メールマーケティングは、手軽にターゲットへのアプローチができる方法の一つです。取得している顧客リストを活かして実践している企業も多いのではないでしょうか。メルマガの配信をこれからはじめようと検討している担当者の話を聞くと、最初の準備がハードルを上げているようです。成果が出るか想定できないメルマガ配信システムのコストや準備に伴う手間に負担を感じる気持ちもわかります。

このような課題を解決できるのが、WordPressプラグインを利用したメールマガジンの配信です。無料のプラグインなら気軽に試すことができるだけではなく、機能としてもシンプルであるため操作を覚える負担も少ないでしょう。今回はメールマガジンを配信できるWordPressプラグインをピックアップしました。

Subscribe2

image5.png

画像引用:
Subscribe2 – Form, Email Subscribers & Newsletters – WordPress プラグイン | WordPress.org 日本語

Subscribe2

Subscribe2は、メールマガジンを配信できるプラグインの中でもシンプルさが魅力です。デフォルトでは英語仕様のプラグインですが、日本語化ファイルが配布されているので、日本語表示で利用できます。メール購読者の登録用フォームを簡単に設置でき、配信先のリストを蓄積することが可能です。メールアドレスを手動でリストに追加できるので、配信先の調整も簡単にできます。コンテンツ作成は極めてシンプルであり、タイトルと本文を記述した上で宛先のリストを選択するだけなので迷うことはないでしょう。ファイルの添付も可能です。誰にでも簡単に使用できるプラグインですので、メルマガ配信の経験がなく、WordPressに詳しくないといった初心者に適しているでしょう。利用体験を公開している人も多いので、試しに使ってみるプラグインとしてはイチオシです。

Email Subscribers & Newsletters

image6.png

画像引用:
Email Subscribers & Newsletters – WordPress プラグイン | WordPress.org 日本語

Email Subscribers & Newsletters

Email Subscribers & Newslettersは、9ヶ国語に対応しているものの、日本語には対応していないプラグインです。WordPressの公式プラグインページでは、10万件以上のインストール数があり、高いレビューを記録しています。購読者の登録フォームは、ホームページの好きなところに設置できるようにショートコードを用意しています。コンテンツの作成にあたっては、シンプルで使いやすいHTMLエディターを搭載しているので、簡単な操作で画像のレイアウトリンクの設定が可能です。数分でビジュアルに長けたメールマガジンを作成できます。

また、便利な機能も用意されており、ユーザーがサインアップした際のメール通知や登録時に自動的にウェルカムメールを送るといったことも可能です。新しい記事を投稿すると、メルマガ登録者に通知することもできます。最初から日本語化できないのは不便なところですが、ユーザーに新着記事の案内を送信する機能が必要だと考えるユーザーには適しているでしょう。