ビジネスサイトや個人ブログの運営をしていると、検索順位を上げるSEO対策は必須です。その中でも、大きな役割を果たしているのが「h1」タグです。これは、サイトの内容をGoogleやYahoo!、ユーザーに対して正確に伝える役割があります。

10時間の作業を2分に!Keywordmap(キーワードマップ)でSEO流入増の対策をしよう

10時間の作業を2分に!Keywordmap(キーワードマップ)でSEO流入増の対策をしよう

Keywordmapは、自社だけではなく競合サイトの検索順位データや対策KWの抽出などにより、オーガニックの面並びにペイドの面での機会損失を防ぐことが可能です。効果的かつ効率的にコンテンツ制作を行いましょう。

とはいえ「そもそもh1タグってなに?」「どうSEOに関係してくるの?」といった疑問があると思います。そこで今回は、h1タグの使い方h1タグSEO効果について解説していきます。
 
##  h1タグとは?重要性を解説
hタグは全部で6種類あり、数字が小さければ小さいほど重要度が増していきます。
ちなみに、このhタグHTMLタグの一種で、サイトの構造の表記に使われるもの。HTMLはhead要素とbody要素に分かれており、その内のbody要素がブラウザに表示される部分です。body要素とは、ユーザーが目にする見出し・段落・テキストといった要素であり、hタグは「見出し」を表すタグです。

実例としては以下のような表記になります。
image2.png
引用:h要素(見出し要素)の効果的な使い方|ferret
 
h1タグは、サイトの内容を整理して正しく情報を伝えるといった役割があります。つまり、内容を伝えるにあたって重要なタイトルに使用されるのが一般的なのです。
 

h1タグとSEOとの関係と効果は?

上記ではh1タグタイトルに使われる重要なタグ、といった説明をさせていただきました。ここからはもう少し掘り下げて、SEOとの関係と効果を解説していきたいと思います。
 

h1タグとSEOの関係は?

先ほど説明したように、h1タグは、最も重要視される見出しタグです。Googleでも見出しの積極的な使用を推奨しており、SEOにも関係しているとしています。

SEOの前提として、ユーザビリティを意識した内容を評価しています。h1タグの適切な利用によってサイトの情報が整理され、ユーザビリティを意識した内容になるでしょう。つまり、見出しタグを使うことで、検索エンジンユーザーに評価されやすくなるのです。このようなことからも、h1タグSEOの関係は深いと言えます。
 

h1タグのSEO効果

h1タグSEO効果は、直接検索順位に関係するようなものではなく、他のSEO効果の補佐のようなものです。h1タグにキーワードを記載すれば、他のSEO対策であるmeta descriptionや本文などに記述したキーワードをGoogleに伝えてくれます。このように、他のSEO対策の効果を最大限に発揮させるメリットがあります。