Yahoo!キーワードアドバイスツールを効果的に利用できているでしょうか。

Yahoo!キーワードアドバイスツールの使い方は、各キーワードの出稿料金や推定平均CPCの調査、広告予算の算出など多岐にわたって活用できます。
その他、キーワードの競合性や検索ボリュームの調査が行え、広告戦略だけでなくSEOコンテンツマーケティングにも応用可能です。

なぜなら、コンテンツを作成していく上で重要になっていくのが検索キーワードの選定でもありますので、対策キーワードと作成するページの内容を決めておく必要があるからです。
Yahoo!キーワードアドバイスツールを使うことで、あらかじめキーワードを選定し、そのキーワードの検索ボリュームや競合性を知ることで対策キーワードが有効なのか事前に予測を立てることができます。

今回は、Yahoo!キーワードアドバイスツールの基本的な使い方をまとめました。

「Yahoo!キーワードアドバイスツール」の基本操作

STEP1 Yahoo!プロモーション広告にログイン

Yahoo!キーワードアドバイスツールは、Yahoo!プロモーション広告より使用できます。

まずはログインしましょう。

参考リンクYahoo!プロモーション広告

STEP2 キーワードアドバイスツールを起動

Yahoo!プロモーション広告にログインすると、上部にメニューが表示されています。

スポンサードサーチ」の「ツール」の右にある矢印をクリックするとメニュー一覧が表示され、その中に「キーワードアドバイスツール」が一番上にありますので、そちらをクリックします。

Yahoo!プロモーション広告 ダッシュボード

STEP3 キーワードを調べる

キーワードまたはフレーズ」の入力欄に調べたいキーワードを入力します。
最大50ワードまで調べることが可能です。1ワード1行というように改行して入力しましょう。

「希望入札価格」の欄に希望金額を入力します。
他にも設定できる項目はありますが、ひとまずはデフォルト設定で問題ありません。

キーワードアドバイスツール設定

設定が完了したら「キーワードを抽出」ボタンをクリックします。
すると、キーワードの月間検索数や推定クリック数、推定コストなど一覧表示されます。

STEP4 キーワードの数字を確認

キーワードアドバイスツールは、目的によって数字の見方が違います。

広告を出稿する場合、「推定平均CPC」と「推定コスト(日)」を確認していきます。
この2項目を確認することで広告の予算がある程度推測することができるようになります。

広告予算の確認

コンテンツ作成に活用する場合は、「競合性」と「月間検索数」を確認するといいでしょう。
「競合性」が高いほど、人気キーワードということになり、競合となる広告の出稿主が多いということになります。
「月間検索数」は月に何人の方がそのキーワードを検索しているかを知れます。

競合性が低く、月間検索数のあるキーワードを見つけるのが大切です。

キーワードの確認

キーワード選定においては、需要を数値で図りつつ、ユーザーが求めている内容に仕上げていくことが重要です。
最低このレベルまでは使えるようしましょう。

リスティング広告で利用する際の使い方

キーワードアドバイスツールの各種設定を使いこなすことで、精度の高い情報が得られます。
特にリスティング広告では、大変重宝できますので活用することをオススメします。

以下では、リスティング広告で活用する際の使い方について解説しています。

1.希望入札価格

希望入札価格は、1クリックあたりに支払う金額です。
広告を出稿場合、出来る限り低くは設定したいところですが、あまりに低くし過ぎると競合他社との入札に負けてしまい表示されない場合もあります。

適正な金額を見極める必要があります。

未入力の場合は、インプレッション数(表示回数)が最大になるような金額を自動設定して数字を出してくれます。

2.スマートフォン入札価格調整率

スマートフォンの場合、入札価格を調整することができます。
キーワードによっては、スマートフォンユーザーの方が多いこともあれば、パソコンからの閲覧の方が多い場合もあります。

多い方を上げてみるという運用方法も可能です。

3.マッチタイプ/キーワードを拡張

入力したキーワードに関して、「部分一致」か「完全一致」を選ぶことができます。
部分一致にすることで、入力されているキーワードから近いキーワード検索結果に反映されます。

キーワードを拡張」は入力されているキーワードから関連性のある語句も同時に表示してくれます。
キーワード決め打ちで調べたい場合は、こちらを外すといいでしょう。

マッチタイプは、キーワードを拡張にチェックが入っていることで表示結果が変化します。

4.抽出結果に含めたくない語句

キーワードを拡張」にチェックが入っている状態では、関連性のあるキーワードが抽出されます。
明らかに不要なものも出てきてしまうため「抽出結果に含めたくない語句」を設定することで、結果からそのキーワードを弾くことができます。

合わせて活用することで、より整理されたキーワードの抽出結果を得ることができます。

Yahoo!キーワードアドバイスツールの便利機能

検索するキーワードによっては、ユーザーの関心が月ごとによって変動します。
また、男女や年齢、地域、曜日によっても差が出ます。

これらの情報をしっかり把握することで、施策が工夫できます。

広告を出稿する場合でもコンテンツ作成のためのキーワード選定、どちらも有効です。

1.検索ボリュームの推移

検索ボリュームの推移を知ることで、ユーザーがどの時期、どの時間にキーワードを検索するのかがわかります。

検索ボリュームの推移

こちらのグラフは、検索ワード「蟹」で調べています。

蟹は年末になると検索順位が急上昇し、夏の時期は少ないのがわかります。
また、時間帯も昼間から夕方にかけて調べている人が多いということも把握できます。

コンテンツ作成の時期やアップロードの時間帯など逆算して推測することができます。
キーワードが旬であるものは広告費が高い傾向にありますし、コンテンツを作成していく場合は上昇していく前に構築していくといいでしょう。

2.属性別検索割合

アクセスしている方の属性(性別や年代、地域など)を知ることで、そのキーワードがどの属性に興味あるのかを知ることができます。

属性別検索割合

これらの情報も広告戦略には必要ですし、コンテンツ制作においても重要な情報です。
世代や性別に好まれる様な内容にすると、コンバージョンにも影響してきます。

地域や曜日においても、広告出稿していく上で重要なポイントとなるでしょう。

まとめ

Yahoo!キーワードアドバイスツールは、基本的な使い方をご紹介しました。
単純に広告を出稿していくためのツールだけでなく、どんなコンテンツを作成していくかも事前に予測を立てておくことが可能です。
ホームページの運用において大事なことは、数字をしっかり取り戦略立てて行うことです。

Yahoo!キーワードアドバイスツールもその情報の一つとしてうまく活用できるので、まずは基礎的なことから理解しましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

リスティング広告(検索連動型広告)とは
Google AdWordsのコンバージョンの設定方法

リスティング広告のカリキュラム

リスティング広告のカリキュラム

YahooやGoogleの検索結果に広告を出そう