ローカルパック(普段行うGoogle検索結果とは異なり、地域に関するキーワード検索を行った際に地図情報と一緒に検索画面の上部に表示される検索結果のこと。)での高順位を狙う場合、MEO(Map Enginge Optimization)対策(ローカルSEO)が重要です。Googleマップと店舗や施設の情報がパックとなるローカルパックは、通常のGoogle検索の検索結果よりも上位に表示されやすいため、活用したいと考える企業が多いでしょう。MEO対策のために取り組むべきことは様々にありますが、そのうちのひとつがサイテーションです。サイテーションは、近年よく耳にするようになったので、まだ詳しく知らないという方も多いようです。

この記事をご覧いただければ、サイテーションがなぜMEO対策にとって重要なのか、サイテーションを獲得するにはどのようなことを実施しなければいけないのかを把握できます。

サイテーションとは

サイテーションとは、「引用」や「言及」という意味します。わかりやすく言うとネット上で話題になるということです。第三者がSNSやブログなどで会社名やブランドを言及してくれるのがサイテーションです。サイテーションには、被リンクを含む必要はなく、会社名やブランドを言及するだけでかまいません。「この店はスタッフが親切だった!」「とても美味しい店だった」などと、話題にされていることが大切なのです。

なぜMEO対策にサイテーションが重要か?

ローカルパックにおいての順位アップには、知名度が考慮されており、その評価にサイテーションが関係していると考えられます。順位の決定に関しては明らかにされていないので、推測でしかありませんが、実際にローカルパックの上位にある店舗や施設は知名度の高いところが多いでしょう。これはポジティブなサイテーションの効力ではないかと感じるところです。このようなところは、やはりSNSなどで良い評判が言及される機会が多く、サイテーションのMEO対策における重要性を表していると言えるでしょう。

サイテーション獲得の前にやっておくべきこと

サイテーションを増やす前に取り組むべきことがあります。サイテーションが増えてからではなく、必ず事前に行いましょう。

NAPを確認する

サイテーションにおいてとても重要なのは、NAPの正確性です。NAPというのは、Name・Address・Phoneの3つを組み合わせた名称であり、店舗や施設の連絡先情報を意味します。自社が保有するサイトやSNSなどでNAPに誤りがあってはいけません。記載がページによって異なるという事態も起きないようにするべきです。店舗名で、略称のみを表示しているWebサイトと正式名称を載せているWebサイトが存在するなどのバラツキも避けましょう。このようにまずは自社のNAPを整備しておく必要があります。

ネット上にあるサイテーションを確認する

次に自社のサイト以外にあるサイテーションを確認し、NAPが正しいか確認しましょう。自社のホームページなどに記載しているものと同一であれば問題ありませんが、万が一異なるときは、可能な限りサイト管理者に連絡して修正してもらうのがベストです。様々なWebサイトブログ、SNS上に存在しているサイテーションが自社のことであるとGoogleに認識してもらえるようにしましょう。サイテーションの効果を得るためには、こういった地道な取り組みが大切です。

SNSを用意する

自社のSNSを持っていなければ用意しておきましょう。TwitterでもFacebookでも構いません。サイテーションは第三者からの言及ですが、自社で情報配信を積極的に行わなければ、サイテーションを獲得する機会が少なくなってしまいます。できるだけ、サイテーションが生まれる種をつくるように日常的に取り組むべきなのです。そのために、あらゆるメディアを駆使し、機会を最大限に作る準備をしておきましょう。