自分のツイートもリツイート・引用リツイートが可能

以前は自分以外のユーザーのツイートのみリツイート・引用リツイートできる仕様でしたが、2016年6月より、自分のアカウントで呟いたツイートもリツイート、引用リツイートが可能となりました。

参考
Twitter、ついに140文字制限を緩める @ユーザー名、添付、自己RTはカウント除外|

自身のツイートをリツイートできるようになり、企業のSNS運用に良い影響をもたらすでしょう。キャンペーン期間中に連続ツイートをする際も引用リツイートをすれば関連性やストーリー性を持たせることができますし、繰り返し伝えたい内容も引用リツイートを使うといいでしょう。

ぜひ積極的に活用してみてください。

Twitter(ツイッター)の引用リツイートを活用できるシチュエーションは?

この機能を使えば、自社サービスのユーザーとの交流が更に図りやすくなるでしょう。例えば、自社サービスについて肯定的な意見をツイートしているユーザーを見つけた時、引用リツイート機能を利用して「お褒めいただいてありがとうございます」などのコメントを一言付与してリツイートすれば、ツイートしていただいたユーザーに感謝の意を伝えられるうえ、他のフォロワーにも肯定的な意見を伝播させることができます。

SNSの中でも、特にTwitterはコミュニケーションが重視される場です。自社のサービスについて言及したユーザーには積極的に交流し、ファン化を促進しましょう。

この記事を読んだ方におすすめ

各年代のTwitterアカウント所有率は?【Appliv調査】

各年代のTwitterアカウント所有率は?【Appliv調査】

日本で人気の高いSNSといえば、Twitterですが実態はどのようなものになっているのでしょうか。 Applivはアンケート調査サービスを使用し2019年6月5日から6月11日の期間で、10代から60代の男女1,328人を対象に、「Twitter」の利用実態に関するアンケート調査を実施しました。

30代・40代がいま使っているSNSは?知っておきたい調査結果

30代・40代がいま使っているSNSは?知っておきたい調査結果

若者のSNS利用(メッセージアプリや動画サイト含む)が盛り上がっていることは言うまでもありません。一方で、30代・40代のSNS利用実態はどうなのでしょう?ドゥ・ハウスの調査により、30代・40代が利用しているSNSや投稿頻度が判明しましました。