商品やサービスの新規顧客の獲得に欠かせないマーケティング施策、ランディングページ(LP)。比較的短期間かつ低予算で制作できることもあり、多くの中小企業が実施しています。そして最近では、動画を掲載しているLPも多く見かけるようになりました。

そこで今回は、コンバージョン(CV)率を高めるために、LP動画を活用する際に知っておきたい10個のポイントをご紹介していきます。

これからLPを制作する企業も、既存のLPの効果を改善したいと考えている企業も、チェックリストとしてぜひご活用ください。
  

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

LP動画活用の10のポイント

近年、人々のアテンションスパン(注意力が持続する時間)が短くなっており、米国での調査によると、その時間はわずか8.25秒とも言われています。LP施策においても、このわずかな時間の中で、LP訪問者に商品やサービスのことを一定程度理解してもらうことが必要となっており、その点においても動画は有効だと考えられています。

実際に、“LPに動画を掲載したことでページ滞在時間が伸び、CV率も上がった”という事例がいくつも公開されていることもあり、LPOランディングページ最適化)の一環として動画を活用する企業が増えています。

ただし、ただ闇雲にLPに動画を取り入れるだけでは、せっかく制作した動画もその効果を十分に発揮できません。次に挙げる10個のポイントを押さえて、少しでもLPのコンバージョン率向上につなげていきましょう。

参考:
LPO(えるぴーおー)|ferretマーケティング用語辞典
  

1. 動画はファーストビューに置く

CV獲得に大きく寄与する可能性を持つ動画ですが、LPの下部に掲載されていたら、視聴されにくくなってしまうことは容易に想像できます。

動画プラットフォームを提供する米Wistiaが95,000ものLPを対象に調査したところ、250ピクセルごとに区切った各ゾーンにおける動画の再生率が、ゾーン1とゾーン2では50%を上回りましたが、ゾーン3になると46%まで落ち、ゾーン4以下は30%にも満たない数値となりました。

このデータからも、LP訪問者がスクロールすることなく、すぐに動画を視聴できるよう、ファーストビューに掲載することが重要であることがわかります。

LP_01.png

引用元:http://wistia.com/blog/video-position-and-size

なお、動画をファーストビュー以外に置いてはいけない、という意味ではありません。メインの動画はもっとも目立つ位置に配置すべきですが、例えば、ほかのユーザーのインタビュー動画など、コンバージョンへの最後の後押しに有効なコンテンツは、LPの構成や流れに応じて適切な場所に掲載しましょう。
  

2. 魅力的なサムネイルを用意する

動画の再生ボタンをクリックする前に目にするのが、サムネイル画像です。せっかく優れた動画コンテンツであっても、サムネイル画像が魅力的でなければ再生率の向上は期待できません。ページ訪問者の注意を引き、動画の内容を適切に表現するサムネイルを見極めるためには、A/Bテストも実施すると良いでしょう。

下図は、米SalesforceのLPです。シンプルなページデザインの中で、クオリティの高い実写ベースのサムネイルが目を引き、LP訪問者の期待を上手く高めています。

LP_02.png

引用元:https://www.salesforce.com/form/sem/conf/sales_manage_sales.jsp

3. 存在感がある大きさで動画を配置する

動画プレイヤーの大きさも重要です。特に最近は、PCに限らずスマートフォンやタブレットなど、様々なデバイスからアクセスした場合も想定しながら、視認性を確保することが求められています。

上でご紹介したWistiaの調査では動画プレイヤーのサイズに関しても統計をとっており、横幅が401〜600ピクセルの場合がもっとも動画再生率が高くなるというデータが明らかになっています。単に大きければ大きいほど良いというわけではなく、LP内でのバランス、動画の説明文やCTAボタンの配置なども考慮した中で、しっかりと存在感のある動画のレイアウトが重要です。

LP_03.png

  

4. 動画の自動再生には十分配慮する

冒頭でも述べたように、短いアテンションスパンの中でページ訪問者の関心を引くためには、動画を自動再生設定にし、訪問してすぐに視聴してもらった方がいいようにも思えます。しかし、一般的にLPやサイトに訪れた瞬間に動画が音を出して自動再生することは、ユーザビリティを低下させると言われています。静かなオフィス等で突然、音が流れ出してしまい、慌てた経験がある人も多いのではないでしょうか?また、動画の再生には一定の通信量を要するため、モバイルデバイスからのアクセスも考慮し、自動再生は避けた方が賢明です。

