Instagramで人気の機能といえば「ストーリーズ」。投稿が24時間で削除されることが最大の特徴であり、気軽に投稿できることが人気の秘訣です。

さらに2017年12月にはハイライト機能をリリースし、重要なストーリーズの投稿をハイライトに追加することで、24時間以上残すことが可能になりました。

Instagramでハイライトの作り方と、実際の企業の活用事例を紹介します。

ストーリーズのハイライトとは?


ストーリーズに新たに追加された「ハイライト」とは、ストーリーズに投稿したものを24時間以上残すための機能です。

a.jpeg

同時に追加された「アーカイブ」機能もストーリーズを24時間以上残せる機能ですが、自分しか見れないアーカイブと比べ、ハイライトは自分のプロフィール画面に表示され、他のユーザーも見れるようになっています。

ユーザーの「投稿を残しておきたい」「他の人にもっと詳しく自分のことを知ってほしい」というニーズを、ハイライト機能が叶えてくれるのです。

ハイライトの作り方・使い方

ストーリーズに投稿すればハイライトに追加されるわけではないため、まずは自分でハイライトを作る必要があります。

ハイライトの作り方や使い方、操作方法について解説します。

新たにハイライトを作る方法

ハイライトを新たに作る方法は2通りあります。

  • ストーリーズ投稿から追加する
  • アーカイブから追加する

順番にやり方を解説します。

14.jpeg

投稿して24時間以内のストーリーズを開き、下の「ハイライト」のボタンをタップします。

20.jpeg

続いて「新規」をタップします。

19.jpeg

ハイライトの名前を設定しましょう。プロフィール画面にはアイコンしか載らないため、わかりやすい名前にするのがおすすめです。設定したら「追加」をタップします。

18.jpeg

これでハイライトの追加完了です。一度プロフィールを確認してみましょう。

17.jpeg

自己紹介欄の下にハイライトのアイコンが追加されていたら完了です。

16.jpeg

24時間経過してストーリーズが消えても、アーカイブには投稿が残っています。自分のプロフィール画面右上の「三」のマークをタップし「アーカイブ」へ進みましょう。

3.jpeg

アーカイブの中からハイライトにしたい投稿を選択します。

14.jpeg

その投稿が大きく表示されるので、右下の「ハイライト」へ進みましょう。

13.jpeg

ハイライトの名前を設定し「追加」をタップしたら完了です。プロフィール画面に移動して、きちんと追加されているか確認しましょう。

ハイライトの編集の仕方

一度作成したハイライトは、名前を変更したりキャッチーなカバーに変えたりすることができます。

12.jpeg

自分のプロフィールから編集したいハイライトをタップしましょう。

11.jpeg

ハイライトが再生されるので、右下の「その他」をタップしましょう。

10.jpeg

続いて「ハイライトを編集」へ進みます。

9.jpeg

こちらがハイライトの編集画面です。名前を変更し、カバー画像を選びましょう。

後から写真・動画を追加する方法

上記の編集画面からハイライトに新たなストーリーズの写真・動画を追加できます。

8.jpeg

「アーカイブ」のタブを選ぶと、アーカイブに保存されているストーリーズ一覧が出てきます。その中からハイライトに追加したい投稿を選び、右上の「完了」をタップするだけで追加可能です。

7.jpeg

またストーリーズからハイライトに追加するとき、追加先のハイライトを選べます。アイコンにチェックマークがついているハイライトは、すでにそのストーリーズを追加済みだという意味です。

ちなみにハイライトへの追加順ではなく、アーカイブに保存された日付順で並ぶため、順番にもこだわりたい人は注意しましょう。必要ならばストーリーズに再投稿し、新規アーカイブとして保存するといいでしょう。

ハイライトを削除する方法

ハイライトから特定のストーリーズを削除するには、まずプロフィール画面から削除したい投稿を含むハイライトをタップして再生します。

6.jpeg

削除したいストーリーズ投稿まで進んだら、右下の「その他」→「ハイライトから削除」の順にタップしましょう。

5.jpeg

最後に確認が出てくるので「削除」のボタンをタップしたら完了です。

ハイライトを一気に削除することはできません。ハイライトそのものを削除したいときには、ハイライトに追加されているストーリーズを1つずつ削除していく必要があります。

最後の1つを削除するとプロフィール画面からアイコンがなくなり、ハイライト自体が消えたことになります。

ハイライトをシェアしよう

ハイライトを作成したらぜひシェアして閲覧者を増やしましょう!

