2019年1月、音楽に合わせショートムービーを作成し公開する動画共有アプリTikTokを運営するByteDance(バイトダンス)は、5億円を投じて1,000人のクリエイター支援を発表しました。

これまで、10代の若い世代を中心に強い支持を得てきたTikTokの成長と、クリエイター支援について紹介します。

急成長するTikTok

現在、TikTokは世界150ヵ国以上で利用され、MAU(月間アクティブユーザー数)は一億人以上と言われています。米国調査会社センサータワー(Sensor Tower)の調査では、2018年Q1の全世界App Storeでのダウンロード数で、中国国外版の「TikTok」が、4580万回に達してトップの座に着きました。このようにTikTokは目覚ましい勢いでユーザーを伸ばしています。

参考:
[The Top Mobile Apps, Games, and Publishers of Q1 2018| Sensor Tower]
(https://sensortower.com/blog/top-apps-games-publishers-q1-2018)

また最近では、企業の広告プラットフォームとしても存在感を増してきました。1月、TikTokを運営するバイトダンスは、広告配信プラットフォーム「TikTok Ads」を全面リニューアルしたと発表しました。精度の高いユーザー属性のターゲティングや、ユーザーの試聴コンテンツに合わせた広告の配信を可能とし、効果的に潜在顧客にリーチできるようになりました。

今後もユーザー数や広告媒体としての拡大が見込まれます。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

クリエイター育成プログラムとは

TikTokは、5億円相当のリソースを投じて、ファッション、コスメ、グルメ、ゲーム、旅行、二次元など20カテゴリーのクリエイターを1,000人公募し、フォロワー1万人以上になるまで支援をするプログラムを発表しました。

プログラムに参加するクリエイターに専属のビデオ製作及び技術的なサポートを提供し、インターネットやテレビなどのメディアへの露出機会を与えます。また、人気クリエイターに対しては、チャレンジ(ハッシュタグを活用して特定のテーマを作って動画投稿を促すサービス)の事前体験や新機能のテスト、ブランドプロモーションに参加する機会の提供なども行います。

2月16日には初となるオフラインイベント「TikTokクリエイターズラボ」を行う予定で、クリエイター同士が繋がる場の提供などもしていく方針です。

参考:
[TikTokが2019年クリエイター育成プログラムの開始を発表|PR TIMES]
(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000030435.html)

TikTokのインフルエンサービジネス

今回のクリエイター育成には、有名なYouTuberを多く抱えるUUUMが連携することが決まっています。プラットフォーマーであるTikTokが、専門的なインフルエンサービジネスを行ってきたUUUMの知見を借り、インフルエンサービジネスを一層進めていきます。

現在のTikTokには、若い世代を中心に自分撮りやダンスなどの動画が多く見られます。これらの動画は、誰でも投稿がしやすい点で、ユーザーが増えるきっかけとなってきました。

一方で、自分撮りやダンスなどの動画は、商品やサービスのプロモーションや購買には結び付きにくいジャンルです。

電通報が発表している調査データを見ると、インフルエンサーの紹介の効果が高いジャンルの上位は、コスメ、ファッション、グルメとなっています。

ByteDance 副社長の西田真樹氏も、「ジャンルはファッション、コスメ、グルメ、旅行、ゲームなど、それぞれの(ジャンルの)バーティカルで強いクリエイターをサポートしたい。」と発言しており、今回のクリエイター支援では、インフルエンサービジネスの効果が高いジャンルのクリエイターを増やしていくことが考えられます。

参考:
インフルエンサーの推奨が効果を持つ商品ジャンルとは?
|電通報

まとめ

今回は急成長するTikTokの、クリエイター育成プログラムの内容とTikTokの今後について考察しました。日本では、まだ10代の若い世代を中心とし、広告プラットホームとしても機能が整ってきたTikTokですが、中国では、すでに20代~30代にかけての利用者が増えており、政府機関やメディア、企業がPR手段として活用を開始しています。

今のうちから日々TikTokの動向をチェックし、時代や流行に合わせたSNS運用を行なっていきましょう。