マーケティングにおいて、名前の認知というのは非常に重要です。商品開発では、ネーミングにかなりの時間をかけます。製品自体がどれだけよいものでも、名前がしっくりこないとヒットにつながらないことも多々あるからです。実は、今私たちが当たり前のように手にしている商品のなかには、名前を変えてから人気が出たものも存在します。そこで、商品の改名によりヒットした商品と、その理由について考察してみました。

わかりやすいネーミングで親近感を獲得「お〜いお茶」

今では缶やペットボトルの緑茶というのは当たり前の存在です。「お茶は家で飲むもの」という固定概念を覆し、アウトドアで飲むものとして世界で初めて缶飲料の緑茶を発売したのは、伊藤園。1984年のことです。当時の名前は「缶入り煎茶」でした。

しかし、売れ行きはイマイチ。駅弁などと一緒に売るという販売戦略で徐々に取扱店舗は増えていきましたが、消費者からは「読み方がわからない」「まえ茶?」「ぜん茶?」という問い合わせが殺到。

そこで、学生への意識調査を行ったところ、「煎茶」(せんちゃ)という呼び名が浸透していないことが発覚。そこで1989年に「お〜いお茶」に改名。もともと、同社の茶葉製品のテレビCMで使われていたフレーズでしたが、それをそのまま商品名にしました。

参照:お〜いお茶STORY|伊藤園

発売から4年での改名により、売り上げは6倍近い約40億円に急増しました。「お〜いお茶」のほうが、一家団欒や親しみやすさが想起されるとともに、覚えやすいというのもポイントだと思います。「缶入り煎茶買ってきて」というより「お〜いお茶買ってきて」というほうが、言いやすいですしね。わかりやすさ、親しみやすさが成功した例と言えます。

参照:改名で売り上げ40億円の「お~いお茶」売れる前の名前は…|AERA dot.

インパクトのある改名で成功「鼻セレブ」

花粉症の人にとって、春先はティッシュが手放せません。しかし普通のティッシュでは、何度も鼻をかんでいると鼻が痛くなったりガサガサになったりしてしまいます。ある程度の花粉症マスターになると、「やっぱりティッシュはこれよね」と取り出すのが、ネピアの「鼻セレブ」。いわゆる保湿ティッシュです。

今でこそ、「鼻セレブ」はティッシュ界においてその地位を不動のものとしていますが、「ネピア モイスチャーティシュ」として発売された1996年当時はまだ保湿ティッシュというカテゴリー自体が認知されていなかったことに加え、パッケージが地味だったこともあり、なかなか店頭で手に取ってもらえないという状況が続いていました。

使ったことのある人ならばそのよさに気付きますが、まだSNSなどはない時代。口コミだけではなかなか売り上げは伸びません。そこでネーミングやデザインを思い切って変えることに。プロジェクトを発足し、100案以上の商品名案が出されたなかで、「鼻セレブ」という名前が採用されました。その理由は、“鼻”というインパクトのある漢字と、高級感を表す“セレブ”を用いたことが、当時の企画部長に響いたから。確かに、インパクトのある名前ですよね。

同時にパッケージも、うさぎやゴマフアザラシなどを採用。“ふわふわ”“やわらかい”といったイメージとし、2004年にリニューアル。売り上げは10倍以上に跳ね上がりました。

「鼻セレブ」成功の要因は、名前のインパクトと覚えやすさ、そしてパッケージの癒やし度です。保湿ティッシュの包み込むような優しさが、名前にもパッケージにも反映されているのが、一番のポイントだと思います。

参照:鼻セレブやカレーメシも、「改名後」にヒットした商品たち|ダイヤモンド・オンライン