2020年2月27日にSATORI株式会社が主催した「標 -しるべ-」がオンラインにて開催されました。本講演では、マーケティング担当者の最初のバイブルとも言える『マンガでわかるWebマーケティング~Webマーケッター瞳の挑戦!~』著者の村上佳代氏が考える、いま必要な“マーケティングスキル”について、SATORI株式会社代表取締役の植山浩介氏とともに語られました。ここでは、<超入門!Webマーケッター瞳が語るマーケティングとは>のセッション内容をレポートします。

登壇者

株式会社シナプス フェローマーケティングコンサルタント 村上 佳代 氏
1996年デジタルコンテンツ制作会社起業。2001年以降ネットイヤーグループで、数多くの大手企業の200を超えるプロジェクトを約7年間担当、顧客企業の目標達成に大きく貢献。その後、事業会社でコンサル知見・経験を活かすことを決意。CCC、楽天、化粧品メーカーのマーケティング要職にて戦略立案/予算管理/施策の実行に携わる。2016年再びコンサル側へ戻り現職。著書の「マンガでわかるWebマーケティング~Webマーケッター瞳の挑戦!~」(現在改訂版)は、発行以来のロングセラー、マーケ担当者最初のバイブルに。(経営学修士MBA)

SATORI株式会社 代表取締役 植山 浩介 氏
東京大学情報理工学系研究科修士課程修了後、トライアックス株式会社設立。デジタルマーケティング業界にて23年。エンジニアリング・営業・マーケティング・会社経営に従事。2014年にトライアックスの社内ベンチャーとしてSATORIをスタートし、2015年9月新会社SATORIを設立。SATORIを通して、「現場マーケターの成果」にこだわった事業を行っている。

<アジェンダ>
マーケティングの過去/現在/未来
 ー20年前と何が変わったか?
 ー20年前と現在の違いは?
■どうやって自分を作ってきた?
■これから注目していること
■村上氏にとってマーケティングとは?

マーケティングの過去/現在/未来

20年前と何が変わったか?

●20年前ってどんな時代だった?

村上氏:20年前である2000年頃(1990年代終わり〜2000年前後)は、インターネットを活用した商業化が進み、大企業が当時最新のインターネットを使用し始めた時代。1999年には、NTTドコモ社がモバイルインターネットの先駆けとなった「iモード」のサービス提供を開始し、単に話すためだけの携帯電話だったものが、文字が送れたり、番組が観られたり、コンテンツ購入が可能になり、当時は画期的でした。

インターネットの接続環境も、現在では常時接続が当たり前ですが、当時は、ダイヤルアップ接続から中高速のデータ伝送を可能にするADSLが普及し始めていました。
ブロードバンド元年と呼ばれる2001年には、ヤフー社が街中で無料でルーターを配布する時代でした。最新のものが溢れかえっていた時代と言ってもいいでしょう。

●20年前と現在の違いは?

DSC_7012.jpg

村上氏:当時の「最新」が、現在では「当たり前」。2020年現在も、最新のもので溢れかえっていますが、同様に20年後、下手すれば5年後には陳腐化(コモディティ化)していることを前提にしていく必要があります。

植山氏:今回はマーケティングの歴史を振り返るために20年前の話をしましたが、普段20年も前の話をすることはありません。つまり、当時の知識は全く使えない、昔話だということです。例えば、最近では5G(第5世代移動通信システム)が注目を集めていますが、今後回線が遅いなどの機械の制約がどんどんなくなっていくでしょう。今日ここでマーケティングやデジタルの話をしていても5年後、10年後に同じ話はできないのです。

村上氏:テクノロジーの進化が私達の制約を取り払ってくれているので、仕事を奪われたり取り残されたりしないために、「では、人間は何をしていくべきか?」を突き詰めていかないといけない状況に今後ますます進んでいくでしょう。

植山氏:マーケティングにおいて、よく「このメッセージを送るとCV(コンバージョン)が上がる」「この画像のクリック率が高い」など、過去事例を真似る場面がありますが、真似して結果が出る時代はもう後が無いと考えています。これからの時代は、機械が全て最適化してくれるので、今日我々が話す内容も、テクニック的にはすぐに使えなくなるでしょう。今後は、「いかにオリジナルのコンテンツが作れるか、人間らしいものが作れるか?」が勝負だと思います。