独自ドメインかサブドメインかは関係なく、ドメイン自体のパワーが重要

ここまでご説明してきたとおり、「独自ドメインだからSEOに強い」「サブドメインだからSEOに強い」という概念は存在しません。
また、ドメイン名自体がSEOに関係するとも言われていましたが、現在は検索順位を決める評価基準としてドメインの内容は関係ありません。
ユーザーにとってのわかりやすさを追求するのであれば、ホームページの内容とリンクするドメイン名の方が良いでしょう。)

ブログもサテライトサイトも、独自ドメインの取得はリスクヘッジとして行うものであってSEO効果を期待するものではありません。SEO効果を期待するのであれば、重視するべきはホームページ自体のGoogleからの評価をいかに上げられるかという点です。

先にも紹介したとおり、Googleドメインの形式には固執していません。

まとめ

数年前まではトップレベルドメインドメインの末尾の部分。「.com」「.jp」「.net」等)によってSEO効果が異なる、日本語ドメインSEOに効果的というような言説が流行していましたが、Google検索エンジンの精度が上がった現在はそのようなテクニック寄りの部分は徐々に重視されなくなってきています。

Googleはそもそも「ユーザーが使いやすい検索エンジン」を目指しているため、ユーザーファーストなホームページかどうかを見極める技術を向上させています。
その方針に則るのであれば、下手にSEOテクニックを使おうとせずに、自社のユーザーにとって有益な情報を発信していきましょう。

テクニックいらず!SEO対策に強いサービス・ツールを今すぐ確認!

このニュースを読んだあなたにおすすめ

基礎知識:SEO(検索エンジン最適化)とは
基礎知識:検索エンジンの裏側を知ろう
内部対策SEO:URLネーミングの決め方

SEOカリキュラム一覧

SEOカリキュラム一覧

SEOの基礎が学べるカリキュラムです。