4.jpeg

ハイライトを再生し、右下の「その他」をタップしましょう。赤枠内の3つがハイライトを共有するためのボタンです。

宛先を指定して送信:Instagramのダイレクトメッセージを利用し、個別ユーザーにハイライトを送信します。特定のユーザーに見てほしいときには便利ですが、無差別に送るとスパム扱いされるおそれがあります。

投稿を宣伝広告としてその投稿を宣伝します。Facebookでのログインが必要です。また宣伝できるのは今開いている投稿のみとなり、ハイライトを丸ごと広告にすることはできません。

ハイライトリンクをコピー:ハイライトのリンクをコピーします。TwitterやFacebookなど他のSNSにリンクを貼り付け、Instagramへ誘導するのがおすすめです。

ハイライトをまとめたストーリーを保存する方法

ハイライトを丸ごと動画や写真として自分の端末に保存することはできませんが、個別のストーリーを1つずつ保存することは可能です。

15.jpeg

まずはアーカイブを開き、保存したいストーリーを選びましょう。

11.jpeg

右下の「その他」を開きます。

b.jpeg

続いて「写真を保存」(動画の場合は「動画を保存」)をタップすれば、端末への保存は完了です。

ハイライトを閲覧すると足跡が残るおそれがある

ストーリーズには足跡機能があることをご存知でしょうか?そのストーリーを閲覧したユーザーの名前が残り、ストーリー投稿者は誰が閲覧したのかを確認することが可能です。

これと同様に、他のユーザーのハイライトを閲覧した場合にも自分の足跡が残るおそれがあります。しかし、24時間経過しストーリーズから消えた投稿なら、ハイライトから閲覧しても足跡が残りません。

ユーザーのハイライトを見るときに足跡を残したくない人は注意しましょう。

国内企業の活用例

自己紹介文・アイコン画像・投稿に加え、ハイライトもユーザーに自分や自社をより深く知ってもらうための機能として活用している企業も増えてきました。そこで、企業のハイライト活用事例をご紹介します。

ロフト

この投稿をInstagramで見る

「ラッピングなんてムリ〜😭」の救世主、現る✨ “お気持ちギフト💐”が増えるシーズンの味方は「ロールシール」❣️ ㅤ @midori_designphil からギフトに使えるシールがロールタイプになって登場👏 ㅤ ペタッと貼り付けるだけでプレゼント仕様に。 幅広いオケージョンに対応したメッセージ入りだから、ひとつ持っていると安心🙆 ㅤ ロールシール 各種 380円 (税込418円) ロールシール Lサイズ 各種 480円 (税込528円) ㅤ #ミドリカンパニー #文具のミドリ #ミドリ #ロールシール #メッセージシール #ラッピングシール #シール #シール集め #シール貼り #シール沼 #ラッピング #ラッピング方法 #プチギフト #ギフトラッピング #ラッピングアイディア #ギフト #バレンタイン #文房具 #文具沼 #文房具マニア #文房具好き #loft #ロフト

ロフト(@loft_official)がシェアした投稿 -

ロフトのハイライトでは「文具」「生活」「美容」の3つにカテゴリー分けし、それぞれ動画を使って上手に訴求しています。文具に関しては「@loft_bungu」のアカウントタグ付けし、うまく導線を張ってユーザーを誘導しているのもポイントです。

じゃらん

この投稿をInstagramで見る

【 #エゾモモンガ 】 @kuma_emiさんのコメントを抜粋させていただきました↓ . 「はじめましてエゾモモンガちゃん😍 北海道にのみ生息する野生の子です✿ 夜行性なので日の暮れる直前に様子伺いに顔を魅せてくれたところです⋆⋆ฺ。」 . かわいいお写真ありがとうございました! . . ━━━━━━━━━━━━━━━ 📍 北海道 📷 photo by @kuma_emi ━━━━━━━━━━━━━━━ 📎 【 #じゃらんおすすめ_北海道 】 おでかけの参考に、ピックアップしたお写真をエリア別でまとめました! ━━━━━━━━━━━━━━━ . . #jalan_travel からpick upしました🔍 ステキなお写真ありがとうございました😊 . . ☑ お出かけの際は、詳しい情報をお調べの上お出かけください。 ☑ #jalan_travel をつけて、おでかけの写真を投稿してね♪ このアカウントやじゃらんニュースで紹介します! (撮影日・場所の情報があると嬉しいです) . . . #北海道 #モモンガ #ふわもこ部 #じゃらん #休日 #おでかけ #観光 #観光地 #観光スポット #旅行 #旅行好きな人と繋がりたい #旅行好き #写真好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #Japan #travel #travellers #trip #jalan #japantravelphoto #japantrip #japantravel #jalan_yellow

