インフルエンサーマーケティングのトータルソリューションを提供する株式会社BitStarは、インフルエンサーマーケティングの分析ツールInfluencer Power Ranking(IPR)にて独自集計したデータ「インフルエンサーパワーランキング2019 by BitStar」を発表した。
今回発表するランキング結果は以下の通りだ。

2019年のチャンネル総再生数ランキング

インフルエンサー2.png出典:株式会社BitStar

1位『東海オンエア』

第1位は『東海オンエア』。愛知県岡崎市を拠点とした6人組グループで、”圧倒的な個性と企画力”で視聴者を魅了するクリエイターチャンネルだ。累計再生数は10億に迫る数値となり、昨年は3位のところ、2019年では再生回数の最も多いチャンネルになった。今年1月10日にはメンバーが出演する映画「明日、キミのいない世界で」も公開され、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍の場を広げている。

2位『タキロン』

第2位は『タキロン』。コマ撮りで色とりどりなおもちゃが動く動画を高頻度で投稿している、キッズ向けを代表する大型チャンネル。昨年は10位内にランクインしなかったものの、2019年累計再生数は1位の東海オンエアと僅差の9億7千万回を超えており、まさに”爆伸び”状態だ。

3位『Fischer’s-フィッシャーズ-』

第3位は『Fischer’s-フィッシャーズ-』。中学時代の同級生によって結成された7人組グループクリエイター。時にはファンを交えて様々なことにチャレンジ、そしてクリアしていくメンバーたちの勇姿にファンは感動させられる。また2019年は、ネット動画のアカデミー賞とも言われる「Streamy Awards 2019」にて、日本人クリエイター初の「ストリーミー賞/アジア太平洋部門」を受賞という快挙も果たした。今後も引き続き、彼らの挑戦に大注目だ。

2019年の動画再生数ランキング

インフルエンサー3.png出典:株式会社BitStar

1位『タキロン』「スパイダーマン アイアンマン キャプテン・アメリカ マーベルアベンジャーズが赤いスポスポブロックボックスに突入」

第1位は『タキロン』の「スパイダーマン アイアンマン キャプテン・アメリカ マーベルアベンジャーズが赤いスポスポブロックボックスに突入」がランクイン。コマ撮りや楽しい効果音、予測不能なキャラクターの動きで、次に何が起こるんだろう?と、子どもたちが思わず見入ってしまう巧みな構成が組み込まれていることがわかる。

2位『Official 髭男 dism』「Pretender」

第2位は『Official 髭男 dism』の「Pretender」。令和初となる「オリコン年間ストリーミングランキング 2019」の「作品別売上数部門」で期間内再生数1位を獲得し、紅白初出場でのパフォーマンスも話題になった。更に、「あさぎーにょ」や「まふまふ」などを含む多くのインフルエンサー、海外のプロアカペラチーム「Pentatonix」によるカバー動画で、まさに”インフルエンス”された動画である。

3位『King Gnu Official YouTube Channel』「白日」

第3位は、『King Gnu Official YouTube Channel』の「白日」。ドラマの書き下ろし主題歌として認知を広げた1曲で、MVの映像美と七色の歌声が大きな話題に。第2位のPretenderと同じくあらゆるインフルエンサーのカバー動画でさらに拡散を遂げ、紅白歌合戦の初出演やメンバーの個性的なキャラクターなども含め、SNSで大きな話題となった。

2019年の新チャンネル登録者数ランキング

インフルエンサー4.png出典:株式会社BitStarI

1位『ARASHI』

第1位は『ARASHI』。2020年を以って活動休止が発表された国民的アイドルグループ「嵐」だが、2019年8月21日に公式YouTubeチャンネルが創設され、なんと翌日には登録者数100万人を超えるという異例のスピードで登録者数を伸ばした。MVの公開だけではなく、メンバーの素顔が見られるラフなシーンを含む動画も投稿され、ファンの間では喜びの嵐が巻き起こっている。いよいよ活動休止まで残り1年を切った本年、さらに大注目だ。

