人気の衰えることを知らないブログソフトウェアのWordPress
無料で使えるテンプレートは世界規模で今も多く発表され続けています。

今回は、最近公開されたものと最近アップデートしたもの両方をご紹介します。
新しいホームページを制作する際やリニューアルする際の参考になれば幸いです。

無料かつハイクオリティーなWordPress無料テンプレートまとめ

1.HIPWORDS

HIPWORDS
出典:WORDPRESS.ORG

2015年8月現在、最終更新日が2015年6月4日で改善され続けている無料テンプレート。
シンプルな作りで、過去の記事やコメントなどサイドバーに表示可能です。

ブログに特化したテンプレートで、整理整頓されています。
また、離脱率の関係で表示速度を気にする方にオススメです。

2.Fashionistas

Fashionistas
出典:WORDPRESS.ORG

2015年8月現在、最終更新日が2015年5月18日と、最近更新された無料テンプレート。
Bootstrap上に構築されており、マガジンスタイルのウェブメディアの構築が可能です。
ファッション系のサイトのようにシンプルで読みやすいような感じのデザインになっています。

ソーシャルメディアとの連携も簡単で、情報が展開されやすい作りとなっています。

3.Simplicity

Simplicity
出典:Simplicity

2014年7月8日に公開されてから、今での更新され続けている無料テンプレート。
最終更新日は2015年6月12日です。

「Simplicity」は、大きく分けると7つの特徴があり、一番大事にしているのはシンプルにしていることです。
利用しているユーザーが後からカスタマイズしやすいように土台となるようにと願いを込められた形になっています。

SEOの設計や拡散されやすい設計がなされているため、情報を発信していくという重要な要素が盛り込まれています。

4.ProfitMag

ProfitMag
出典:WORDPRESS.ORG

写真をテーマにしている無料テンプレート。
画像の見栄えが良くなるようなデザインで、情報もスッキリ整理されています。

最終更新日は2015年7月15日です。
更新され続けているファイルは、使用を検討する上で安心できる要素です。

5.ParaBlogger

ParaBlogger
出典:WORDPRESS.ORG

ヘッダーがしっかりしており、訪問者の心をキャッチできるデザインのテンプレート。
最終更新日は2015年8月1日です。

毎日書きやすいような作りになっていて、カテゴリやタグ、執筆者のアーカイブ機能がサポートされています。
シンプルな作りですが、毎日更新したくなるような設計が良いです。

6.E-Commerce

E-Commerce
出典:WORDPRESS.ORG

ショッピングサイトに特化した無料テンプレート。
最終更新日は2015年8月13日です。

プラグイン「WooCommerce」上で動作するように設計された、モバイル対応済のECサイト用テンプレートです。
モダンでシンプルなデザインを採用しており、訪問者が見やすいようなページが可能です。

7.Queue

Queue
出典:WORDPRESS.ORG

WordPressデザインテーマ「Queue」は、写真と文字のバランスが非常に良く、記事を読みなくなるような作りになっています。
公開日も2015年8月13日と最新のテンプレートです。

写真を大中小とバランス良く配置されているヘッダーが魅力的です。

8.Photoline Lite

Photoline Lite
出典:WORDPRESS.ORG

フォトグラファー用のギャラリーをテーマにした無料テンプレート。
最終更新日は2015年8月9日です。

有料のテンプレートは、39.00$です。
無料版の場合、機能やサポートが制限されています。

9.Gazette

Gazette
出典:WORDPRESS.ORG

スッキリしつつ、フレキシブルなデザインテンプレート。
マガジンスタイルのサイトを作る際にとても重宝し、記事や写真が上手く強調されバランスが上手くとれています。

10.Fulgent

Fulgent
出典:WORDPRESS.ORG

1カラム表示のデザインテンプレート。
名前の通り「燦爛(さんらん)たる」をイメージしたテーマで、ダークな色を使用しつつも美しく輝くデザインです。

軽量かつ柔軟な作成がされていて、すべてもデバイスに対応しているテンプレートです。
必要最低限の作りをしております。

まとめ

WordPressのテンプレートを選ぶ際の重要な要素の一つに、更新されて続けていることが挙げられます。
なぜなら、WordPress自体が頻繁に更新されていることもあり、セキュリティや信頼の面を踏まえると、更新されているテンプレートのほうが将来的な利用価値が高いと言えるからです。

今回は、最近アップデートされた無料テンプレートもしくは、最近公開されたテンプレートをご紹介しました。
無料でも十分といえるくらい使えますので、気に入ったものを取り入れてみてください。

また、使用する際は念のためライセンス確認のうえ、使用しましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

【厳選】モバイルフレンドリーに対応した無料Wordpressテンプレート10選
使いやすさ重視の個人ブログに最適なWordpressテンプレート10選
Tumblrでオススメしたいデザイン性の高いテンプレート50まとめ

このニュースに関連するカリキュラム

LPOに関するカリキュラム

LPOに関するカリキュラム

LPOに関して、カリキュラム形式で学びましょう