「お中元」は、全国的に7月がトレンドです。小売店などでは、いわゆる「お中元商戦」を迎えている企業も多いことでしょう。しかし近年、この「お中元」に関する消費者の動向は少し様変わりしてきています。

そこで今回の記事では、マーケターや、企業のWeb担当者の方々がギフトのトレンドに関する最新の消費者動向についてキャッチアップできるよう、さまざまなデータをもとに読み解いていきます。

お中元は全国的に7月がトレンドだが、商戦に変化も

7月は全国的に、「お中元」を贈るピークの時期に当たります。全国主要都市の百貨店店頭では、早いところで5月のゴールデンウィーク明けからお中元売り場をオープンしたところも。今年は、新型コロナウイルスの影響もあり、売り場で「3密」を避けられるようにスペースを広く確保したり、商材に関しても「巣ごもり消費」に対応した、賞味期限の長いグルメギフトや、衛生用品なども並んでいたりするようです。

しかし、お中元商戦の変化は、それだけではありません。

半数以上が「お中元を贈らない」

[図1]お中元を贈るかどうか

image6.jpg

画像引用:【リリース】30代以上の主婦の方を対象に、お中元に関する意識調査を実施しました

2019年に「JOYLAB株式会社」が実施したインターネットリサーチ『「お中元」に関する意識調査』によると、54.6%の人が「お中元を贈らない」と回答。今や、お中元を贈る人の割合は「2人に1人」を下回っていることが明らかになりました。

同じく、「儀礼ギフト」とも言える「お歳暮」の風習についても若年層ほど衰退しつつあることを示すデータが存在します。

[図2]歳暮を贈るかどうか(年代別)
image1.png

画像出典:“歳暮”文化の衰退止まらず? 贈ったことが無い20代は81.8%、30代でも57.0%

50代では「歳暮を贈る予定がある」が「ない」を上回っているものの、40代、30代、20代ではいずれも「贈る予定がない」が過半数を占めています。特に30代では72.5%、20代では86%が「贈る予定がない」と回答しており、今や「儀礼ギフト」は年代が低くなればなるほど衰退していっていることがデータから伺えます。

一方、個人でのギフトカードの贈答は上昇

[図3]ギフトカードを贈ることについての意識

image4.png

画像出典:誕生日のお祝いにギフトカード・商品券を|三井住友VISAカード

「お中元」「お歳暮」といったいわゆる「儀礼ギフト」の風習が衰退する一方で、個人間での「ギフトカード」の贈答については増加傾向にあると言われています。

[図3]は、三井住友カードが2018年に実施したインターネットリサーチ「贈り物に関するアンケート」の結果を抜粋したものです。誕生日のお祝いに贈り物をしたことがある全国18~99歳の男女300名に、ギフトカードを贈ることについての意識を問いかけたところ、60%が好意的、あるいは実際に「贈ったことがある」と回答したことが明らかになりました。

「良いと思う」理由としては、以下のように回答者の声が挙げられています。

・実用的で、好きなものを買えるから
 ・ギフトカードで相手の欲しいものを好きなタイミングで購入してほしいから。
 ・現金を渡されるよりも抵抗が少なく、自分の欲しいものを買えるから。
 ・現金だと受け取り辛いかなと思ったので。
引用元:誕生日のお祝いにギフトカード・商品券を|三井住友VISAカード

「ギフトカード」を「現金を贈る代わりに」と位置づけている人もいることが分かりますが、ここで注目すべきは「相手の好きなものを、好きなタイミングで買える実用性」という側面でしょう。

「儀礼ギフト」で感謝のしるしに特定の「モノ」を改まって贈ったら、実は相手の好みの品ではなかった、というケースも多々あり得ます。それよりも、もっと柔軟性を持って、カジュアルに抵抗感なく受け取ってもらえる、という点が「ギフトカード」の利点でしょう。

この「ギフトカード」の個人間贈答は、日本国内で伸長している、というよりは世界的に見てもこれからますます伸長していく、と言われています。

例えば、グローバルギフトカード市場のトップに数えられるものとして「iTunesカード」や「ニンテンドープリペイドカード」「Amazonギフトカード」「Visaギフトカード」などが挙げられます。これらは、日本全国各地のコンビニや、ドラッグストア、ショッピングモール、ディスカウントストアの店頭などでもよく見かけます。また、インターネット経由でも購入することができ、さらには額面に相当する「ギフトコード」をそのままインターネット経由で相手に贈るところまでできます。

今や、ギフトカードもいわゆる「オムニチャネル戦略」でオンライン、オフラインを問わずさまざまな場所から買うことができて、消費者にとって「モノ」よりももっと気軽に贈れるカジュアルギフトとして伸長していっているのだと考えられます。

参考:
ギフトカード市場の上昇傾向、需要、成長するビジネスチャンス2020〜2026|ラベルオンライン

主要メーカー別のビザギフトカード市場、需要および戦略的展望 アマゾン、ベストバイ、カルフール、eBay、iTunes|ラベルオンライン