この記事は2015年8月31日に書かれた記事を再編集したものです。

meta descriptionは、内部対策SEOで最も基本的な要因の1つです。
しかし、Google検索結果をチェックしてみると、最適化しているとは言い難いスニペットをたくさん見かけます。

SEO関連の記事では必ず触れられる項目にも関わらず設定していないウェブサイトが多いのは、meta descriptionのSEO効果をきちんと理解していないウェブ担当者が多いのかもしれません。
meta descriptionを最適化することはユーザーのクリック率に大きな影響を与え、トラフィックの増加を期待することができます。

今回は、meta descriptionの役割、設定方法、クリック率を高めるテクニックを解説します。いまさらと思わずに再確認してみてください。

※一部、内容を修正しました。ご指摘ありがとうございます。

meta descriptionの役割

meta description (メタディスクリプション)は、検索結果に表示される「スニペット」と呼ばれるウェブページの概要を説明した文章に表示させることができます。

Google

ユーザーGoogleにウェブページの内容を伝えることができるmeta descriptionは、Googleのランキング要因ではありません。
しかし、ユーザーがウェブページをクリックするかどうかのクリック率に強く影響しています。

それを顕著に示しているのが、データ分析企業のDynamical.bizが行ったアイトラッキングデータです。このデータによると、タイトルよりもスニペットの方が、「fixations」の数値が高いことを示しています。

date
画像引用:http://dynamical.biz/blog/web-analytics/serps-user-behaviour-eye-tracking-study-32.html

「fixations」は”固定”という意味ですが、ユーザーの視線がタイトルよりもスニペットをじっと見ており、より長い時間(time)を費やしていることを意味しています。
つまり、この結果だけで考えれば、ユーザー検索結果のウェブページをクリックするかどうかの判断基準として、Titleタグよりもmeta descriptionで表示させるスニペットを重要視しているといえるのです。

もちろんクリック率が高まれば、自然とウェブサイトへのトラフィックが増加します。たとえそれが数%の違いであっても、長い目でみれば大きな違いとなります。
meta descriptionを最適化していないウェブ担当者はこの点を軽視しているようです。

なお、スニペットに表示される内容はmeta descriptionが優先されますが、全てをコントロールできるわけではありません。
検索キーワードによってはGoogleが適切だと考えるコンテンツの一部分をスニペットに表示しますので、同一ページであっても全て同じスニペットが表示されるわけではありません。