リクルートサイトと言えば、いくつかある某就職情報サイトを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

ただ、現在自社専用のリクルートサイトを持つ企業が多くなっています。
新卒向け、キャリア採用向けなど募集する職種も立場も様々ですが、どれも自社に興味を持ってもらうため工夫を凝らしていることがうかがえます。

今回は、企業が力を入れているリクルートサイトについてまとめました。
採用担当の方はぜひ、参考にしてみてください。

1.株式会社ディー・エヌ・エー

ディー・エヌ・エー

http://dena.com/jp/recruit/students/

まず目につくのが採用イベントのコンテンツです。
学生に伝えるべき、会社の理念やミッションなど必要最低限の情報がコンパクトにまとまっていて、開催している採用イベントが目立つように配置されています。
それぞれの採用イベントのコンテンツをクリックすると、イベント内容や審査員・メンターの紹介・イベントで得られることは何か・イベントではどのような社員と出会えるのかなどを知る事ができます。

トップページを下にスクロールしていくと、社員紹介や同社発のプロジェクトの紹介がされています。
どのような社員がいて、どのようなプロジェクトを開発してきたのかが分かるので、学生にとっては、入社後にどのような働きができるのかが想像しやすいコンテンツ内容となっています。

2.株式会社サイバーエージェント

サイバーエージェント

https://www.cyberagent.co.jp/recruit/fresh/2016/

始めに社員が働く姿が動画で紹介されています。
この動画だけでも、同社がベテランと若手の垣根を越えて高め合っていく様子が伝わってきます。
下にスクロールしていくと、様々なエントリープランが用意されています。
「超B級アプリ選手権」など、提供されているプランには学生の興味をそそるようなキャッチコピーがつけられており、人気サービスを次々と提供している、同社ならではの魅力が伺えます。

その下には社員インタビューが掲載されており、社員それぞれの考えや想いが綴られています。
他にも、社員の1日の様子を紹介したコンテンツや社内コンテストの様子を紹介したコンテンツが用意されていますので、これだけでも同社の魅力を十分に伝えることができる内容になっています。

3.株式会社電通

電通

http://www.dentsu.co.jp/recruit/2016/

和風なデザインの様々なカードが組み合わされたサイトデザインが目を惹きます。
それぞれのカードにはキャッチコピーがつけられていて、どれか1つカードをクリックすると、そのカードにフォーカスされ、大きく表示されます。
再びクリックすると、その事業に関わった担当者の秘話などが語られています。

国内にとどまらず、世界最大の広告代理店とも言われている同社ならではの魅力だけではなく、同社が手がけるプロジェクトの規模感までも伝わるサイトデザインです。
学生に大きなインパクトを与え、世界で活躍することを夢では終わらせないと思わせる内容なので、グローバル意識の強い学生には特に、刺激を与えるリクルートサイトです。

4.株式会社アサツー ディ・ケイ

アサツー ディ・ケイ

https://www.adk-recruit.jp/2016/

メインコンテンツである「しごとのはなし場」では、広告業界に就職したい学生と同社社員とがカジュアルに交流を持てるイベントの告知がされています。
それぞれのイベントを表すデザインとコピーが非常にキャッチーで、見やすく、興味をそそります。
そのまま下にスクロールしていくと、過去に開催されたイベントのレポートも掲載されているので、参加前にイベントの雰囲気を掴むこともできます。

また、社員訪問や会社説明会のコンテンツも用意されています。
他にも、同社が手がけた広告の事例が紹介されているコンテンツがあります。それぞれの事例をクリックすると大手広告代理店ならではの、有名広告の秘話を知ることができます。
全体的に、広告業界ではどういったことを仕事にしているのか、包み隠さず紹介しているコンテンツが印象的なリクルートサイトです。

5.ヤフー株式会社

ヤフー株式会社

http://hr.yahoo.co.jp/fresh/

ヤフー株式会社のリクルートサイトでは、ファーストビューで社員紹介がされています。
社長インタビューと採用情報以外のコンテンツは、アクセスする度に入れ替わり、何度でもアクセスしたくなるようなプログラムが組まれていることが特徴的です。

社長メッセージや同社の取り組み、制度・環境、などのコンテンツからは、それぞれの詳細が説明されているページに遷移します。
それぞれ非常に細かく記載されていますので、このサイトだけでも会社概要が理解できます。

