若者を中心に人気のショートムービーアプリ「TikTok」は、2018年7月時点で世界の月間アクティブユーザー数5億人、2019年2月には国内の月間アクティブユーザー数950万人を記録しました。

参考:2019年12月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ|Social Media Lab

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

そんな著しく成長しているTikTokで、新たにEC機能のテストが開始されました。本記事ではEC機能テストの概要と、今後のTikTokのソーシャルコマースの活用について解説します。

TikTokのEC機能とは

TikTokを経由してECサイトなどへ誘導するコンテンツといえば、今までは広告のみでした。そこにテストとして、一部ユーザーに限り新たにEC機能が追加されたのです。このEC機能とは、TikTokに投稿された動画コンテンツからECサイトに直接移動できる機能です。

中国版TikTok「Douyin(抖音)」では、2018年3月より中国のECサイト「タオバオ」との連携がスタート。アパレルを中心としたさまざまなアイテムが出品され、企業の売上アップに貢献しました。

さらに同年6月には100万以上のフォロワーを持つインフルエンサーのプロフィールページにタオバオへのリンクを設定できる「ショッピングカート機能」を追加。そして12月、一般ユーザーにもショッピングカート機能が実装され、徐々にソーシャルコマースを拡大しています。

これらは、すでにInstagramで導入されているショッピング機能「Shop Now」と同様の機能です。TikTokの場合、以下の3つのメニューがプロフィールページや動画コンテンツに表示され、タップすることでECページに移動、そして商品の購入ができます。

  • 商品ウィンドウ
  • ビデオショッピング
  • ライブショッピング

日本のユーザーではまだ未実装ですが、スタートアップ企業Uplab社の創業者であるファビアン・ベルン氏のツイートの動画により、EC機能の概要が紹介されています。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

EC機能のテスト成果

EC機能が追加されると、Alibabaをはじめ多くのユーザーがこのEC機能を活用しています。2018年11月11日の「独身の日」に行われた大型セールでは、1日で10万アイテムが販売され、約3000万ドル(約32億円)を売り上げました。

参考:TikTok's Chinese version opens shopping cart feature

これはあくまでEC機能のテストが実施されている約6万人のユーザーによる成果です。TikTokの世界のユーザー数は約5億人を超えているため、本格的にEC機能が実装されれば、より多くの売上貢献となりそうです。