いよいよ2020年の東京オリンピックが近づいてくるなか、5Gやそれに伴うIoT技術もめまぐるしい進歩を続けています。その煽りを受けて近年注目を集めているのが「スマートスタジアム」です。フードデリバリーやデジタルチケット、スマホ観戦など様々なメリットが生まれるスマートスタジアムについて、最新の事例と共に解説していきます。東京オリンピックでどんな技術がお披露目されるのか、いち早くチェックしておきましょう。

スマートスタジアムとは?

5Gを活用した高性能なIoT技術、電子決済などを組み合わせて、これまでにないスポーツ体験を提供するとして注目を集めているのがスマートスタジアムです。2019年に開催されたラグビーワールドカップではすでに5G技術を応用したスマートスタジアムが実現しており、大きな話題を呼びました。

日本で開催された同大会では、舞台となった8会場をドコモがスマートスタジアム化し、手持ちのスマホで客席のどこにいても多視点でライブビューイングが可能になるサービスを提供しました。従来のスタジアムでは客席によって見える範囲や角度が異なっていたため、臨場感はありましたが、選手の細かな表情や試合状況を把握するのが難しいという課題がありました。

ライブビューイングが可能になったことで、観客はスタジアムのどこにいても試合を隅々まで楽しめるようになったのです。また、リアルタイムで解説を楽しむこともできるようになり、知識がない方でも白熱して観戦できるというメリットが生まれています。

こうした国内の事例や海外の事例をもとに、スマートスタジアムの実現によって得られるメリットを見ていきましょう。

スマートスタジアムで実現すること

スマートスタジアムの実現で得られるメリットは以下のとおりです。

  • リアルタイムでライブビューイングが可能になる
  • 解説を聞きながら観戦できるので初心者でも楽しめる
  • 入場チケットをデバイスで表示できるので紛失のリスクがなくなる
  • 混雑の緩和によるスムーズな案内が可能になる
  • フードやドリンクの注文がデバイスから行えるようになる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

リアルタイムでライブビューイングが可能になる

先ほど紹介したとおり、手持ちのスマホでライブビューイングが可能になるのが一つのメリットです。客席の状況によってはフィールドの隅にいる選手の表情や状況が把握しきれないという従来の課題を解決し、どこに座っていても多視点カメラが移す映像にアクセスできるようになったため、臨場感はそのままに、より白熱した試合観戦が可能になりました。

解説を聞きながら観戦できる

競技のルールを知らない方にとって、突然プレーが止まったり、周囲の観客がざわめいたりした瞬間は仲間はずれにされたような感覚がしてしまいます。そのため、テレビで試合が放映されるときには必ず実況や解説が副音声として説明しているのです。

しかし、実際に試合を観戦していると、解説や実況の声はありません。従来のスタジアムは、競技の知識がない方が楽しむには少しハードルが高い状況でした。

スマートスタジアムの実現によって、デバイスから解説や実況の声が聞こえてくることで、知識がない方であっても、目の前の試合がどのような状況なのかすぐに把握することができます。スマートスタジアムは、より多くの方がスポーツ観戦を楽しめるようになる、という大きなメリットを生み出したのです。

入場チケットをデバイスで表示・管理できる

従来のスタジアムでは観戦のチケットを事前に購入しておくか、その場で当日券を購入するかの二択でした。いずれも紙のチケットなので、人混みの中で紛失してしまったり、到着前に紛失してしまったりといったケースも少なくありません。

ところが、スマートスタジアムの実現によって、事前に購入したチケットをデバイスやリストバンドに情報として保管しておけるようになりました。これによって、チケットの紛失を防ぎ、管理の手間も削減できるようになったのです。

混雑の緩和によるスムーズな案内

先ほど紹介したように、チケットがデジタル化したことで入場手続きの手間が大幅に削減され、混雑の緩和につながっています。紙のチケットの場合は映画館の入場時のようにチケットをちぎる必要があったため、スタジアムの前には長蛇の列が出来上がっていました。これを電子チケットとしてデバイスで管理ることで、タッチするだけで入場が可能になり、行列の解消につながると予想されています。

フードやドリンクの注文がデバイスから行えるように

フードやドリンクもスタジアムで試合観戦する楽しみのひとつ。これまでは巡回する売り子さんに直接注文して商品を購入する必要がありましたが、スマートスタジアムの実現によってデバイスで注文して届けてもらうことが可能になりました。

楽しみ方がさらに広がるスマートスタジアム。ここからは、最新の事例とともにスマートスタジアムの実態に迫りましょう。

最新事例

メルセデス・ベンツ・スタジアム

米ジョージア州アトランタにあるメルセデス・ベンツ・スタジアムでは2017年に新設されたスマートスタジアム。その最大の特徴はTwitterやInstagramなどのSNSでの発信がストレスフリーで行えること。

通常のスタジアムでは同時に多くの人が通信機器を利用するため、電波状況が混雑してネットに繋がりにくくなってしまいます。しかし、同スタジアムでは通信設備を整え、快適な通信環境を実現しています。スタジアムの状況を発信しやすくなることで足を運べなかった方も臨場感を持ってサポーターとして応援できるようになります。

参考:メルセデス・ベンツ・スタジアム

リーバイス・スタジアム

カリフォルニア州サンタクララにあるリーバイス・スタジアムでは、先述したリアルタイムの多角度観戦を導入しているだけでなく、モバイル入場券など様々な施策を実現しています。

紹介したほぼすべての機能を搭載しているスタジアムで、専用のアプリは座席にいながら飲食をオーダーしたり、空いているトイレへの誘導までこなしてくれる優れもの。混雑の緩和や観客のスポーツ体験向上に寄与している先行事例です。

リーバイス・スタジアム

スマートスタジアムで東京オリンピックをもっと楽しく

東京オリンピックの競技場として注目を集めていた東京国立競技場も、スマートスタジアムとして活用される可能性が高く、期待が高まっています。2019年12月に竣工を終えた国立競技場がどのように生まれ変わったのか、楽しみにしながらオリンピックのその日を待つことにしましょう。

参考:
スマートスタジアムの効果と最新事例

スマートスタジアムによるITを活用した新たな映像サービス・観戦スタイル

鹿島スタジアム