6.株式会社ドワンゴ

ドワンゴ

http://info.dwango.co.jp/recruit/

会社概要や利用できる制度など一目で分かるように配置されています。
さらに、各項目が詳細に紹介されているので、入社後にどのような働き方ができるのか、学生が想像しやすいコンテンツ内容です。

下にスクロールしていくと、採用全般の情報が出てきます。
例えば、新卒採用のコンテンツでは、社員に1日のスケジュールや社員紹介、同社ならではの受験料制度についてなどが詳しく掲載されています。
同社で働きたいと考えている方全てに、このページを閲覧してもらい、なるべく多くの有志者を採用したいという同社の意向が伺えるリクルートサイトです。

7.クックパッド株式会社

クックパッド

http://recruit.cookpad.com/

オフィスの様子の写真とともに様々なコンテンツが用意されています。
社員のインタビューやインターンシップに関するコンテンツの他、同社が募集している様々な職種の紹介もされています。
また、クックパッドを開発した方のブログを紹介したコンテンツもあり、いまや料理を作る際には欠かせないとまで言われている、クックパッドの開発秘話や開発者の考え方などを知ることができます。

サイトの上部には、会社メッセージや企業紹介、働く環境などのメニューが並んでいて、このサイトを閲覧するだけで、会社の概要を把握することができるようになっています。
全体を通して、新卒だけではなく、サイト訪問者が同社についての理解を深めることができるような内容です。

8.KDDI

http://recruit.kddi.com/

コンテンツの1つに、Facebookページコンテンツに盛り込んで活用しています。
最近ですと、Facebookページを採用活動に利用する企業は多く見られ、採用においてもコミュニケーションツールとして有効な手段になっているようです。
その他、採用のコンセプトやイベント情報、人材育成に関する取り組みなど、学生が知りたい内容が詳しく掲載されています。

また、同社が提供している様々なサービスの一部の誕生秘話や、LINEを利用した社員との交流会などのコンテンツが特集として用意されているので、会社説明会だけでは把握できにくい、社風や社員の様子などを知ることができます。
他にも、業務紹介だけではなく、キャリアパスについてや、同社が提供してきたプロジェクトを簡単に把握できるコンテンツなどが用意されています。

就職を希望する学生が、このリクルートサイトをみて同社の全体像を把握できるようなコンテンツが豊富です。

9.ソフトバンク株式会社

http://recruit.softbank.jp/graduate/

「この星に予想外を。」という同社のキャチコピー表す写真がギャラリー形式で自動再生されているページに遷移します。
下にスクロールしていくと、各コンテンツがパソコンの一面ずつに配置されていて、見やすいサイトデザインになっていることが分かります。

プロジェクトを紹介しているコンテンツでは、世界を舞台に活躍したい学生にも訴求できるように、グローバル戦略に関するコンテンツもあります。クリックすると、2013年9月に開設された、シリコンバレーに位置する同社のオフィスの詳しい情報が掲載されています。

トップページに戻り、下にスクロールしていくと、社員紹介と会社概要や採用に関する詳しい情報が掲載されたページに遷移するためのメニューが並びます。
学生が同社で働くイメージが湧きやすいように、写真を大きく表示して、詳しい情報は別ページで掲載していることが特徴的です。

10.株式会社博報堂

http://h-mp-recruit.jp/2016/

独特な色使いで作成されたトップバナーが目立ちます。
バナーの下には会社概要やコンセプトなどの情報を知ることができるメニューが並びます。
下にスクロールしていくと、社内の各チームの紹介や社員紹介、同社が手がけた広告の情報などが掲載されたコンテンツが並びます。
どのコンテンツも、写真の自動再生で表示されているので、動きのある、目を惹くサイトデザインになっています。

チーム紹介のコンテンツでは、構成メンバーの紹介と、メンバーの座談会形式でのチーム紹介がされています。
社員紹介では、どのような仕事をしているのか、1日のスケジュールについてが掲載されています。

また、DAILY NOTESというコンテンツでは、同社が手がけたプロジェクトや広告の紹介の他、会社内の設備や社内イベントの紹介もされています。
どのコンテンツも、学生の興味を惹き、より多くの学生に入社したいと思われるようなリクルートサイトです。

11.面白法人カヤック

http://www.kayac.com/recruit/fresh

「面白法人」という名の通り、独特な採用方法で有名な会社のリクルートサイトです。
白・黒・グレーを貴重とした、漫画なようなサイトデザインが特徴的です。
サイトの上部には、一見しただけでは何の情報か分からない、「必殺技」や「登場人物」などのメニューが並びます。
カーソルを合わせると、どのような内容が掲載されているのか、プルダウン方式で表示されます。

