大ブームとなったショートムービーアプリ『TikTok』ですが、ユーザー層は10代〜20代前半と若く、より上の年代や企業の参入障壁は高く感じられていました。

Twitter広告ならこの資料をチェック!

Twitter広告ならこの資料をチェック!

広告のプロが解説する『Twitter広告はじめてガイド』をダウンロード

しかし2020年に入り、TikTokの企業活用が以前より活発になり始めています。本記事ではより積極的にTikTokを活用している企業事例と、企業活用が進んだ理由を解説します。

企業のTikTok活用がより活発に

TikTokが中高生に流行りだした頃は、中高生に人気のインフルエンサーを起用したキャンペーンが行われていました。コカ・コーラの「#リボンでありがとうチャレンジ」や、AbemaTVの「#今日好きダンス」などが有名です。

参考:「TikTok」を活用したマーケティングと企業の活用事例

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

業界別導入事例に学ぶ成功のポイントを資料でチェック

2020年になると、これまでのTikTok活用の流れが変化しました。企業が公式アカウントを作ったり、フィルターを作ったりして、企業自身が発信を始めたのです。

なぜ企業自身がTikTokで発信を始めるようになったのか?今回は実際の活用事例を見ながら、その理由を探っていきましょう。