リクルートサイトと言えば、いくつかある某就職情報サイトを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

ただ、現在自社専用のリクルートサイトを持つ企業が多くなっています。
新卒向け、キャリア採用向けなど募集する職種も立場も様々ですが、どれも自社に興味を持ってもらうため工夫を凝らしていることがうかがえます。

今回は、企業が力を入れているリクルートサイトについてまとめました。
採用担当の方はぜひ、参考にしてみてください。

1.株式会社ディー・エヌ・エー

ディー・エヌ・エー

http://dena.com/jp/recruit/students/

まず目につくのが採用イベントのコンテンツです。
学生に伝えるべき、会社の理念やミッションなど必要最低限の情報がコンパクトにまとまっていて、開催している採用イベントが目立つように配置されています。
それぞれの採用イベントのコンテンツをクリックすると、イベント内容や審査員・メンターの紹介・イベントで得られることは何か・イベントではどのような社員と出会えるのかなどを知る事ができます。

トップページを下にスクロールしていくと、社員紹介や同社発のプロジェクトの紹介がされています。
どのような社員がいて、どのようなプロジェクトを開発してきたのかが分かるので、学生にとっては、入社後にどのような働きができるのかが想像しやすいコンテンツ内容となっています。

2.株式会社サイバーエージェント

サイバーエージェント

https://www.cyberagent.co.jp/recruit/fresh/2016/

始めに社員が働く姿が動画で紹介されています。
この動画だけでも、同社がベテランと若手の垣根を越えて高め合っていく様子が伝わってきます。
下にスクロールしていくと、様々なエントリープランが用意されています。
「超B級アプリ選手権」など、提供されているプランには学生の興味をそそるようなキャッチコピーがつけられており、人気サービスを次々と提供している、同社ならではの魅力が伺えます。

その下には社員インタビューが掲載されており、社員それぞれの考えや想いが綴られています。
他にも、社員の1日の様子を紹介したコンテンツや社内コンテストの様子を紹介したコンテンツが用意されていますので、これだけでも同社の魅力を十分に伝えることができる内容になっています。

3.株式会社電通

電通

http://www.dentsu.co.jp/recruit/2016/

和風なデザインの様々なカードが組み合わされたサイトデザインが目を惹きます。
それぞれのカードにはキャッチコピーがつけられていて、どれか1つカードをクリックすると、そのカードにフォーカスされ、大きく表示されます。
再びクリックすると、その事業に関わった担当者の秘話などが語られています。

国内にとどまらず、世界最大の広告代理店とも言われている同社ならではの魅力だけではなく、同社が手がけるプロジェクトの規模感までも伝わるサイトデザインです。
学生に大きなインパクトを与え、世界で活躍することを夢では終わらせないと思わせる内容なので、グローバル意識の強い学生には特に、刺激を与えるリクルートサイトです。