人気のSNSの中でも特に若者に人気のものがTikTok(ティックトック)です。短い動画コンテンツをメインにしたSNSとなっていることから、TwitterなどのSNSとは一線を画すものとなっています。コンテンツの幅もダンス動画などからお役立ち系まであり、さまざまなクリエイターが活躍しているプラットフォームです。

TikTokはコンテンツを楽しむという点から見ても人気の高いSNSとなっていますが、実際にクリエイターとして参加するという視点に立っても利用しやすいものです。独自のアルゴリズムによって動画が多くの人に見られるので、適したコンテンツさえ打ち出せればバズりやすいこともポイントとなっています。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

そこで今回はTikTokの使い方についてみていきましょう。コンテンツの楽しみ方から投稿の仕方まで、網羅的に紹介するのでぜひ参考にしてみてください。多くの人に見られるためのコツも紹介するので、これを機にTikTokに慣れていきましょう。

TikTok(ティックトック)投稿の流れ

▲TikTokアプリ撮影画面

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

ではまずはTikTokに動画を投稿する流れについて紹介していきます。動画の投稿方法がわかれば、TikTokを最大限に楽しむことが可能に。自分が面白いと思うコンテンツを作成して発信することが、バズるための第一歩になります。

▲TikTok動画投稿画面

動画を投稿するためにはまず動画を撮影しなければなりません。撮影をしたあとは動画を編集し、概要欄やハッシュタグなどを設定していきます。

動画を投稿するという作業自体は簡単に終了します。まずは投稿自体に慣れていきつつ、クオリティを上げていくという流れが自然といえます。