2位『Mrs.GREEN APPLE』

第2位は、『Mrs.GREEN APPLE』がランクイン。結成わずか2年でメジャーデビューした新世代ロックバンドだ。小学6年生の頃から曲作りをしていたというボーカルの大森元貴さんが創り出す独特な世界観に魅了される人も多く、2019年投稿開始のロックバンドとしては最多の登録者数を記録した。

3位『ヒューマンバグ大学』

第3位は、『ヒューマンバグ大学』。なんと、”漫画系コンテンツ”クリエイターがインフルエンサーパワーランキング初のベスト3にランクイン。「人間は追い詰められるとどうなるのか」をテーマに、視聴者の知りたい欲を掻き立てるような多彩なコンテンツが高頻度で投稿されている。興味を引くタイトルや、詳細が気になる2分割サムネイルで再生数も安定!6位にランクインした「テイコウペンギン」など、一度見たら止まらない漫画系クリエイターの活躍が今年も期待できる。

2019年のタイアップ動画再生数ランキング

インフルエンサー5.png出典:株式会社BitStarI

1位『荒野行動』

最もYouTube上で再生されたタイアップ商品は、昨年に引き続き『荒野行動』。2020年は、家族出演動画も人気なエンタメ系「桐崎栄二.きりざきえいじ」、昨年から年間チャンネル総再生数ランキングで上位を飾る「はじめしゃちょー」のサブチャンネル、「はじめしゃちょー2」などを起用し、幅広いゲームYouTuberが定期的にタイアップ動画を配信。累計の再生数は1億1千万回を超えた。本年の施策にも期待だ。

2位『モーリーファンタジー』

第2位は、こちらも昨年に引き続き、株式会社イオンファンタジーの『モーリーファンタジー』がランクイン。「はねまりチャンネル」や「ひまひまチャンネル」といった、小学生世代のインフルエンサーが再生数を牽引した。親和性のあるクリエイターを複数回起用した施策で、不動の人気コンテンツを提供している。

3位『Simeji』

第3位はスマホ着せ替えアプリ『Simeji』がランクイン。2019年チャンネル総再生数ランキング1位の「東海オンエア」を起用した企画では、メンバーの「しばゆー」とのコラボデザインが公開され、使用の度にクリエイター本人のお顔や声が楽しめるシステムが話題を呼んだ。他にも人気クリエイターを多くキャスティングしており、若年層に対して大規模なプロモーションを実施している。

株式会社BitStarでは「Influencer Power Ranking(IPR)」の開発を軸として、YouTubeやInstagramを対象に、インフルエンサーの影響力や投稿に関する実績情報などのビッグデータを収集・解析することで、企業様のマーケティングのサポートを行っている。

プレスリリース:インフルエンサーパワーランキング2019 by BitStar【総括】| 国民的アイドルグループ「ARASHI」のチャンネル登録者数が第1位に!

インフルエンサーマーケティングに関する記事はこちら

BitStarがスタートアップ企業の成長に向け低価格インフルエンサータイアッププランを提供開始

BitStarがスタートアップ企業の成長に向け低価格インフルエンサータイアッププランを提供開始

インフルエンサーマーケティングのトータルソリューションを提供する株式会社BitStar(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡邉拓、以下BitStar)は、ITサービスやD2Cブランドなど新規事業の立ち上げを行う「スタートアップ企業」とYouTubeにて多くのファンを有する「インフルエンサー」のマッチングを低価格で実施するインフルエンサータイアッププランを提供開始したことをお知らせいたします。

話題のインフルエンサー・マーケティング YouTubeの活用方法とは?初心者でも分かる成功の秘訣

話題のインフルエンサー・マーケティング YouTubeの活用方法とは?初心者でも分かる成功の秘訣

その昔、文字は情報を伝える手段であり、瓦版がメディアとしてパワーを持っていました。それが今、情報はインターネットにより発信され、その手段は動画や写真など多岐にわたる時代に進化を遂げました。 特に若年層のメディア接触はインターネットが大半を占めており、これまでのマスを軸としたマーケティング戦略からパラダイムシフトを受け入れざるを得ない状況と言えるでしょう。事実テレビCMの出稿費は下がっており、東京オリンピックを境に全体金額の5割を下回ると噂されています。