ただし、例外もあります。例えば、LPへの導線として「動画を見る」などをクリックしてもらう場合は、訪問者はそもそも動画視聴を期待しているため、LPに遷移してすぐに動画が再生された方が、再生ボタンをクリックするという余計なプロセスが不要になります。この場合も、「音声が出ます」などの注意書きを添えておいた方が親切です。
  

5. 動画に誘導する

多くのLP訪問者は、ざっと流し読みをし、自分にとって関係があるのか、有用なのかを瞬時に判断します。そのため、動画の存在に気付かない場合も考えられます。

「まずはデモ動画をご覧ください」「1分でわかる○○動画」など、その動画がどのような情報を提供するのか、動画がどれだけ訪問者にとって有用なのかを言葉で示し、動画へと適切に誘導することも忘れないようにしましょう。
  

6. LP訪問者にとって価値ある情報を提供する

CV率を高めるためには、動画が提供する情報がLP訪問者にとって有益でなければなりません。もし、“動画を見て損した”と思われてしまったら、マーケティング施策として失敗です。

そのLPで紹介する商材のみにフォーカスし、セールスポイント、ユーザーにとっての価値などを明確かつ端的に訴求することが重要です。動画は、複雑な情報もわかりやすく伝えやすいという特性があるため、それを最大限に活かし、LP訪問者の心をつかむ動画を用意しましょう。

下の動画(LOCUS制作実績)は、幼稚園や保育園での写真販売の煩雑さを解消するWebサービスを紹介する動画です。商品メリット、ユーザビリティの高さなどがわかりやすく説明されています。

  

7. 尺はコンパクトにまとめる

何度も述べているように、人々のアテンションスパンが短くなっているため、動画自体の尺(長さ)もコンパクトにまとめることが重要です。数分にわたる長尺動画で多くの視聴者が途中離脱してしまうよりも、情報をそぎ落として1〜2分程度にまとめ、視聴完了率を向上させることを目指しましょう。
  

8. 重要なポイントは動画の冒頭から

Wistiaの調査によると、1分以内の動画であれば60%近くの視聴者が最後まで視聴するそうです。逆に捉えれば、4割の人には最後まで視聴してもらえない可能性が高いということです。

そのため、動画では不要なイントロ等は省き、伝えるべき重要なポイントを冒頭から訴求することが重要です。
  

9. CTAを忘れずに設置する

LP内には複数のCVボタンが配置されるケースが多いですが、動画のすぐ近くに置くことも忘れないようにしましょう。訴求力の高い動画でLP訪問者を納得させることができれば、そのままコンバージョンする可能性も高まります。

下にご紹介するマーケティングツール無料トライアルの申し込みLPでは、サービスのメリットや使い方などをわかりやすく説明するアニメーション動画に必要な情報がほぼすべて集約されています。セールスポイントなどはテキストでも補足されていますが、動画のすぐ右にコンバージョンポイント(入力フォーム)が置かれ、動画→CVのプロセスがよりダイレクトな構造になっている事例です。

LP_04.png

引用元:https://buy.act.com/en-US/trial/product/ActPremium/plan/Month

参考:
コンバージョンを生み出すためには欠かせない!最低限おさえておきたいCTAのチェックポイント6選|ferret
  

10. 動画SEOを行う

LPへの導線を増やすという意味では、動画SEOも重要です。例えばYouTube動画を使うのであれば、タイトルや説明、タグなどのメタデータを適切に設定し、動画サイトマップの記載も忘れずに行うことで、GoogleやYouTubeでの検索経由で新しいユーザーとの接触を期待できます。
  

まとめ

LP用の動画の制作にはある程度の費用と時間が必要ですが、LP施策の効果を高める上で有効な手段であることは間違いありません。

そして、より高い効果を目指すためには、単にCV数を見るだけではなく、GoogleアナリティクスやYouTubeアナリティクスなどの分析ツールを用いて詳細な効果検証を行い、動画の内容や配置方法等について最適化することも忘れないようにしましょう。

CV率アップのために、ぜひ積極的にLP動画にチャレンジしてみてください。