旅行メディア・じゃらん〈公式〉(@jalan_net)がシェアした投稿 -

じゃらんは定期的にフォトコンテストを開催しており、その様子や結果をストーリーズにタグ付けして投稿するという運用を行なっています。

フォトコンテストの結果をまとめたハイライトを作成することで、ユーザーの写真を記録するような形になり、タグ付けされたユーザーもじゃらん経由でプロフィールでへのアクセスが増えるなどの嬉しい効果があります。

東急ハンズ

この投稿をInstagramで見る

エコで節約にもなるので、最近はマイボトル派の方も増えていますね😊⁠⠀ ⁠⠀ こちらのタンブラーは、フタについているグリップ(取っ手)を指にかけることができるので、持ち歩きにも便利!⁠⠀ 口が広くて飲みやすく、ステンレス真空2重構造なので保冷保温性能も◎⁠⠀ ⁠⠀ カフェでコーヒーをテイクアウトする際に、マイタンブラーとして使えばとってもスマートですね☕⁠⠀ ⁠⠀ ⁠⠀ サーモマグ グリップタンブラー(容量350ml)SLATEGRAY・IVORY 各3,000円+税⁠⠀ ⁠⠀ ⁠⠀ その他、おすすめのマグボトルをヒントマガジンで紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね♪⁠⠀ https://hands.net/hintmagazine/kitchen/2001-bottlemug.html⁠⠀ ⁠⠀ ⁠⠀ #東急ハンズ #ハンズでみっけ #ハンズでゲット#ハンズ #tokyuhands #サーモマグ #グリップタンブラー#マイタンブラー#タンブラー#マイボトル #水筒 #お弁当部 #お弁当男子 #お昼が楽しみになるお弁当 #お弁当日記 #お弁当女子 #弁当生活 #シンプルな暮らし #丁寧な暮らし #持たない暮らし #シンプルライフ #ミニマリスト #シンプルな暮らし #コンビニコーヒー #マイカップ #ギフト #プレゼント #mybottle #mytumbler #thermomug⁠⠀ ⁠⠀ ※一部店舗では取扱いがない場合がございます。⁣

東急ハンズ(@tokyuhandsinc)がシェアした投稿 -

東急ハンズのハイライトにはメディア記事や近日発売の商品・近日開催のイベントなど、特に残しておきたい投稿がまとめられています。

24時間経過後も見れるようにしておくことでユーザーの取りこぼしを減らしているので、マーケティング効果も期待大。過去の投稿を整理することで、いつでもすっきりとして見やすいハイライトに仕上がっています。

ハイライトを企業アカウントでも活用してみよう

ハイライトの存在は知っていたけど、なんとなく使わずにいた。そんな企業も多いかもしれません。

しかしハイライトが登場したおかげでInstagramのプロフィールをカスタマイズできるようになり、オリジナリティのある世界観を作れるようになったのです。

ハイライトを活用すれば24時間で消える投稿をずっと残しておけるので、機会損失を防ぐ効果も期待できます。作り方・編集方法も簡単なので、ぜひあなたのアカウントでも活用してみてください!

Instagram(インスタグラム)についての他の記事を読む

Instagram(インスタグラム)の表示順序はどうやって決まる?フィード上位に表示されるための指標

Instagram(インスタグラム)の表示順序はどうやって決まる?フィード上位に表示されるための指標

Instagramの表示順序は、2016年の前半までは時系列で表示されていました。しかし、現在は独自のアルゴリズムが採用されています。Instagramの表示順序は、どのような指標が重要となるのでしょうか。

Instagram(インスタグラム)マーケティングを成功に導くハッシュタグの選び方

Instagram(インスタグラム)マーケティングを成功に導くハッシュタグの選び方

Instagramは近年急成長しているSNSの1つ。アパレルだけでなく、飲食店や美容院などでもInstagramを使って集客やブランディングを行う企業が増えました。インスタグラムマーケティングでは、より多くのユーザーのリーチを獲得するためにはハッシュタグが重要と言われています。しかし実際のところ、効果的なハッシュタグの選び方を知らない人がほとんどです。そこで今回は、インスタグラムマーケティングを成功させるのに、有効なハッシュタグの選び方を解説します。

Instagram(インスタグラム)の動画投稿の効果と企業の活用事例

Instagram(インスタグラム)の動画投稿の効果と企業の活用事例

若者に人気のSNSといえばInstagram。毎年のように新たな機能が追加されるだけでなく、従来の機能もより使いやすいように改善されています。近年の動画ブームを受けて、Instagramは写真だけでなく動画にも注力するようになりました。以前は15秒までしか投稿できませんでしたが、現在は最長60秒まで時間が伸びたほか、IGTVの登場でもっと長い動画も活用できるようになりました。今回はInstagramで動画を活用するメリットと、企業の動画活用事例を紹介します。