あなたが検索エンジンである疑問について調べたとき、あらゆるWebサイトがあなたの疑問に対する答えを教えてくれるでしょう。

しかし、検索エンジンの上位に出てくる文章がわかりやすい文章だとは限りません。Webサイトの記事は、全てがプロによって書かれているわけではないため、不自然な文章が量産されてしまいがちなのです。適切な文章力で書かれていなければ、内容の理解は困難でしょう。

そこで、Webライティングに必要な文章力についてまとめました。特にWebライターやWebメディア編集者はぜひ覚えておきたい基本の内容となっています。

Webライティングとは

「Webライティング」とは、PCやスマートフォン、iPadといったデバイスを用いて表示され、Webを通してユーザーに読まれることを前提とした文章執筆のことです。

印刷すれば終わりの書籍と違ってデバイスごとに表示画面が異なるため、すべてのデバイスに対応するように調整するほか、長文を読みなれていないユーザーでも読みやすいよう、文章そのものにも工夫を凝らします。

SEOライティングとの違い

同じライティング手法として「SEOライティング」もあります。Web上の文章は検索エンジンが読み込み順位を決めるため、検索上位に表示させることを目的としたライティング手法です。

WebライティングとSEOライティングには「誰をターゲットにするか」という決定的な違いがあります。

SEOライティング:検索エンジン
Webライティング:読者

SEOライティングではできるだけ上位に入りたいため、検索エンジンが好む文章になりがち。しかしそれが読者にとってわかりやすい文章だとは限りません。

一方でWebライティングはユーザーファースト。もちろんSEOも重要ですが、意識しすぎて文章がわかりにくくなるくらいなら、読者を優先してわかりやすい文章に調整します。

いい文章とは?

そもそも、読者にとって“いい文章”とは何でしょうか?

SEOライティングで書かれた文書は確かに検索上位に表示されやすいですが、読者が読んだときに「読みにくい」「言い回しがくどい」とストレスを感じやすいです。内容が充実していても、そのサイトの他のコンテンツを読む気力がなくなります。

逆に言えば 、いい文章とは読んでいてストレスにならない文章のことなのです。

シンプルでわかりやすい

読者がストレスを感じないようにするためには、上手な言い回しや詩人のような表現などは必要ありません。

また、想定読者(ペルソナ)を設定し、意識することも重要です。例えば「初心者に向けた文章の中に専門用語を使う」というのはよくある間違い。ライターにとって当たり前の言葉でも、想定読者にとって難しい言葉・慣れない言葉は極力使わないようにしましょう。

とてもシンプルで端的な文章表現こそが、いちばんわかりやすい、つまり読者が理解しやすい文章です。

基本の雛形「PREP法」

文章を書くことに慣れないうちは雛形を活用するという手もあります。「PREP法」はWebの文章だけでなく、社内プレゼンなどにも適した技法です。

P:要点…最初に内容の重要な部分となる要点(結論や主張)を明確にしておきます。
R:理由…次にその要点に至った理由をわかりやすく書きます。
E:具体例…よりわかりやすくするために、具体例を示すと良いでしょう。
P:要点…最後に理由や具体例をふまえたうえで、もう一度要点を説明してまとめます。

PREP法は内容が頭に入りやすい文章構造。要点を前後の2回に分けることで読者の記憶に残りやすいですし、最初に結論を言うことで読者は「この文章には欲しい情報が書かれてる!」とすぐに気付き、時間のロスも少ないです。

文章の書き方に迷ったらPREP法を活用しましょう。