MA導入時の3つのアドバイス

DSC_4967 (1).jpg
左:中曽根 有樹 氏、右:吉田 将輝 氏

中曽根氏:MAの運用とコンテンツ作成は、両輪と考えて頂いた方がいいと思います。MAを導入したからといって、コンテンツを作成しなくてよくなると言うことではなく、コンテンツ作成をしながら、MAによって自動化できるところはしていく、というイメージを持っていただくと良いかと思います。

また、導入目的を明確にすることも大事です。マーケティングのこの部分をMAで回し、それにより想定される成果は…と具体的な目的を掲げると、社内稟議も通しやすくなり、その後の成果も上長に報告しやすくなると思います。

MAツール選定の際には、サポートが充実しているかも重要です。特にMAを初めて触る方やマーケティングをこれから勉強すると言う方は設定だけではなく、マーケティング施策のアドバイスもしてくれるツールを選んでいただきたいです。

<MA導入のアドバイス>
・MAとコンテンツは両輪
・導入目的を明確に
・サポート体制が充実しているか

フェーズに合った運用方法を

失敗せずMA導入したい方や、現在運用の課題を抱えている方には、今回セッションで伺った経験談は、具体的ですぐにでも取り入れられるアドバイスだったのではないでしょうか。他社事例も上手く活用しながら、改めて導入目的を見直し、それぞれのフェーズに合わせた運用を進めていきたいですね。