大ブームとなったショートムービーアプリ『TikTok』ですが、ユーザー層は10代〜20代前半と若く、より上の年代や企業の参入障壁は高く感じられていました。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

しかし2020年に入り、TikTokの企業活用が以前より活発になり始めています。本記事ではより積極的にTikTokを活用している企業事例と、企業活用が進んだ理由を解説します。

企業のTikTok活用がより活発に

TikTokが中高生に流行りだした頃は、中高生に人気のインフルエンサーを起用したキャンペーンが行われていました。コカ・コーラの「#リボンでありがとうチャレンジ」や、AbemaTVの「#今日好きダンス」などが有名です。

参考:「TikTok」を活用したマーケティングと企業の活用事例

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

2020年になると、これまでのTikTok活用の流れが変化しました。企業が公式アカウントを作ったり、フィルターを作ったりして、企業自身が発信を始めたのです。

なぜ企業自身がTikTokで発信を始めるようになったのか?今回は実際の活用事例を見ながら、その理由を探っていきましょう。