YouTubeを利用した動画マーケティングは、商材によってはユーザーへのアプローチがしやすく、競合性が低い場合があるなど、近年注目を集めています。また、新型コロナウィルスの拡大防止に伴う外出自粛により、動画を視聴するライフスタイルは以前に増して定着したように感じるところです。

10時間の作業を2分に!Keywordmap(キーワードマップ)でSEO流入増の対策をしよう

10時間の作業を2分に!Keywordmap(キーワードマップ)でSEO流入増の対策をしよう

Keywordmapは、自社だけではなく競合サイトの検索順位データや対策KWの抽出などにより、オーガニックの面並びにペイドの面での機会損失を防ぐことが可能です。効果的かつ効率的にコンテンツ制作を行いましょう。

動画マーケティングに力を入れる企業が増加するとともに、検索エンジン検索結果と同様に、自社の動画の上位表示のためにSEO対策を考える必要が出てきています。そこで今回は、YouTubeのSEOをテーマにしました。動画マーケティングの効果アップを望む人のために、最近のトレンドなどYouTube動画のSEOについての情報をまとめました。ぜひ、ご参考ください。

YouTubeのSEO対策とは

YouTubeのSEOは、YouTubeでの検索時に自分がアップしている動画が上位に表示されるようにランキングアップ目指す施策です。YouTubeは世界中の人々に愛用されている動画プラットフォームであり、月間アクティブユーザーは20億人もいます。莫大な視聴者とともに、毎分500時間のビデオがアップロードされており、自社と競合する動画がどんどん増えていってもおかしくない環境にあるのです。企業が使用する動画は、動画の品質を重視しブランドイメージを損なわないように配慮するため、制作にもコストと時間がかかっています。SEO対策を施し、上位に表示させないと、せっかくの動画がユーザーに見られる機会が少なくなり、注力する必要があります。

参考:2020年グローバル最新版! 「YouTubeをめぐる23の統計データ」|INFO CUBIC

基礎知識

単に動画をアップしても大量に存在する動画の中で自社の動画の検索順位が上昇するわけではありません。YouTubeもまた独自のアルゴリズムにより投稿動画が評価されて表示順が決まるのです。そのためには、YouTubeのSEO対策に必要な基礎知識を身につけておかなければいけません。

動画のアップがGoogleの動画検索からも集客機会を得る

一方で、YouTubeにアップした動画は、YouTubeの中だけで効果を生むわけではありません。Google検索でも上位に動画が表示されれば、ユーザーへのアプローチとしてメリットになります。動画検索で上位を狙えれば、ユーザーとの接点を作ることにつながるのです。YouTube動画のSEO対策により集客機会を増やせる可能性が高くなると考えます。プラットフォーム外での利点として覚えておきましょう。