ランディングページは、1ページのみでサービスの魅力を伝え、何かしらの成約に結びつけなければいけません。
少ない情報でいかにユーザーのニーズを喚起し、行動に起こしてもらうかが重要となりますが、心理学を応用するとユーザーに響きやすいコンテンツを作成できる可能性が高まります。

今回は、ランディングページを作成する時に応用できる心理学をまとめました。
ランディングページを頻繁に作成される方は是非チェックしてみてください。

このニュースに興味のあるあなたにおすすめ

キャッチコピーを作成する時に役立つ心理学用語11選
【永久保存】Webマーケティングに役立つ心理学用語36選
ホームページの売上げがあがる行動心理学まとめ

1.アンカリング効果

人は一番最初に見た数字やデータをよく記憶しており、何かしらの意思決定を行う際、最初に見たデータを重要視する傾向にあります。これを「アンカリング効果」といいます。

アンカリング効果を応用し、ユーザーに対し「この商品はお得だ」「良い買い物ができた」と思わせるようにするための仕掛けを作ることもできます。(「数量限定」「期間限定」というふうにプレミア感をアピールする等)

ランディングページでもファーストビューが重要です。ファーストビューで見られるほんの数秒の間で、自社サービスへの興味を引かなければいけません。
***
(※2020年1月23日時点でページが存在しないため出典元リンクを削除しました)
こちらのランディングページでは、ファーストビューに大きな文字で「20.6Kg痩せました」と記載があります。「20.6Kg痩せられる」という印象が頭に残り、それに引っ張られてユーザーは読み進めやすくなります。

2.ハロー効果

ある1つの目立つ特徴を最初に認識すると、その他の構成要素まで一番目立つ特徴に引っ張られて歪んで認識してしまうことを「ハロー効果(または認知バイアス)」といいます。
例えば異性を見るとき、容姿がさわやかな雰囲気であれば中身までもがさわやかで良い人だと思うのも「ハロー効果」です。

3.単純接触効果(≒ザイオンス効果)

何かしらで接触する機会が増えると、その接触した相手に対して好意を持ちやすくなることを「単純接触効果」といいます。
ランディングページに一度訪問して離脱してしまったユーザーに対し、リターゲティング広告を行うことで接触回数を増やし、サービスを記憶して頂くと同時に好感度も上げることができます。
(しかしあまりしつこく追いかけると逆効果となるので加減には注意しましょう。)

4.バンドワゴン効果

「これが流行っている」と聞くと、人はその流行している物事を好意的に捉える傾向にあります。これを「バンドワゴン効果」といいます。
ランディングページ上で「大流行」「大人気」という言葉を含むキャッチコピーを付けられた商品やサービスは不思議とよいものに見えてしまうアレです。
***
(※2020年1月23日時点でページが存在しないため出典元リンクを削除しました)
こちらのランディングページでも、「美容業界から大注目」「芸能界1,600人大絶賛」など、今人気で流行中の化粧品であることをアピールする文言が散りばめられています。