トップベージをそのまま下にスクロールしていくと、現在募集中の対象者の情報や業務内容、応募要項、採用フローなどがコンパクトにまとめられています。
どのコンテンツも、カーソルを合わせるとメニューが表示されるなど、学生が目をひく工夫が多く見受けられるリクルートサイトです。

12.クルーズ株式会社

http://recruit.crooz.co.jp/find.html

船のデザインでトップページのデザインをされていることが分かります。
会社概要や採用に関しての詳しい情報は、上部のメニューボタンをクリックすると遷移することができます。
リクルートサイト内では、情報が極力コンパクトにまとめられ、社員紹介を中心としたコンテンツが豊富な点が特徴的です。

「自分色採用」という変わった採用イベントで採用活動を行っていることも特徴で、社員がどのような「色」をもっているのかから、自分の「色」を見つけよう、というものです。
変わった採用方法は、学生の間でも話題になりやすく、それだけで就職希望者が増える可能性があります。
採用担当者は、採用イベントのイベント名を変わった名前にするのもいいでしょう。

13.株式会社ドリコム

http://recruit.drecom.co.jp/

「知的ヘンタイが世界を変える」というキャッチコピーで、社員がモデルとなった写真がパソコンの画面一面に表示されます。
そのまま下にスクロールしていくと、別の社員がモデルとなった写真が出てきて、計4枚の写真で学生の興味を惹くサイトデザインです。
また、動きのあるデザインなので、見ているだけでも面白いことも特徴的です。

写真の左側にはメニューボタンがあり、社長メッセージや「知的ヘンタイ」をはどういう意味なのか、募集要項などが詳しく掲載されたページに遷移することができます。
サイトの構成やキャッチコピーなど、何度もページを訪れると理解できるリクルートページなので、同社に入社したいという強い希望を持った学生を中心にエントリーしてほしいという意図が汲み取れます。

14.ソニーミュージックグループ

http://saiyo.sme.co.jp/graduate_16/

まず、動画コンテンツが用意されています。
サイトデザインが和風であることに合わせて、動画も浮世絵のような映像で、同社の歴史を簡単に説明しています。

そのまま下にスクロールすると、エントリーボタンがあり、その下には同社のリクルートサイトに関するお知らせが掲載されています。
また、会社概要や社内のグループの詳細が掲載されたページへ遷移できるメニューがあります。

全体的に必要最低限の情報量で、シンプルにまとめられているので、同社を希望する学生が採用イベントや会社説明会などに積極的に参加したくなる動線となっている印象を受けます。

15.NTT docomo

http://information.nttdocomo-fresh.jp/

全体が自動で上に動くデザインに目を奪われます。
様々なコンテンツが用意されていますが、パソコンの画面一面で完結させるための工夫になっています。

気になったコンテンツをクリックすると、社員紹介とその人がどのような仕事をしているのかが掲載されたページに遷移します。
仕事の内容を社員紹介をかねて紹介しているので、誰がどのような仕事をしているのか、知ることができます。

また、画面右側では、イベント情報や採用関連情報などの詳細が掲載されたページに遷移できるメニューが準備されています。
他にも、2014年夏季のインターンシップのレポートも掲載されているので、今年インターンシップに参加したい学生が、事前に簡単な流れを把握しておくことができます。

全体的に、他では見ないサイトデザインとサイト構成で、学生の興味を惹くリクルートサイトです。

16.株式会社リブセンス

http://recruit.livesense.co.jp/

まず始めに社員がモデルとなった写真が自動再生されます。
社風を写真で知ることができるので、サイトを全て閲覧する前に入社後に働くイメージを持つことができます。

下にスクロールしていくと、同社のカルチャーや制度、オフィス紹介などのコンテンツが用意されています。

コンテンツでは、詳しい情報や、社員インタビューなどが掲載されており、サイト訪問者がどのような会社なのかを把握できるような内容です。
トップページに戻り、その下には、募集中の職種が掲載されています。新卒に関わらず、中途採用や契約社員など、様々な採用コンテンツが用意されています。

