LP(ランディングページ)の効果は十分に出ていますか? LPは購入や問い合わせに直結するページであり、Webマーケティングの肝となる存在です。継続的に売上げが上がるLPを作ることができれば、反響が増えて無駄なテレアポなどの営業をする必要がなくなり、今まで新規営業にかけていたコストをリピーター創出や新規事業立ち上げに回すことができます。

消費者に行動を起こしてもらうLPを作るためには、色選びがとても大切です。今回は色彩心理学に基づいて、人々がすぐに行動を起こしたくなる色の選び方を紹介します。LPの効果を上げる色を知り、売り上げをアップさせるLPを制作しましょう。

メインカラー・サブカラー・コンバージョンカラーの決め方

LP制作では、まずどんな情報をどこに配置するかを決め、その次に配色を決めます。色は全体のイメージを決め、さらには反響も大きく左右する重要な要素です。
色を使いすぎると迷走するので、3色程度に絞りましょう。その際に基準となる「メインカラー」「サブカラー」「CVカラー」の決め方を紹介します。

メインカラー

LPでは色味を統一させることが重要です。色の数が多いとごちゃごちゃした印象になり、読みにくいページになってしまいます。視認性を高めるためにも、なるべく色の数を絞って色味を統一し、すっきりした見た目にしましょう。
メインカラーはブランドを表現する色なので、商品や会社のイメージカラーにするのが一般的です。微妙に濃淡を変えたりせず、ぴったり同じ色にそろえてください。メインカラーが有色部分の7割を占めます。

サブカラー

有色部分の2割を占めるサブカラーは全体にアクセントを添える色で、メインカラーを引き立てながら、LP全体にメリハリをつけます。メインカラーとのバランスを考えながらブランドイメージに近い印象を持つ色を選ぶのが大切です。
たとえば、落ち着いた印象を与えたいならダークカラーを、ポップで明るい印象を与えたいならビビッドなカラーを選ぶといいでしょう。ただし、メインカラーを邪魔しない色にしてください。メインカラーが赤ならピンクや紫にするなど、メインカラーの同系色にするのがおすすめです。

コンバージョンカラー (CTAカラー)

LPのゴールである購入ボタンや問い合わせボタンなど、得たい反応へと誘導するボタン「CTAボタン」などに使用するコンバージョンカラー(CTAカラー)におすすめなのは補色です。補色とは、色相環と呼ばれる色の関係において正反対に位置する色のこと。メインカラーを主軸としたランディングページの中で一番目立つ色になります。有色部分の1割を占めます。
たとえば、メインカラーが青であれば補色はオレンジ、メインカラーが緑であれば補色は赤です。わからなければ、色相環の図を見て選びましょう。一番目を引き注目されやすい補色であれば、パッと見た時にすぐにクリックできて機会損失を防げます。

色彩心理学における各色のイメージ

色にはそれぞれイメージがあります。「色が呼び起こす感情」を踏まえて、適正な配色を心がけましょう。色彩心理学に基づき、それぞれの色が与えるイメージを紹介します。

・生命力、情熱的、勝利、成功、活動的、暴力
赤は神経を興奮させる色で、元気を出す効果もあります。意欲的になったり行動的になったり、闘争心をかき立てたりする一面も。

黄色

明るい、好奇心、軽やか、カジュアル、危険、注意
黄色は明るく快活なイメージを与える色。その一方で注意を促す効果があり、信号などにもよく使用されます。

オレンジ

・開放的、楽しい、食欲、家庭、自由、温厚
オレンジは開放感を与え、高揚感を高める色です。食欲を増進させる色もであり、多くの飲食店でも使用されています。

・魅惑、ミステリアス、芸術、感受性、高級感、上品
紫は神秘的な色で、創造性を高めたり感受性を豊かにしたりする効果があります。高級感もあり、商品価値を高めてくれる色でもあります。

・自然、ナチュラル、穏やか、調和、平和
緑は自然色で気持ちを落ち着かせる効果があり、興奮を抑えたり集中力を高めたりするのに適しています。

・爽やか、涼しい、冬、知性、冷静、安全、誠実、信頼、清潔
青は知的で誠実な印象があり、コーポレートカラーとして人気が高い色です。冷静にさせる力があるため、事故防止の看板や照明に用いられることも多々あります。

・落ち着き、高級感、沈黙、暗闇、恐怖、死、悪

黒は暗闇のイメージがあり、恐怖を感じさせる色です。一方で、落ち着きや高級感も与えることから、シックな空間に好んで使われる傾向も。

グレ―

・控えめ、都会的、洗練、男性的、上品、不安、憂鬱、平凡、あいまい、過去
濃淡の調整によって与える印象が異なり、重々しい印象から軽やかな印象まで与えることができます。

・清潔感、純粋、軽やか、光、清潔、美しさ、神聖、生、天国
まったく色がなく無垢な印象が際立つ白は明るいイメージがあります。その一方で、無機質な印象を与えることもできます。