WordPress(ワードプレス)は世界中で活用されているCMSです。SEO対策が済んでいるテーマの使用や、プラグインを導入により、手間のかかるSEO設定を簡単に行えます。しかし、WordPressをこれから利用する人やプラグインをあまり使っていなかった人は、どのようなSEOプラグインが使えるのかご存知ないかもしれません。そこで今回はプラグインを使ったWordPressSEOにスポットをあてました。

この記事をご覧いただければ、プラグインを利用することのメリットや注意点、そして、どのようなSEO設定にプラグインが使えるのか解説します。ぜひ、ご参考ください。

WordPress(ワードプレス)でプラグインを使うメリットとデメリット

まず、WordPressSEOプラグインを利用するメリットとデメリットについてご説明します。メリットが多いことはご存知の方が多いと思いますが、デメリットも一緒に把握しておくべきでしょう。

メリット

プラグインを使用すれば、作業工数を削減できます。プラグインはインストールをして有効化し、設定を行えばすぐに使えます。専門的な知識を必要としないため、誰にでも導入できるのが魅力です。本来、SEO対策を十分に行なったWebサイトを作るには、それなりの時間とコストがかかります。そして、SEOはすぐに効果が得られるものではなく、品質の高いコンテンツの運用が大切です。そのためにも、プラグインによりSEOの設定を素早く実施でき、コンテンツづくりに注力できることは最大のメリットとも言えるでしょう。

デメリット

プラグインは便利であり多数導入したくなりますが、プラグイン同士の相性が悪いと、不具合が発生してしまう場合があります。具体的には、Webサイトが正しく表示されなくなってしまうといったサイト運営に大きく影響する現象が発生してしまう可能性がありますので注意が必要です。また、プラグインの脆弱性をつくケースもあります。プラグインの選定においては、様々な情報を集めて安全性に気をつけながら導入するべきでしょう。プラグインを利用開始するときは、バックアップはもちろん、検証してから導入するなど、慎重に作業するように心がけなければいけないのです。

参考:実際に発表されたWordPressの脆弱性まとめ|CyberSecurityTIMES

どのようなSEOにプラグインを活用できるか

WordPressSEO向けプラグインでは、どのような対策が可能なのでしょうか。プラグインで実施できるSEO対策についてご紹介します。

XMLサイトマップを作成する

作成したコンテンツは、SEOのためにも早期にGoogleに認識してもらうべきです。そのためにはXMLサイトマップを作成し、アップロードする必要があります。しかし、自分でサイトマップを作成するのは手間のかかる作業です。「Google XML Sitemaps」などのサイトマップ作成用のプラグインを使えば、サイトマップを自動的に作成してくれるだけではなく、Googleへの通知も行ってくれます。サイトマップの作成自体は難しい作業ではありませんが、Googleへの通知忘れも防止できるので安心です。

表示速度を改善する

Webサイトの表示速度はSEOに影響する大切な要素です。Googleページの読み込み速度がモバイル検索のランキングに影響することを発表しています。もちろん表示速度がすべてではありませんが、できるだけ早くしておくに越したことはないでしょう。

例えば、「WP Super Cache」というキャッシュプラグインなら、ページを表示する際に動的ではなく、静的なHTMLファイルを生成することで、ページ表示に必要な処理を削減し速度改善ができます。他にもキャッシュ処理のプラグインはありますし、キャッシュ以外の方法を使う速度改善プラグインもあります。画像のサイズを圧縮できる「EWWW Image Optimizer」もこれに該当するでしょう。

リンク切れをチェックする

リンク切れが発生してしまうと、ユーザビリティが低下してしまい、ユーザーWebサイトから離脱してしまう恐れがあります。また、Googleクローラーリンクを辿ってデータを集める際に、切れているリンクにおいては巡回ができなくなってしまう恐れがあるのです。クローラビリティが低下してしまわないように、リンク切れの発生には早めに対処するべきでしょう。WordPressなら、「Broken Link Checker」などのリンク切れの発見が可能なプラグインがあり、問題が発生すると通知してくれます。

noindexを設定する

品質の高いページだけを検索エンジンインデックスするようにし、品質が低いと評価されてしまうページインデックスされないようにするのもSEOの手法の一つです。このような場合には、ソースコードにnoindexを設定する必要があります。WordPressの場合、プラグインを使えばnoindexをソースコードに記述することなく、設定画面で実行可能です。「WP Custom Noindex Nofollow」といったプラグインであれば、noindexだけではなく、nofollowの設定もできます。nofollowは、リンクページの信頼性が定かではないときに、そのページへの発リンクGoogleに認識させず、評価が悪くなるのを防ぐために使えます。