.jpg

株式会社am.代表取締役 CEO / Webメディア『70seeds』 編集長。1984年長崎県生まれ。NPOの立ち上げや、愛・地球博にて市民プロジェクトリーダーを務めるなど、 学生時代から社会課題と生活者をつなぐコミュニケーション領域で活躍。

戦略PR コンサルティング会社のGM職を経て、2014年にPR支援のStory Design house株式会社を共同創業。その後、事業創出支援に重点を置く株式会社am.を2017年に設立。スタートアップ企業のブランド戦略立案から、大企業や地域を対象とした新規事業開発なども手掛ける。

NHK、朝日新聞、読売新聞などメディア掲載多数。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

テレビCMを意識した17秒動画

ferret:
70seedsは、テキストと写真のみの記事だけではなく、動画コンテンツ「17seconds」も提供していますよね。こちらは17秒と短い時間で情報を届けていますが、どうして「17秒」なのでしょうか。

動画コンテンツ「17seconds」

岡山氏:
これも記事と同様、テレビを意識したものです。日本人は15秒のテレビCMに慣れているんですよね。だからそれ以上に長いものはなかなか見てくれません。

なので、「17seconds」の場合は、CMの15秒に「7」をかけて17秒の動画にしています。

ferret:
17秒という短い時間で情報を伝えるために工夫していることはありますか?

岡山氏:
まず1つは、「17seconds」はあくまでコンテンツの入り口と割り切って考えています。なのでそこですべての情報を伝える、というよりはそれをきっかけに記事へアクセスしてもらうことが目的です。

とはいえ忙しい現代人のみなさんに、17秒という時間である程度コンテンツを印象に残したいという気持ちもあります。そのために、「写真とテキストでしっかりコンテンツを作り込むこと」は意識しています。

じつは「70seeds」は、取材をする時に4コマ漫画で取材企画を提案するというフローがあるんですよ。

okayama2.jpg
(岡山氏がiPadで描いた取材進行フロー)

これをしておくことで、記事を動画にした時に短時間でも4ステップで物語が伝わるような流れが作れているのかなと思っていますね。

離脱率の低い動画制作のコツは?

岡山氏:
17secondsの動画は「RICHKA(リチカ)」という動画作成サービスでフォーマーットを作っていて、記事を書いた人が簡単に動画作成ができるようになっているのですが、そこの担当者さんが驚かれていたのが「動画の離脱率が低い」ということです。

動画って最初の3秒ぐらいでほとんどの人が離脱するそうなのですが、その最初の3秒の離脱がほとんどないんですよ。

ferret:
離脱率を下げるために意図的にやっていることはあるのですか?

岡山氏:
まだ試行錯誤している状態でこれが正解だとは思っていないのですが、できるだけ動画内にテキストを詰め込んでいます。表示秒数でギリギリで表示できる行数、文字量を意識しているんですね。そうすると、文字を読み切った…ぐらいですぐに次の写真・テキストに変わるので、次々と追いかける必要があります。これをやると、最後まで文章を読むような感じで、動画を最後まで見ていただけるんですよ。

なので17秒の動画とは言っているのですが、体感だと6〜7秒ぐらいに感じるのかなと。

先ほど17秒は短いって話をしましたが、例えばCMと同じ15秒であっても見たくない人は見たくない。体感時間を長く感じさせない工夫は必要かなと思います。

ユーザーに「3つの記事タグ」を選んでもらう理由

okayama3.jpg

ferret:
サイトリニューアルにあたり、様々な機能やデザインの改修をされたと思います。個人的に気になったのが、70seedsのサイトの記事下にあるタグ選択の機能です。

記事にタグ付けをして関連記事などを表示させたり探しやすくしたりというのは、ほとんどのメディアがやっていることかと思います。ただ70seedsの場合は、3つのタグユーザーに選んでもらって記事検索ができるようになっていますよね。

okayama4.png
引用:70seeds

この「3つのタグを選ばせる機能」を導入しているのはなぜでしょうか。

岡山氏:
タグを3つ選ぶことによって、その人の本質がよりわかりやすくなるのではないかと考えています。例えばケーキバイキングのサービスがあったとして、「ケーキ食べ放題です」って言われると、自分の好みとは関係なしに、「食べたことない」という理由でどんなケーキでも食べちゃうんですよ。でもこれが「3個まで1,000円」になると、その3個をすごく厳選するようになります。「これは食べたことがないけどあまりいらない」「これは好きだけどこの間食べたからいいや」「先日も食べたけど大好きだからこのケーキだけは外せない」みたいな。

