中国・Analysys社が2020年4月27日、アフターコロナの中国で消費急増が予測される5大産業を発表した。その5つは、オンライン教育、インターネット医療、ニューリテール、オンライン旅行、交通移動だ。

1.オンライン教育

オンライン教育アプリユーザー数がピークを迎えたのと同時に、競争は激化し、市場集中度(Market Concentration Ratio)が高まっていく。
Slide2-1.png
Slide1.png

この競争において、多くのユーザーが最も有名な教育プラットフォームを選択。いわゆる「マタイ効果」が顕著に現れている。

新型コロナウイルス収束後の成長機会

オンライン教育の強みを活かした教育体験を提供

オンライン教育の柔軟性、リソース配分の効率性、パーソナライズされた教育を強調し、オフライン教育とは異なるユーザー体験を提供する必要がある。

例えば、AIによる最適な学習コンテンツの推薦、スマートインタラクティブ・ティーチング、ナレッジマップ、スマートトレーナーなどの機能を提供することである。また、技術革新によって教育効果を高め、AIによるアダプティブラーニングを実現させる。そして、ユーザーオンライン教育ブランドに対する価値を認め、新型コロナウイルス収束後も利用頻度を増加させることが重要だとした。

2.インターネット医療

新型コロナウイルスの流行によって、インターネット医療の市場規模は2020年に1960億9000万元に達する見込みである。また、年間成長率は前年比63.7%増になると予想され、2014年の59.3%を超え、2013年以来、最高の成長率となる見込みである。
Slide3-1.png

新型コロナウイルス収束後の成長機会

病院との連携

医療機関向けサービスを提供する上で重要な成長要因であり、互いのシナジーにより、新しい、あるいはより高いレベルの共存共栄モデルが生まれるだろう。

スマート医療機器の普及率が上昇

新型コロナウイルス流行時に、スマート医療機器のデータとオンライン診断サービスの実用性が検証されることとなるだろう。また、5Gが普及するにつれて、スマート医療機器が家庭で利用されるようになり、一般ユーザーにとって、大手医療機器メーカーが今後重要なパートナーとなるだろう。

医薬流通業界全体のDXが進む

店舗型薬局とオンライン薬局の統合が進められている。しかし、医薬品ECサイトは、物流の問題により配送が遅れ、ユーザー体験に影響が出ており、店舗型薬局と連携して発展していくことが主流となるだろう。そのため店舗型薬局は、生き残るために革新的なリテール手法を模索する必要がある。

若年層ユーザー向けのサービスを考え、優れた成果を出す

インターネット医療の主要なターゲットは、若年層ユーザーとなるからである。医師は、ストリーミングメディア、ショートムービーなどを通じてオンライン医学教育を実施することで、自身のブランド影響力効果を拡大し、企業のプロモーターとしての役割を果たすことができるだろう。