Google翻訳を使っているけど、時々意味がよく分からない翻訳になってしまった経験はありませんか?実際、筆者もGoogle翻訳でうまく翻訳できないことが多々あり、毎回困っていました。そんな中2017年8月にリリースされた高精度翻訳ツールが「DeepL」です。

しかし「DeepL」というツールは聞いたことがない方や使ったことがない方は多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、高精度な翻訳ツールを探している方へ向け「DeepL」の機能について解説します。デメリットも記載しているので、Google翻訳と比較しながらご一読ください。

DeepLは高精度の翻訳ツール

image1.png

引用:DeepL公式サイト

「DeepL(ディープエル)」はドイツに本社をおく言語AIシステムを開発する企業DeepLが開発した翻訳システムです。社名をそのまま製品名にしています。

高精度な翻訳ツールとして2017年にリリース。その後、BtoB向けの有料版「DeepL Pro」をリリースし、日本では2020年6月より利用できるようになりました。

高度な翻訳を実現しているのは、自社開発のオンライン辞書ソフト「Linguee」が関係しています。Lingueeはフレーズ単位で翻訳文を検索できる独自のアルゴリズムを使用しています。そのアルゴリズムによって、DeepLの特徴である自然で滑らかな翻訳を実現しているのです。

一度に翻訳できる最大の文字数は5,000文字以内になっています。また、画像ファイルの挿入位置やフォントスタイルを変えずに記事や資料をそのまま翻訳可能です。

対応しているファイル形式はマイクロソフトワード(.docx)とパワーポイント(.pptx)になります。ファイルをそのままインポートするだけで、選択した言語に翻訳できます。

このようにまだリリースされて数年しか立っていない「DeepL」ですが、現在非常に注目されているツールです。

では、なぜDeepLが注目されているのか次の項目で解説します。

DeepLが持つ驚くべき翻訳性能とは

DeepLがGoogle翻訳よりも優れているとされる点は主に2つあります。

  • 自然な日本語表現
  • 翻訳スピード

上記2つの性能は、DeepLの特徴ともいえる部分です。
では、どのように優れているのかご説明していきます。

自然な翻訳をしてくれる

まずDeepLの魅力として、意図は変わらずに自然な文章に翻訳できる点です。

Google翻訳を利用したことがある人はわかると思いますが、Google翻訳で訳されたものはどこかかたい文章になりがちです。しかし、DeepLの場合は自然な感じで訳されるため、より砕けた表現で翻訳したい時は非常におすすめになります。

例えば「I hava a dream」と入力した場合、2つの翻訳ツールでは以下のように訳されます。

  • Google翻訳:私には夢があります
  • DeepL:夢がある

どちらも同じ意味ですが、DeepLの方が自然な感じで訳されているのではないでしょうか。

またDeepLの優れている点は、慣用句などを入れた原文も訳せます。たとえば「cut corners(手を抜く)」という慣用句を使用してみましょう。2つのツールに「Do not cut corners」と入力してみると、以下のように訳されました。

  • Google翻訳:角を切らないでください
  • DeepL:手を抜いてはいけない、手を抜いてはならない

上記からわかるように、Google翻訳では慣用句を変換することは難しいです。しかしDeepLであれば日本語の慣用句もしっかりと翻訳してくれます。ただしすべての慣用句が適切に変換されるわけではないので注意してください。

このように、DeepLは非常に滑らかで自然な日本語になるようにさまざまな言葉を翻訳できるでしょう。

翻訳スピードが速い

2つ目のポイントは、翻訳スピードが非常に速い点です。DeepLは左側の原文入力スペースに翻訳して欲しい文章を入力、もしくはファイルのインポートを行います。その際、1000文字程度の文章なら約5秒ほどで翻訳されます。

事実、今回の記事で「自然な翻訳をしてくれる」の部分(約600字)を変換したところ2秒ほどで翻訳できました。テキストに文字を打ち込んでいくスタイルだと、ほぼリアルタイムに翻訳されます。つまり、この翻訳スピードを活かせばオンライン会議などで画面共有をしながらDeepLでの会話が成立するでしょう。

高精度の変換性能があるので、英語やスペイン語などの外国語が話せなくてもスムーズに会話を進められるのではないでしょうか。