捨てなきゃいけない環境を作ると、自分が本当に欲しいものがわかりやすくなるのではないかと……。だから、タグ1つよりもその人の好みがわかる、なおかつ多すぎない、タグ3つを選択する形式にしています。

ferret:
そのタグ選択をデータ解析して、よりパーソナライズ化させていくという予定はあるのでしょうか。

岡山氏:
そうですね。ちょうどこれを初めて少し経ってデータも溜まってきたので、やっていこうと思っています。

ただ関連記事の表示に関しては、読みたい記事の傾向を「自分で選んでもらう」というのもアリだなって。なぜならば閲覧傾向から関連記事を表示させて「あなたにおすすめの記事はこれ」みたいなことしても、あまり読まないんじゃないかと感じているからです。

70seedsも当初はテキストマイニングして、「その記事を読んでる人にはこれが合う」みたいな出し方をしていました。でもそうではなくて、例えば「このライターが書いた記事を読んだのであれば次はこれを読んで」というようにテキストの最後に直接書き手のおすすめを入れるようにしてみたところ、クリック率が10倍ぐらいになったんです。

これを見る限りだと、少なくともうちの読者には自動レコメンド機能っていうのは刺さらないんだなと思いました。だからもう一歩進んで、こちらがおすすめを提示するよりも、「読者が自分で好みを選んで提案される」という体験をしてもらって、読者も楽しめる形で巻き込んでった方がいいのかなと考えています。

誰のためのコンテンツなのか

okayama5.jpg

ferret:
今サイトがリニューアルしたばかりで試行錯誤している段階だと思うのですが、「今後もっとこうしたい」と考えていることはありますか?

岡山氏:
まだまだ仮説検証している状態なので、「本当にこれでよかったんだっけ?」というのは見ていきながら、一つひとつ改善していければなと思っています。

改善のところで具体的な話をしますと、動画を入れたことによってサイトが重くなったというのはあります。Wi-Fiが通っていない場所だと、読み込みに時間がかかってしまうことが結構あるんですよね。そこは直していきたいです。

あとこれからの70seedsは、Webメディアというよりもある種の「価値観のポータルサイト」のような位置付けになっていくのかなと思っています。僕らって、マネタイズの意味での記事広告を一切やっていないんですよ。モデルとしては広告ではなくて、賛同してくれた人たちと一緒に「事業をつくりましょう」「プロダクトをつくりましょう」という取り組みをしていて、そこで得た利益をシェアしていきましょうという形を中心にしていこうとしているところです。

だからこれからも、取材対象者さんに寄り添ってやっていく。あとは彼らのつくる「次の70年の当たり前」っていうのを形にしていくのが僕らの役割なのかな。いわゆる記事型のメディアっていうのはアウトプットの形のひとつでしかなくて、そこに至る過程をいかにコンテンツにしていくかというのが僕らのやることです。一緒にやりたい人をどんどん巻きこんでという……交差点みたいな感じ。僕らがきっかけになって誰かと誰かが交わる、そしてそこに価値が生まれるような場づくりをどんどんやっていきたいですね。

リアルの場のイベントもやっているので、オンライン・オフライン関係なく、場づくりをしていけたらいいですね。その可視化された場所が70seedsであれたらなと思います。

ferret:
記事や動画に固執することなく、人の輪がだんだんと広がってそこをつなげていくようなイメージですか?

岡山氏:
そうですね。だからこそ、「誰のためにやっているのか」「誰に届けなければいけないのか」という軸はブレないようにしていかなければと。常にユーザー視点であることは大事ですが、ユーザーに合わせてユーザーが欲しているものだけを出していくことがユーザー目線ではありません。一緒にレベルアップしていけるような、ユーザーを巻き込んでいく姿勢が大切なのだと思っています。

▼前編はこちら▼
「記事の見せ方はテレビを意識」70seeds 岡山氏が語る「伝わるメディア」の作り方