全体を通して、採用だけではなく、サイト訪問者に同社について理解してもらい、結果的により多くの志願者を募りたいという意図が伺えます。

17.プラチナゲームズ株式会社

http://www.platinumgames.co.jp/recruit2016/

まず始めにニックネームを入力して、学生、就職活動中の学生、社会人、その他のいずれかから自分のステータスを選択する画面が表示されます。
ニックネームの入力と、ステータスの選択をしてOKボタンを押すと、自分の「プラチナ純度」を計測する16の質問に答える診断画面に遷移します。
診断終了後は、結果に基づき、質問の回答と解説をしてくれる画面に遷移します。
この診断は、同社の理解を深めるためのもので、実際の就職活動には影響しませんが、同社と自分との意識の距離を測定することが可能です。

回答と解説の下には、社員の1日を紹介するメニューが準備されています。
全体を通して、同社で働くために必要な考え方や、働くイメージを持たせるようなサイト構成になっています。

「プラチナ診断」という他の会社のリクルートサイトでは見かけないコンテンツで、他社との差別化を図りつつ、一方的な説明だけでは感じ取れない「同社で働く意識」にフォーカスした内容になっています。

18.株式会社コロプラ

http://colopl.co.jp/recruit/graduate/

同社のキャッチコピーが目立つように表示されています。
キャッチコピーの上部には、2015年に開催される、インターンシップの概要が掲載されているページに遷移するバナーがあります。
このバナーをクリックすると、4つのインターンシップが紹介されていて、それぞれの詳細が分かるページに遷移できます。

どのインターンシップ紹介も、参加することで得られることや、開催概要がシンプルに分かりやすくまとめられています。
また、去年の様子や参加学生の声なども知ることができるので、参加前のイメージを持ちやすくなっています。

トップページに戻り、下にスクロールしていくと、募集要項や社内制度、代表メッセージなどのコンテンツに加え、新卒採用クイズというコンテンツが用意されています。
このクイズに答えて要件を満たすと、社員からの面接の裏話コンテンツを閲覧することができます。
大手ゲーム会社ならではの、面白いコンテンツで学生を惹き付けている点が特徴的です。

19.株式会社ポケラボ

http://recruit.pokelabo.co.jp/

まず下にスクロールするように指示されます。
指示通りにスクロールすると、同社からのメッセージが写真や絵を交えて表示されます。全て表示された後、エントリーはこちらから、というボタンが表示されます。
サイトの上部には、採用メッセージや会社案内、募集中の職種などが分かるメニューボタンが設置されています。
絵や写真、動画などをメインに、直感的にどのような会社なのかを感じ取れるようなサイトデザインです。

学生が気になる、求める人物像のコンテンツを含め、どのコンテンツも非常に詳しく書かれていますので、このサイトを閲覧するだけでも、同社について理解することができます。
よくある質問では、就職を希望するにあたって、多くの人が気になるであろう質問項目と回答が準備されています。
全体を通して、飽きさせないサイトデザインと、働くイメージを持ちやすいコンテンツ内容となっていて、志望する学生の目線で作られたリクルートサイトである印象を受けます。

20.株式会社ベーシック

https://basicinc.jp/internship

弊社のリクルートサイトです。
弊社では、2017年新卒の学生に向けてたサマーインターンの開催を予定しています。
インターンシップを通して、弊社と、弊社が掲げる「問題解決×Webマーケティング」という方針の理解を深めてもらい、その上でしエントリーをしてもらうことが目的です。
ビジネスコースとエンジニアコースのそれぞれで、インターンシップが開催されています。

弊社に入社を希望する学生が、少しでも働くイメージを持てるように工夫したサイト構成にしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。「2015年、新卒リクルーティングサイト20選」をご紹介しました。

誰でも一度は聞いたことがあるような企業をまとめてみましたが、他にもまだまだオリジナリティのあふれるリクルートサイトを用意している企業が存在します。
特に、人事に関わる部署の方であれば他の企業がどういった採用を行っているか、またはどんなリクルートサイトをで募集しているのかといった参考にしてみてはいかがでしょうか。

このニュースを読んだあなたにオススメ

Facebookとは
就活生必見!2015年新卒がこっそり教える使ってよかった便利なサービス19選
【就活生必見】面接を突破するために読んでおくべき記事14選

このニュースに関連するカリキュラム

Facebookとは

Facebookとは

・企業がFacebookを活用する重要性を理解できる。 ・ファンとは何か理解できる。 ・Facebookでできることとを理解できる。 「自社製品やサービスを販売する」「知名度を高めたい」 そのような目的があって、ホームページを運用していると思います。 しかし、ユーザーとの関係性を深めないまま、例えば、ブログをはじめても、なかなかコメントが得られないことも多いものです。