TikTokをビジネスやマーケティングで活用している企業が増えてきました。しかし今までなかったアプリだけに、どのようなコンテンツが伸びるのかいまいち読めないところがありますよ。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

そこで今回はTikTokに実装された「プロアカウント」機能を設定して、投稿のデータ分析を行う方法を解説します。データ分析からユーザーのニーズを読み取り、コンテンツの質を高めていきましょう!

TikTokの「プロアカウント」とは?

「プロアカウント」とは、TikTokのアナリティクスが利用できるようになるアカウント設定のこと。

2019年8月よりすべてのユーザーに提供開始され、個人・企業問わず誰でも無料で設定できるようになっています。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

TikTokの分析機能が利用可能に

プロアカウントの特徴は、TikTokのデータ分析機能が利用できるようになること。

プロアカウントに設定することでメニューに「インサイト」の項目が追加され、投稿ごとやアカウントのアナリティクスが見られるようになります。Instagramの「ビジネスアカウント」と同じような仕様だとイメージするとわかりやすいでしょう。

データ分析が確認できるのは次の項目です。

動画の分析:動画1つひとつの分析

  • 合計再生時間
  • 合計視聴回数
  • 平均視聴時間
  • トラフィックソースの種類
  • 視聴者の所在地

概要:アカウント全体の進捗を分析

  • 動画の視聴数
  • フォロワー数の増減
  • プロフィールの表示回数

コンテンツ:過去7日間の投稿を分析

  • 過去7日間の投稿数
  • 過去7日間の人気上昇中の動画

フォロワー数:フォロワーに関する分析(フォロワー100人以上から利用可能)

  • フォロワー数の増減
  • フォロワーの男女比
  • 視聴者の国籍

企業向け機能は利用条件になる可能性も

Instagramでは広告配信やブランドコンテンツといった企業向け機能の利用条件として、ビジネスアカウントであることが挙げられています。

TikTokも同様に、プロアカウントが今後提供される企業向け機能の利用条件になる可能性も高いです。

TikTokはEC機能のテストを行っており、今後ビジネス方向への展開も増えていくと予測されます。本格的にビジネス機能が展開されていくことに備え、プロアカウントに設定しておけばスムーズに新機能が利用できるようになるでしょう。

参考:TikTokがEC機能のテストを開始!ソーシャルコマースの活用に期待